人生にゲームをプラスするメディア

「メーカーがレビューに口を出せば恐ろしいことが起こる」 ― アナリストの警告

その他 全般

不適切なレビューは恐ろしいものをもたらす、とアナリストは警告します。

米国の調査会社のEEDAR(Electronic Entertainment Design and Research)のアナリストであるJesse Divnich氏は、ゲームのレビューに関してコメントしています。

氏は「レビューの評価とゲームの売上には相関関係がある」と主張します。実際『Plants vs. Zombies』を使って行った実験では高評価のレビューを見た人ほど友人に勧める傾向があり、レビューは作品の売り上げに貢献できるという結果が出ています。

しかし、「レビューの評価が適切であるかどうか」を氏は憂慮します。
「もしゲームが誇大広告されるなら、消費者は友人にそれを勧めてしまうでしょう。調査によれば、プロが書いたレビューを読んだ人は、全く別の消費者グループにも影響を与えられます。別のグループにいる人々は、MetacriticやG4TVといったプロがレビューを行うメディアの名前を聞いたことがないといいます。“確かなメディアはゲーム産業で信じられない影響力を持つ”という仮説を補強する結果です」

「メディアがゲーム産業で影響力を持つのは、消費者とプロのゲーム評論家の間に強い信頼の絆があるからだということを心に留めておく必要があります。もしメディアやパブリッシャーがレビューの過程に手を入れるなら、消費者との関係を悪化させるだけです。そんなことが起こるなら、消費者を育成するどころか、映画ポスターに”評論家”が名前を連ねる映画界と何ら変わるところはなくなるでしょう」

プロのレビューが信頼されているのは、ゲームを公平に評価し、消費者に有益な(時にメーカー側に不利益な)情報を提供しているから。もしもプロのレビュアーたちが、メーカーからの依頼でレビューの点数を底上げするようなことをすれば、その信頼は失われるだろう・・・というのが主張のまとめとなります。

レビューする側も、ゲームを作る側も、この信頼に応えることが必要であるようです。
《水口真》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. ついに“レトロゲーム専用家具”が登場!「ファミカセチェスト」は288本のソフトが収納可能

    ついに“レトロゲーム専用家具”が登場!「ファミカセチェスト」は288本のソフトが収納可能

  2. コラボフィギュア「エヴァ2号機」×「シン・ゴジラ」出現!“ビーストモード”にゴジラの迫力が融合

    コラボフィギュア「エヴァ2号機」×「シン・ゴジラ」出現!“ビーストモード”にゴジラの迫力が融合

  3. 『モンハン ストーリーズ』サントラCD発売決定! 2枚組で11月9日にリリース

    『モンハン ストーリーズ』サントラCD発売決定! 2枚組で11月9日にリリース

  4. 『艦これ』リベッチオがねんどろいど化!ハロウィン衣装やゴムボートも付属

  5. 新海誠監督作「君の名は。」に『メタルギアソリッド』登場?―他にも往年のゲームハードが…

  6. 東京ゲームショウe-Sportsイベントの開催概要発表―『ストV』『ハースストーン』『サドンアタック』などが競技に

  7. 【総力特集】『可愛い洋ゲー女子に萌えー!』10選

  8. 『ダンガンロンパ2』をアニメ化しない理由とは? 小高和剛「あのキャラ達の物語はあれでお終い」

  9. 【昨日のまとめ】映画「君の名は。」に『メタルギアソリッド』登場?、『ポケモン サン・ムーン』最速攻略本発売決定、噂:新型「PS4 Slim」は5Ghz帯に対応か…など(8/29)

  10. AC『DanceEvolution』一部筐体のサービスが8月31日で終了…今後もプレイ可能かは画面表記を確認

アクセスランキングをもっと見る

page top