人生にゲームをプラスするメディア

「『シェンムー街』が愛されれば物語をさらに進めたい」、スペシャルゲストは藤岡氏・・・『シェンムー街』制作発表会レポート(2)

ソーシャル・オンラインゲーム ソーシャルゲーム

『シェンムー街』制作発表会レポート
  • 『シェンムー街』制作発表会レポート
  • 『シェンムー街』制作発表会レポート
  • 『シェンムー街』制作発表会レポート
  • 『シェンムー街』制作発表会レポート
  • 『シェンムー街』制作発表会レポート
  • 『シェンムー街』制作発表会レポート
  • 『シェンムー街』制作発表会レポート
  • 『シェンムー街』制作発表会レポート
サン電子株式会社が15日に開催した『シェンムー街』の制作発表会、後半は『シェンムー』の生みの親である鈴木氏や、スペシャルゲストが登場します。

『シェンムー』の生みの親・鈴木裕氏


『シェンムー』の生みの親・鈴木裕氏は、現在2008年に設立した株式会社YS NETの代表取締役を務めています。氏のこれまでの業績をまとめたムービーが流されたのち、その鈴木氏が登壇しました。





鈴木氏は開口一番、「ムービーに映っていた私は若い頃の私です。少し変わりましたが、間違いなく本人です」と笑いを誘っていました。また、15日から抽選で選ばれたユーザーのみに『シェンムー街』を公開していることを明かし、「しかし、さっそくサーバーが落ちてしまいました」と、予想以上のアクセスがあったことが原因であると話しました。

竹内宏彰氏


ここからは、『シェンムー』の開発に携わり映画「アニマトリックス」のプロデューサーとしても知られる竹内宏彰氏との対話形式で、ゲームの内容説明が進められました。

竹内氏は、映画「マトリックス」の監督であるウォシャウスキー兄弟に「会いたい日本人は誰か?」と問うたところ鈴木氏の名が挙がったため、「当時会いに行った」といい、「それだけいろんな意味でインパクトのあったタイトルだ」と述べました。



鈴木氏によると、『シェンムー街』は『シェンムー』のストーリーをフォローはするものの、プレイヤーは「芭月涼」を操作するのではなく、涼と同じく「芭月武館」の門下生になるとのこと。また、キャラクターには拳法を使う「拳士」、道具を用いる「機士」、術を操る「仙士」という種族があり、これが3すくみの関係になっています。



ゲームは街を「探索」することで、「会話」や「イベント」、「バトル」などが発生し、「イベント」の条件を満たすと「ボス戦」に移ります。最初のボスは、なんと「犬」です。やがて「探索」で習得する「功夫」コマンドが使えるようになるほか、自らの道場を持てるようになると、他のプレイヤーとの「試合」ができるといいます。「試合」では、部分的に公開された情報をもとに対戦相手を選び、団体戦の何番目として戦うかを決めます。「試合」の勝敗によって道場のランクが上下しますが、これは同じく鈴木氏が生んだ『バーチャファイター』シリーズの「段位」に習ったランクになっています。

また、ゲーム内通貨である「木札」を用いると、道場の降格を防げるなどの効果がある「護符」を購入できるほか、「おこづかい」や「新聞配達」で収入を得ることができるといいます。



さらに『シェンムー』でおなじみの「阿部商店」の前には「ガチャゴン」(いわゆるガチャガチャ)を置くことができ、コンプリートするとゲームの進行に影響するとのことです。この「ガチャゴン」には、「オパオパ」や「ソニック」、「アレク」といったキャラクターのフィギュアが出てくることが明らかにされました。



その後、鈴木氏は「モバゲータウン」だけでなくPCでも遊べるように「Yahoo!モバゲー」版『シェンムー街』を開発しているといい、画面を公開しました。鈴木氏は「先の話になるが」と断ったうえで『シェンムー』にも登場した「ゲームセンターYOU」のオーナーとなり、建て直す要素も入れたいと話しました。

