人生にゲームをプラスするメディア

ゲームクリエイターが自社ゲームの著作権侵害を目撃してショックを受ける

ゲームビジネス その他

『ピクセルジャンク モンスターズ デラックス』の制作元はPSPの不正コピーの多さに憤っているようです。

キュー・ゲームスの代表取締役であるDylan Cuthbert氏はTwitterにて「PSPでもうゲームを出すつもりがないとは言わないが、『ピクセルジャンク モンスターズ デラックス』にはあまりに多くの著作権侵害があった」とコメントしたとのこと。

Cuthbert氏は『ピクセルジャンク モンスターズ デラックス』関連のチャットで「全員がリッピングしたもので遊ぶ話をしていた」光景を目撃してショックを受けたといいます。著作権侵害への対策については悲観的である模様。シリアル番号をゲームに組み込むなどの対策について「残念ながらハックされるだろう」と語り、デモ版を出すことも「著作権侵害には何の効果もないだろう」とコメントしているそうです。

PSPの著作権侵害に関し、SCEA(ソニー・コンピュータエンタテインメントアメリカ)のシニアマーケティングVPであるPeter Dille氏は「うんざりする」レベルであるとコメント。売り上げにも大きな影響が出ているとの見解を明らかにしました。

ニンテンドーDSやPSPなど、今世代の携帯ゲーム機において著作権侵害との戦いは深刻なテーマ。低年齢層が違法コピーに手を染めてしまうケースも報告されています。今回のケースのように、作り手のモチベーションにネガティブな影響を与えてしまう側面もあり、良質のゲームが減少することにも繋がりかねませんから、継続した対策が期待されるところです。
《水口真》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. DMM GAMES、TGS 2016に出展決定!ファン必見のスペシャルサイトも公開

    DMM GAMES、TGS 2016に出展決定!ファン必見のスペシャルサイトも公開

  2. 980円の折り畳み式スマホ用VRヘッドセットが登場…メガネOK、タッチ操作も可能

    980円の折り畳み式スマホ用VRヘッドセットが登場…メガネOK、タッチ操作も可能

  3. 【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

    【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

  4. バンダイナムコ原田勝弘「VRに臨場感はあって当たり前、追求するのは関係性」

  5. 【DEVELOPER'S TALK】"プラチナ"クラスの作品が完成~渾身のクライマックスアクション『ベヨネッタ』を手掛けたプラチナゲームズを直撃

  6. ブシロード、東京ゲームショウ2016に出展!『スクフェス』勧誘体験や新規タイトル情報を公開予定

  7. 【TGS2007】コンパニオンフォト:マイクロソフト・SCE・集合写真編&着ぐるみ編

  8. VR空間を自分の足で歩ける「Virtuix Omni」日本向け並行輸入品登場、早期予約で約14万円

  9. 参加者、絶叫!VRテーマパーク『The VOID』音量注意なテスターリアクション映像が公開

  10. 【コラム】『ファイナルファンタジーXV』と「リアル」の変質

アクセスランキングをもっと見る

page top