人生にゲームをプラスするメディア

「コピー対策には広告付きの無料ゲームが有効」海外ゲームメーカーのCEOがコピー問題に提案

ゲームビジネス その他

アタリ、Codemastersなど5社がファイル共有でゲームを手に入れたユーザー25,000人を訴えた件に関してゲームメーカーWildTangentのCEO であるAlex St Johnは「コピー対策には広告付きの無料ゲームが有効である」とコメントしています。

これはゲーム系サイトgameindustry.bizのインタビューに答えてのもの。Alex St Johnはゲームメーカーが消費者を訴えるようなことはあってはならないとする考えを表明。家庭用ゲーム機とは違ってオープン性のあるPCには、PCにあったビジネスモデルが必要で、問題に適応した形として広告付きの無料ゲームが有効であるとしています。

WildTangentはダウンロード型ゲームを販売しているメーカーで、男性向けヘルスケアブランドの出資の元で無料デートゲーム『Mojo Master』を開発したほか、ゲーム内で広告を配信するという試みを行っています。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. まさかのメガドライブ新作『PAPRIUM』が発売決定!―蘇る16Bitアクション

    まさかのメガドライブ新作『PAPRIUM』が発売決定!―蘇る16Bitアクション

  2. 「狼と香辛料」作者が送るVRアニメ『Project LUX』Steam配信へ

    「狼と香辛料」作者が送るVRアニメ『Project LUX』Steam配信へ

  3. GTX 1080 Tiで動作する『FF15』!GDC海外映像―ネコもふさふさ

    GTX 1080 Tiで動作する『FF15』!GDC海外映像―ネコもふさふさ

  4. スクウェア・エニックスが3Q連結決算発表―スマホ好調、『FF15』など大作も投入

  5. VRで倉持由香と星名美津紀に会える、「トキメキメテオ」第一弾をいち早く体験してみた ― 本当に”トキメキ降臨”なのか?

  6. 【CEDEC 2011】ゲームクリエイターのキャリアを考える/セガ石倉氏と専修大・藤原氏

  7. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  8. 「攻殻機動隊」VRアプリが配信スタート サイバー感溢れる映像が360度で展開

  9. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  10. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

アクセスランキングをもっと見る