人生にゲームをプラスするメディア

スクウェア・エニックスHD、業績予想を修正―リストラ費用20億円を計上

ゲームビジネス 市場

スクウェア・エニックス・ホールディングスは平成22年3月期の第2四半期および通期の業績予想について、8月7日に公表したものを修正すると発表しました。

修正後の業績は、第2四半期が売上高905億円(修正前 900億円)、営業利益130億円(125億円)、経常利益121億円(125億円)、純利益26億円(75億円)、通期が売上高1800億円(同)、営業利益250億円(同)、経常利益250億円(同)、純利益100億円(150億円)となります。

売上高、営業利益ともに順調に推移したものの、円高に推移したことから為替差損(約10億円)が発生したほか、第1四半期に買収したEidos関連費用が発生、さらに第2四半期で、スクウェア・エニックスおよびタイトーの転進支援措置として割増退職金等で20億円を特別損失として計上しました。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

    【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

  2. ナチュラルモーション社の技術がゲームのアニメーション制作を変える

    ナチュラルモーション社の技術がゲームのアニメーション制作を変える

  3. 小島秀夫氏、「The Game Awards 2016」でIndustry Icon Award受賞へ

    小島秀夫氏、「The Game Awards 2016」でIndustry Icon Award受賞へ

  4. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  5. 【レポート】「狼と香辛料」作者・支倉凍砂の新作VRアニメ『Project LUX』を体験 ― ヒロインの声・モーションは田中あいみが演じる

  6. 【レポート】VRコンテンツ開発の鍵は「VR酔いの解消」 ― UE4との動向を語るUF2015

  7. スマホゲームのマーケティング専門家集団、AppBroadCastが目指す「脱・リワード依存」

  8. ヒューマンアカデミー東京・大阪で『ストリートファイターV』スペシャルイベント開催、ゲーム体験会も実施

  9. 【CEDEC 2010】学習ゲームは効果があるのか? ベネッセとゲームニクスの取り組み

  10. 秋葉原の洋ゲーショップ「ゲームハリウッド」2月24日で閉店

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top