人生にゲームをプラスするメディア

「新旧『ソニック』ファンのバランスを取るのは難しい」 ― セガのブランドディレクターが語る

その他 全般

ソニック・ザ・ヘッジホッグ4 エピソード1
  • ソニック・ザ・ヘッジホッグ4 エピソード1
  • ソニック カラーズ
新しいファンと旧来のファンのバランスを取る、それが『ソニック』シリーズの今後の課題のようです。

『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』シリーズといえば、1991年からスタートしたセガのアクションゲーム。超音速で走るヒーロー「ソニック」が活躍する様は世界中で人気を博しています。

歴史が長いだけにファン層も厚いシリーズですが、最新作『ソニック・ザ・ヘッジホッグ4 エピソードI』(以下『ソニック4』)の配信を控えたこの時期、セガの『ソニック』担当ブランドディレクターであるDavid Corless氏は、新旧ファンのバランスを取る必要性に関して語っています。

「『ソニック』のファンに喜んでもらうのは難しいことではありません。彼らは非常に熱心で、理想的な『ソニック』とはどうあらねばならないかに関して考えを持っています。コアなファンの声は非常に大きく注意を引きつけますが、我々には巨大な若いファン層を考慮する必要があります。皆に喜んでもらうのは難しいことです」

Corless氏によれば、現時点の『ソニック』シリーズは新たなファン向けと旧来のコアなファン向けの二本立てになっているそうです。『ソニック カラーズ』は前者であり、若いファン層に向けて新しいアイデアを取り入れ、シリーズを前進させるタイトルであるとのこと。

一方で『ソニック4 』はオールドスクール(古典的)な『ソニック』であり、オリジナル版を覚えているコアなファン、そしてバーチャルコンソールやPlayStation Network、Xbox LIVE アーケードで新たにシリーズを遊んだ若いファンのためのものだそうです。

『ソニック4』の実現には、iPhone版やバーチャルコンソールなど各種ダウンロード版の成果が助けになったとのこと。氏のいうところの「お客様の目の正しさ」がクラシカルな同作の開発を許し、その成果は『ソニック4』の発表会で確認できたそうです。

Corless氏の談話からは、新しいファンへのアピールと旧来のファンへのアピールを両立させる難しさが伝わってきます。二つの作品でブランドの進化と原点回帰が行われる訳ですが、これらがどう評価されるのかが楽しみですね。
《水口真》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『テイルズ オブ』などのイラストを手掛ける藤島康介が結婚、相手は31歳年下コスプレイヤー…岸田メルも反応

    『テイルズ オブ』などのイラストを手掛ける藤島康介が結婚、相手は31歳年下コスプレイヤー…岸田メルも反応

  2. 「ニコニコチャンネル」有料登録者数が50万人突破!上位5チャンネルの平均年間売上額は1億円台

    「ニコニコチャンネル」有料登録者数が50万人突破!上位5チャンネルの平均年間売上額は1億円台

  3. 「アドベンチャー・タイム」ミニシリーズを日本初放送!OPは湯浅政明率いるサイエンスSARU

    「アドベンチャー・タイム」ミニシリーズを日本初放送!OPは湯浅政明率いるサイエンスSARU

  4. どれで遊んだ?「コントローラー」史58年振り返るファンメイド映像

  5. 00年代アニソンコンピアルバム「アニソンLOVE」第2弾発売…銀魂、ハガレン、NARUTO、エウレカなど

  6. 「デジモンユニバース」ヒロインは現役アイドル! 新キャラとキャスト発表

  7. ハリウッド映画版『テトリス』物語はとてつもなく壮大に

  8. ガルパンフィーバーを検証するムック本「ガールズ&パンツァーWalker」6月30日発売、オリジナル缶バッジや描き下ろし表紙ポスターも

  9. 【昨日のまとめ】とあるPSNユーザーの本名アカウントがBAN、シリーズ25周年で『FF外伝』『2』『LOM』がセール、『FGO』推奨環境外からのプレイが不可能に…など(6/28)

  10. 「傷物語〈II 熱血篇〉」8月19日公開!追加キャストに入野自由、大塚芳忠、江原正士

アクセスランキングをもっと見る

page top