人生にゲームをプラスするメディア

『龍が如く4』の海外版、修正は最小限度で(訂正)

ソニー PS3

龍が如く4 伝説を継ぐもの
  • 龍が如く4 伝説を継ぐもの
セガオブアメリカのスポークスマンであるAaron Weber氏は、海外版『龍が如く4 伝説を継ぐもの』の変更点を極力抑えると発表しています。

『龍が如く』シリーズは海外では『Yakuza』のタイトルで翻訳されていますが、日本文化に深く根ざした内容だけに、これまでも『龍が如く3』からキャバクラ要素を含めて数多くの要素が削られるといった変更がありました。しかし『龍が如く4』ではその修正は最小限度に抑えられているようです。

ゲームを世界各国で発売するということを巡っては、文化やレーティングの違いもありますから、改変が加えられるのも仕方がないのかも知れませんが、できれば原盤と同じものを遊びたくなるのが人情。近年では情報の流通は国境を超え、発売時期もなるべく近くしようと開発者達の努力は更に過酷なものとなっています。オリジナルをなるべく尊重しながら、発売タイミングも意識するというセガの努力は嬉しいですね。

※19日15:00 「さらに4つのミニゲームと22のサブストーリーが削除されることとなったそうです」という部分は事実誤認であり、削除。全体的に見直しを行いました。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. コースターに乗って恐怖のお化け屋敷を突き進む『Until Dawn: Rush of Blood』プレイレポ

    コースターに乗って恐怖のお化け屋敷を突き進む『Until Dawn: Rush of Blood』プレイレポ

  2. 『AKIBA'S BEAT』主人公をサポートする「メイドシステム」公開! トレカ装備やバトル続報も

    『AKIBA'S BEAT』主人公をサポートする「メイドシステム」公開! トレカ装備やバトル続報も

  3. カプコン公式「ミス春麗決定戦」で「ザンギエフ」が優勝、その結果と再現度に会場困惑

    カプコン公式「ミス春麗決定戦」で「ザンギエフ」が優勝、その結果と再現度に会場困惑

  4. 【インタビュー】『バイオハザード7』は“間違いなくバイオだ”と思える作品に!リブート・リセットはしておらず、オープンワールドに匹敵する密度の作品へ

  5. 『初音ミク Project DIVA Future Tone』シェアプレイの“音なし”は著作権的仕様、アケコン検討に対するコメントも

  6. 『ブレイブルー セントラルフィクション』Esのプレイスタイルが明らかに!スタンダード&スピーディー、山なり空中ダッシュ、自己強化も

  7. 『ベルセルク無双』では“両断”や“斬り潰す”が可能に!物語は「黄金時代篇」から「千年帝国の鷹篇」の終盤まで

  8. 『ソードアート・オンライン ―ホロウ・リアリゼーション―』レイドボス戦や武器種など新情報が公開、仲間とのサブイベントCGも

  9. 『スパロボV』参戦作品の戦闘画面が一挙公開、熱い戦いの様子をチェック!

  10. 【特集】精神障害を歌うRPG『カリギュラ』の楽曲に迫る ― 歌詞がざわめきへと変わり、心をえぐる

アクセスランキングをもっと見る

page top