人生にゲームをプラスするメディア

ここが”スーパー”になった「ニンテンドーDSiポーチ スーパーマリオ帽」・・・週刊マリオグッズコレクション第78回

その他 全般

ここが”スーパー”になった「ニンテンドーDSiポーチ スーパーマリオ帽」・・・週刊マリオグッズコレクション第78回
  • ここが”スーパー”になった「ニンテンドーDSiポーチ スーパーマリオ帽」・・・週刊マリオグッズコレクション第78回
  • ここが”スーパー”になった「ニンテンドーDSiポーチ スーパーマリオ帽」・・・週刊マリオグッズコレクション第78回
  • ここが”スーパー”になった「ニンテンドーDSiポーチ スーパーマリオ帽」・・・週刊マリオグッズコレクション第78回


第78回です。先月、クラブニンテンドーに新しく追加された「ニンテンドーDSiポーチ スーパーマリオ帽」。とはいっても、マリオの帽子の形をしたDSポーチは以前からありました。では一体ドコが変わったのでしょうか?今回はその辺の違いも含め、紹介していきます。

「ニンテンドーDSiポーチ スーパーマリオ帽」は、その名の通りDSiを収納できるマリオの帽子型のポーチ。前作は「オリジナルDSポーチ マリオ帽」として、2005年の秋に追加されました。今回追加されたのは、名前が「スーパー」になり、DSiに対応したのが大きな特徴ですね。

DSi対応になりました


見た目はウリ2つですが、実際に手に取ってみると若干小さくなっているのがわかります。僅かな差ですが、縦横ともに1cmほど小さくなっています。トレードマークであるMエムブレムも1cmほど小さくなっていますね。本体サイズは初代よりDSiの方が1cmほど小さいので、それに合わせてフィットする形にリサイズされたのでしょうか。なお、開閉口の大きさは変わっていません。

若干小さくなっています


このポーチは、一度斜め方向にDSを入れ、さらに右奥にグっと入れ込む形で収納します。帽子の凹みの部分が引っかかって入れにくいですが、それが逆にDS本体にフィットしてホールドするのです。最初は入れづらいですが、使っているうちに柔らかくなりスムーズ入れやすくなります。しかし、それが災いして、使い込みすぎると凹み部分のクッションが破れてしまうのです。新作ではその部分もしっかりと改善。凹み部分が補強されています。

縫い目がしっかりと


「ニンテンドーDSiポーチ スーパーマリオ帽」は250ポイントで交換中。DSiLLは収納することができませんのでご注意下さい。
それでは、また来週。

■著者紹介

kikai
『スーパーマリオブラザーズ』と一緒に生まれたマリオゲーマーであり、マリオグッズコレクター。マリオのことなら何でもお任せの「マリオ博士」。フリーライターとして活動中。インサイド以外にも雑誌「ニンテンドードリーム」などでも執筆。
ウェブサイト: ALL SUPER MARIO

(C) Nintendo Licensed by Nintendo
《kikai》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 『デレマス』ミスティックエリクシルな「一ノ瀬志希」がフィギュア化、セクシーさと小物にこだわられた一品に

    『デレマス』ミスティックエリクシルな「一ノ瀬志希」がフィギュア化、セクシーさと小物にこだわられた一品に

  2. 「ガルパン 劇場版」キャラ&戦車フィギュア新商品が予約開始、「ねんどろいどぷち 逸見エリカ」「ねんどろいどもあ センチュリオン」など

    「ガルパン 劇場版」キャラ&戦車フィギュア新商品が予約開始、「ねんどろいどぷち 逸見エリカ」「ねんどろいどもあ センチュリオン」など

  3. 『マッド・マックス 怒りのデスロード』を手掛けたWETAが放つロボットバトル・ボードゲーム『GKR: Heavy Hitters』

    『マッド・マックス 怒りのデスロード』を手掛けたWETAが放つロボットバトル・ボードゲーム『GKR: Heavy Hitters』

  4. 【昨日のまとめ】ヨドバシ.comでニンテンドースイッチの予約受付再開、「タッチ我慢スターター」が“おっぱい修理中”に、PS4『GUNDAM VERSUS』クローズドβテスト詳細…など(2/27)

  5. アニメ「モンハン ストーリーズ」の声優バイト募集が開始!アイルー役として出演が可能、田村睦心からアドバイスももらえる

  6. 【特集】『知られざるカルトホラーゲーム』7選

  7. 共に一時代を築いた“ビックリマン”と“キン肉マン”がコラボ! 「肉リマン(にっくリマン)チョコ」2月28日より発売

  8. 「タッチ我慢スターター」欲望を刺激し過ぎて“おっぱい修理中”に…詫びパイとして“GカップからIカップに膨乳”

  9. マンガのコマをブログやSNSで使えるWebサービス「マンガルー」始動、ラインナップは「ポプテピピック」「カイジ」など

  10. 【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

アクセスランキングをもっと見る