竹内氏が「ケータイ向けにうまくアレンジされた印象」と話すと、鈴木氏は「携帯電話の真ん中のボタンと上下ボタンのみで進められるようにした」と語りました。

鈴木氏は「『街』には、知らない人と知り合うことができるという意味を込めました。“ロビー”では狭いし、“ワールド”だと広すぎるので」とし、「『シェンムー』はSNSと親和性のよい世界観です」と説明しました。

「『シェンムー街』が愛されて継続できるようになれば、その先のストーリーを進めたい」と鈴木氏。「すでに11章までのシナリオがあります。ファンの方も続きが気になっているでしょうが、中途半端なままになっているという思いは私が一番大きい」とのことです。

藤岡弘、氏が登場


そしてスペシャルゲストは、俳優であり武道家でもある藤岡弘、氏です。

藤岡氏は『シェンムー』で主人公・芭月涼の父親である芭月巌の声を担当したほか、セガサターンのTVCMなどで演じた「せがた三四郎」のキャラクターで一世を風靡しており、セガとは縁の深い方です。

藤岡氏が「私は6歳の頃から武道に触れ、いまは道場を持って日々修練しています」と話すと、鈴木氏は「(主人公の父親には)本当の武道家、侍にお願いしたい」という思いから藤岡氏を起用したと当時の経緯を話しました。

すると藤岡氏は「世界を100数十国旅してきましたが、武道を披露すると尊敬の念を持って迎えてもらえます」と、「武道」の魅力について熱く語りました。
竹内氏によると、藤岡氏と鈴木氏は「コーヒーを飲みながらすごい話をしている」といい、「先日も2人はずっと手裏剣の話をしていた」とのことです。

藤岡弘、氏と鈴木裕氏


「裕さんから話をもらったとき、日本の文化を海外に発信するいい機会だと考えた」と藤岡氏。「ゲームを通じて道徳や倫理観が伝われば」と話し、「『シェンムー』では、モーション・キャプチャー収録のわけがわからずドキドキしましたが、今では一般的なものになりました」と、10年という月日の流れをしみじみと語りました。

また藤岡氏は、『シェンムー』で芭月巌が息子に「信念を大切にしろ、友情を大事にしろ」と説いたことに触れ、「10年前から現代に通じる考え方で、やはり人と人とのコミュニケーションを大事にしたい」と話しました。



さらに「真価が問われる時代」と藤原氏はいい、「『善なる発信』が裕さんから始まった。ゲームを通じて子供たちが何かをつかむことができればいい。だから、このゲームには期待しています」とさらに熱意を込めて語り、この発表会を締めくくりました。



『シェンムー街』は近く、「モバゲータウン」と「Yahoo!モバゲー」に配信される予定です。

(C)SEGA (C)YS NET (C)SUNSOFT
《D》

編集部おすすめの記事

ソーシャル・オンラインゲーム アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『ウィッチャー3 ワイルドハント ゲームオブザイヤーエディション』『バイオハザード4』他

    今週発売の新作ゲーム『ウィッチャー3 ワイルドハント ゲームオブザイヤーエディション』『バイオハザード4』他

  2. PC版『テイルズ オブ ベルセリア』『ゴッドイーターRE』発表、欧米向けにSteamで配信

    PC版『テイルズ オブ ベルセリア』『ゴッドイーターRE』発表、欧米向けにSteamで配信

  3. Win10版『マインクラフト』がOculus Rift対応…気になるVRプレイ映像も

    Win10版『マインクラフト』がOculus Rift対応…気になるVRプレイ映像も

  4. DMM新作はパンツこれくしょん!? パンツを奪い合う百合ゲー『ゴクジョッ。奪!パンこれ』事前登録開始

  5. 「LUX × 初音ミク」コラボCM公開!電子の歌姫がスカーレット・ヨハンソンと夢の競演

  6. 『超銀河船団∞ -INFINITY-』のリリースが延期に、8月下旬から2016年に変更

  7. 【レポート】話題のMMO『ツリー・オブ・セイヴァー』を先行プレイ!ROの良さを残しつつ今風にアレンジ。システムは個性に重点を置く

アクセスランキングをもっと見る

page top