人生にゲームをプラスするメディア

【TGS 2010】日本の著名クリエイターによるKinectタイトルが続々~マイクロソフト基調講演

マイクロソフト Xbox360

【TGS 2010】日本の著名クリエイターによるKinectタイトルが続々~マイクロソフト基調講演
  • 【TGS 2010】日本の著名クリエイターによるKinectタイトルが続々~マイクロソフト基調講演
  • 【TGS 2010】日本の著名クリエイターによるKinectタイトルが続々~マイクロソフト基調講演
  • 【TGS 2010】日本の著名クリエイターによるKinectタイトルが続々~マイクロソフト基調講演
  • 【TGS 2010】日本の著名クリエイターによるKinectタイトルが続々~マイクロソフト基調講演
  • 【TGS 2010】日本の著名クリエイターによるKinectタイトルが続々~マイクロソフト基調講演
  • 【TGS 2010】日本の著名クリエイターによるKinectタイトルが続々~マイクロソフト基調講演
  • 【TGS 2010】日本の著名クリエイターによるKinectタイトルが続々~マイクロソフト基調講演
  • 【TGS 2010】日本の著名クリエイターによるKinectタイトルが続々~マイクロソフト基調講演
TGS2010の初日、マイクロソフト株式会社はTGSForumで「Xbox360のビジョンおよび2010年事業戦略」と題した基調講演を行いました。

最初に登壇したのは同社のホーム&エンターテイメント事業本部長である泉水敬氏。現在開発中のXbox360タイトルを紹介すると宣言します。いずれも日本のクリエイター陣の手によるものだといいます。

日本のクリエイターにフィーチャーしたものに


まず紹介されたのは小島秀夫氏による『メタルギアソリッド : ライジング』です。

世界初公開の実機デモとして、「斬る」操作を同作のクリエイティブディレクター木村氏が実演しました。本作はそもそも「自由切断」というところから開発が始まったといいます。また画面上には『メタルギアソリッド4』に登場した無人偵察機「月光」が現れ、同機が『ライジング』にも登場することが明かされました。

次に株式会社バンダイナムコゲームスの『体で答える新しい脳トレ』。これは東北大学川島隆太教授の監修・指導によるもので、体を動かしながら問題を解く「脳トレ」だといい、Kinect専用タイトルになります。

続いてマイクロソフト コーポレーションでコーポレーションコーポレートバイスプレジデントを務めるフィル・スペンサー氏が登壇。同社のこれまでのサードパーティとの取り組みについて、語りました。特に日本ではXbox360での市場が、前世代機Xboxの市場の2倍以上、21億ドルに達しているといい、重要なマーケットになっていると話しました。

そこで、まずXbox LIVEアーケード専用の2タイトルを発表します。

まず『Fire Pro Wrestling(仮)』。
開発は株式会社スパイク。これは往年のプロレスゲーム『ファイヤープロレスリング』をもとにしたもので、各自のアバタ-をプロレスラーとして操作することができるといいます。

そして『レイディアントシルバーガン』。
開発はいわずと知れた株式会社トレジャー。セガサターンで人気を博した縦スクロールシューティングの名作です。オリジナルは日本以外では発売されなかったため、「これで秋葉原を探しまわってセガサターン版を探さなくて済む」とスペンサー氏はいいます。

ここからはKinect専用タイトルの発表です。いずれもこれまで明らかにされておらず、今回が初公開となるものばかりです。

5つの日本発Kinectタイトル


『codename D(仮)』(マイクロソフト)
『killer7』などで世界にファンを持つ、株式会社グラスホッパー・マニュファクチュア須田剛一氏による新作です。「今回は『ファイヤープロレスリング』のディレクターとして来たわけではありません(笑)」と須田氏が登場。「銃や剣といった武器を使わない、新しいアクションゲームになる」と概要を説明しました。2011年に発売される予定です。

『Project Draco (仮)』(マイクロソフト)
開発はグランディング株式会社。カルト的人気を誇る 『パンツァードラグーン』 シリーズでディレクターを務めた二木幸生氏による、3Dフライトシューティングです。オンラインモードでは他のプレイヤーと協力し、敵と戦えるとのことです。

『Haunt(仮)』(マイクロソフト)
『パラッパラッパー』などの開発で知られる株式会社七音社によるホラーゲームです。同社の松浦雅也氏が「キネクトには可能性が秘められている」と語るビデオメッセージが紹介されました。

『重鉄騎』(カプコン)
開発は株式会社カプコンと株式会社フロム ソフトウェア。初代Xboxで注目を集めた『鉄騎』の流れを汲むタイトルです。カプコンの稲船敬二氏が登壇し、コンピューターがなくなった2082年が舞台であること、アメリカが他国に侵略されてしまったため、それを奪還するというストーリーになることなどを明らかにしました。

『Rise of Nightmares (ライズ オブ ナイトメア)』(セガ)
株式会社セガが開発。全身を使って操作するホラーアドベンチャーです。

これらKinect専用タイトルは、いずれも2011年発売予定。泉水氏は「日本のクリエイターが生み出すユニークな体験を、世界すべての人に提供していきたい」と抱負を述べ、講演を締めくくりました。
《D》

編集部おすすめの記事

特集

マイクロソフト アクセスランキング

  1. 『ミステリートF』主人公役・緒方恵美「以前プレイした方も驚く」…CARNELIANのイラストも公開

    『ミステリートF』主人公役・緒方恵美「以前プレイした方も驚く」…CARNELIANのイラストも公開

  2. 【TGS2016】『ハッピーダンジョン』まさに“桁違い”のダメージを叩き出すハック&スラッシュRPGは、「みんなでわちゃわちゃと楽しめる」一作に

    【TGS2016】『ハッピーダンジョン』まさに“桁違い”のダメージを叩き出すハック&スラッシュRPGは、「みんなでわちゃわちゃと楽しめる」一作に

  3. 【特集】あゝ、追憶のXbox 360 ─ 思ひ出の国産タイトルを巡る

    【特集】あゝ、追憶のXbox 360 ─ 思ひ出の国産タイトルを巡る

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top