人生にゲームをプラスするメディア

過酷な労働条件が伝えられる中国フォックスコン、従業員の賃金を20%アップ

ゲームビジネス その他

任天堂、中国の製造委託先を調査開始・・・従業員の自殺者が多発
  • 任天堂、中国の製造委託先を調査開始・・・従業員の自殺者が多発
任天堂、ソニー、マイクロソフトがいずれも家庭用ゲーム機の生産を委託しているEMS大手の中国・富士康国際(フォックスコン)で従業員の自殺者が多発している問題で、同社は従業員の賃金を20%上げると発表しました。

同社は家庭用ゲーム機に留まらず、アップル、HP、デルなど多くのトップブランドの製品を製造していて、急成長を続けています。その一方で、今年に入ってから少なくとも10名の従業員が自殺しています。以前にはiPhoneのプロトタイプを紛失した従業員が自殺に追い込まれた事件もありました。

このため、任天堂やアップルなどが事態の究明に乗り出しているほか、海外メディアが春頃から相次いで報道しています。

ただ、過酷な労働条件を強いる同様の製造工場は数多くあるとも指摘されています。米国のFair Labor AssociationのAuret van Heerden代表は「フォックスコンで違ったのは、他の例にも増して厳しく、そして秘密主義を貫いている事だ」とコメントしています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【CEDEC 2016】原作再現、フェイシャル誇張からフェチズムまで ─ これからの3Dアニメ表現について考える

    【CEDEC 2016】原作再現、フェイシャル誇張からフェチズムまで ─ これからの3Dアニメ表現について考える

  2. 【CEDEC 2016】『シャドウバース』にも応用されたCygamesの次世代技術研究とは

    【CEDEC 2016】『シャドウバース』にも応用されたCygamesの次世代技術研究とは

  3. 【CEDEC 2016】技術から語る『龍が如く』の10年──特殊エフェクトや物理エンジンの取り組み

    【CEDEC 2016】技術から語る『龍が如く』の10年──特殊エフェクトや物理エンジンの取り組み

  4. 【CEDEC 2016】新たなトレンドはゲームにどのような変化をもたらすのか…シブサワ・コウが考えるゲームの未来

  5. 【CEDEC 2016】VR空間における「手」のあるべき姿とは…Oculus Touchを通して見えたVR操作系の未来と問題点

  6. 【CEDEC 2016】『ドラクエ』30年の歴史、そして堀井雄二が語るゲームデザイナーに必要な3つの資質とは

  7. カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

  8. 【レポート】VR鉄道SLG『トレインマイスター』をマスコンレバーでプレイ…E235系が走るJR山手線沿線を再現

  9. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  10. 【CEDEC 2014】リアルタイムの立体音響も実現間近? ゲームサウンドの次

アクセスランキングをもっと見る

page top