人生にゲームをプラスするメディア

2007年のオタク市場規模は1866億円―メディアクリエイトが白書

ゲームビジネス その他

テレビゲーム専門調査会社のメディアクリエイトは、「2008オタク産業白書」を発行しました。これはオタクコンテンツ商品を取り扱う専門店を中心とした流通へのヒアリングをベースにしたもので、それに基づく2007年のオタク市場規模は1868.8億円、前年対比で102.5パーセントでした。

白書では市場を商品形態に基づいてDVD/CD(アニメ)、出版コンテンツ、ゲーム、フィギュア・グッズ類、同人誌の5つのカテゴリに分類してそれぞれの金額も推定しています。特に同人誌では国内初の試みとして書店委託販売、即売会、ダウンロード販売のそれぞれを追ったということです。以下の通りです。

・DVD/CD(アニメ)   340.2億円(18.2%)
・出版コンテンツ   406.7億円(21.8%)
・ゲーム   560.8億円(30.0%)
・フィギュア・グッズ類   281.8億円(15.1%)
・同人誌   277.3億円(14.9億円)

メディアクリエイトでは、現代の情報技術の発展で、ユーザーは誰もが情報を収集し、賢くコンテンツをオタク的に消費するようになったと分析。コンテンツ消費自体は少ないものの、いわゆるオタクコンテンツを消費するライトオタクと呼ばれる人たちも多くなってきているとしています。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

    【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

  2. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

    【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  3. 【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

    【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

  4. 特別対談 ずらり揃った4社の代表が今後のゲームエンジン・ミドルウェアについて語り尽くす!・・・GTMF2013直前インタビュー

  5. プレイステーション3版『頭文字D EXTREME STAGE』・・・開発者に聞く

  6. 東広島から日本のRPGで世界を狙う!E3にも出展したケムコの戦略に迫る

  7. 【レポート】映像業界から語られたゲームグラフィックの可能性…実写×3DCGで実現する新たな表現

  8. IBMによるアルファテスト版『ソードアート・オンライン』のゲーム画面とナーヴギアの写真をお届け

  9. 【レポート】アーケード型VRホラーゲーム『脱出病棟Ω』を4人でプレイ!怖すぎて店内に悲鳴が響き渡る

  10. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

アクセスランキングをもっと見る

page top