最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
マイクロソフト、Kinectの個人における二次利用は問題視しないと判断(修正あり)

マイクロソフト、Kinectの個人における二次利用は問題視しないと判断(修正あり)

2010年11月30日(火) 11時00分
  • Kinectが届いた!の画像
    Kinectが届いた!

マイクロソフトはKinectの二次利用を全面禁止する訳ではないようです。

コントローラーなしでのゲームを可能とする、Xbox360用の周辺機器Kinect。
発売直後から解析が行われ、Windows PCと接続して様々な利用法が模索されています。中にはロボットに搭載して人間の動きを読み取るというものもあり、その可能性が注目されています。

Kinectの開発を担当したAlex Kipman氏は、これをハッキングにはあたらないとする見解を明らかにしています。

現在有志が公開しているPC上でKinectを動作させるドライバは、全て制作者が自分で開発したもの。マイクロソフトの著作権を侵害しているものではなく、そのためマイクロソフトが対抗すべき「ハッキング」ではない・・・というのが氏の見解。USBの接続部分が暗号化されていない仕様は意図的なものであると語っています。

常識的に考えれば「個人の趣味の範囲に限るなら問題はない」という判断であり、無制限の容認ではないでしょう。他の機器で使用する場合は別途ライセンスなどが必要となるはずですし、Kinect自体を改造するのであればメーカー保証が受けられなくなります。

Wiiリモコンも解析が行われ、バーチャルリアリティからリハビリまで様々な分野に応用されましたが、今回マイクロソフトが寛容な姿勢を示したことで趣味レベルでのKinectの二次利用は大きく広がっていきそうです。

※12月1日17時追記
Kinectの二次利用が無制限に容認されると取れる表現がありました。訂正してお詫び申し上げます。

(Article written by 水口真)

マイクロソフトアクセスランキング