人生にゲームをプラスするメディア

「ハードの軍拡競争」は終わらないが現在の世代はまだまだ続く−EAのCEOが予測

ゲームビジネス その他

EAのCEOであるJohn Riccitiello氏は「ハードウェアの軍拡競争」は終わっていないものの、現在の世代はもう少し続くとする考えを明らかにしました。

Wedbush Morgan証券のアナリストであるMichael Pachter氏は、新しいハードは2013年以前には登場しないとする予測を発表。対してユービーアイソフトは次世代機が2011年〜2012年に登場するとして技術的投資を始めたとしています。

ユービーアイソフトの動きをどう思うかという質問に対しRiccitiello氏は、ハードウェアの進歩を「軍拡競争」であると表現。「軍拡競争は」決して終わったとは言えないが、現在の世代のハードウェアは非常に長期の寿命を持つのではないかと予想しました。

John Riccitiello氏は2010年度のマーケティングプランに関し、積極的なコスト削減に加え、Wiiに更に力を入れていくとの姿勢を明確化。北米及びヨーロッパのチャートで健闘する可能性のあるタイトルが10前後存在し、これはWiiのためにデザインされたものであるとのこと。「Wiiのためのユニークなマーケティングプラン」が用意されており、これまでとは異なったアプローチを行うとしています。また、日本においてWiiの売上が低下していることに関し、日本市場が「非常に異なった場所」であり北米での売上とは関係しないと判断しているとコメントしています。

ダウンロード販売による収入は8000万ドル(約79億円)であり、これは2008年度の倍近い値。2010年度には更に増大する見込みであるとの見解を明らかにしています。

Wiiやプレイステーション3、Xbox360への投資がやっと効果を現しつつあるのが現在の状況であり、新機種が無くとも今後5年は市場の成長が続くとするのがPachter氏の意見。EAとユービーアイソフトは全く異なる予測を見せた訳ですが、どちらが正しいのかは今後の市場を占う点でも大きな意味を持っているといえるでしょう。
《水口真》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

    株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  2. まさかのメガドライブ新作『PAPRIUM』が発売決定!―蘇る16Bitアクション

    まさかのメガドライブ新作『PAPRIUM』が発売決定!―蘇る16Bitアクション

  3. ディンゴの従業員は全員解雇、未払賃金立替払を申請中

    ディンゴの従業員は全員解雇、未払賃金立替払を申請中

  4. グラビアVRの圧倒的没入感を支える技術とは、「トキメキメテオ」の撮影を手がける株式会社シータに訊いた

  5. 「狼と香辛料」作者が送るVRアニメ『Project LUX』Steam配信へ

  6. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  7. GTX 1080 Tiで動作する『FF15』!GDC海外映像―ネコもふさふさ

  8. 『スーパーロボット大戦』『魔装機神』のウィンキーソフトが倒産 ― 2000年頃からヒット作に恵まれず

  9. 「攻殻機動隊」VRアプリが配信スタート サイバー感溢れる映像が360度で展開

  10. フィーチャーフォンは2015年には無くなる・・・グリーが急ピッチで進めるスマートフォンゲーム開発

アクセスランキングをもっと見る