人生にゲームをプラスするメディア

オンラインゲームで開発した街が5000万円で売れる、その資金は・・・

ゲームビジネス 開発

オンラインゲームで開発した街が5000万円で売れる、その資金は・・・
  • オンラインゲームで開発した街が5000万円で売れる、その資金は・・・
一時期喧伝された「Second Life」のブームは去ってしまいましたが、仮想空間(バーチャルワールド)は大きな可能性を秘めているようです―――ビジネスとしても。

Jon Jacobsさんは、スウェーデンのMindArkが開発する人気のMMORPG『Entropia Universe』にて、巨大モールを建設し、5年後、それを63万5000ドル、日本円にして5300万円で売却したそうです。

しかしJacobsさんは典型的なオタクではありません。ハリウッドを舞台に活躍する俳優であり映画監督で、"オフライン"でもビジネスを成功させています。さらに"オンライン"でもセレブとして扱われます。ハンドルネームは「Neverdie」、『Entropia Universe』の中でも最も有名な存在です。

Club Neverdie


Jacobsさんが最初に惑星を持ったのは2005年のこと。10万ドルで購入したPlanet Calypsoを自分の名前を冠した「Club Neverdie」と改称。ゲームの中での一等地とするため開発を進めていきます。ドーム、ナイトクラブ、スタジアム、モール、他のユーザーが訪れ、お金を使う場所が出来上がります。Jacobsさんはこれで年間20万ドルの収益を上げるようになったそうです。

しかしJacobsさんは"次のビジネス"のためにゲームでの資産を全て売却します。最も高額で売れたのはJacobsさんのもう一つのアカウントである「John Foma Kalun」で33万5000ドル。このゲームでこれまでで最高額だった2009年の「The Crystal Palace Space Station」の33万ドルを更新しました。

さて、その資金はJacobsさんの次なる野望のために投入されます。既にJacobsさんは13人の従業員を雇い、『Entropia Universe』の中に超リアルな新しい惑星を作り上げようとしているそうです。その名も「Rocktropia」。Jacobsさんの本業を活かして、音楽やライブコンサートなどができるような場所にしたいとか。近頃、鳴りをひそめていましたが、仮想空間はまだまだ熱いし、ビジネスの可能性がある、というお話でした。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

    カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

  2. 【レポート】『ガンダムVR』で感じた恐怖と興奮…ガンダムの手に乗り、ザクに襲われる

    【レポート】『ガンダムVR』で感じた恐怖と興奮…ガンダムの手に乗り、ザクに襲われる

  3. 【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

    【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

  4. IBMによるアルファテスト版『ソードアート・オンライン』のゲーム画面とナーヴギアの写真をお届け

  5. 読売ジャイアンツと『戦国無双 ~真田丸~』が異色コラボ―特製キーホルダー付の入場券!

  6. 第20回文化庁メディア芸術祭作品募集が7月7日より開始―ゲームはエンターテインメント部門から

  7. 『P.T.』の影響受けた一人称ホラー『Allison Road』開発再開!

  8. VR体験施設「Project i Can」に“ガンダムVR”が登場!同時に10月10日での営業終了が発表

  9. ゲーム会社が本気でスマホソーシャルゲームに挑む、サイバーコネクトツー『ギルティドラゴン 罪竜と八つの呪い』・・・第1回「3Dモバイルゲーム新時代」

  10. 企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

アクセスランキングをもっと見る

page top