人生にゲームをプラスするメディア

Wikipedia編集合戦―あらゆる企業・公官庁が参戦していた!?/任天堂・ソニーまで

ゲームビジネス その他

ここ数日、Wikipediaが企業や公官庁によって自身の都合の良いように編集されているのではないかという問題が大きく取り上げられています。Wikipediaでは編集者のIPアドレスが記録されており、これまでも楽天証券や山谷えり子参議院議員などの関係者が都合の悪い内容を削除するといった事が判明し、騒ぎになってきました。

しかし今回、カリフォルニア工科大学の大学院生Virgil Griffith氏が開発した「Wikipedia Scanner」によって、これまでに報じられた内容は氷山の一角であることが明らかになってきました。Wikipediaのログデータは一般に公開されており、「Wikipedia Scanner」はそれをスキャンして編集履歴にあるIPアドレスをWhoisにかけ、編集者の身元を割り出します。

大規模なログ解析によって多数の企業や公官庁がWikipediaの編集に参加していることが分かりました。最初に取り上げられたのは米CIAやFBIで、CIAはイラク戦争での犠牲者の数を「推計だ」と付け加えたり、FBIはテロ容疑者を収容し虐待問題が取り沙汰されたグアンタナモの写真を削除した疑惑が持たれました。

さらには任天堂がゲームキューブの初期不良に関する記述を削除したり、ソニーがブルーレイのDRAMに関する記述を削除したり、マイクロソフトの後方代理店がMSNをGoogleと並ぶ検索エンジンと記述したり、サブウェイがサブウェイのサンドイッチは美味しいとの記述を追加したりといった事が次々に判明してきました。

Technobahnによればこれ以外にも、イスラエルや南アフリカなどの国家、国連などの国際機関、BBC・ロイター通信・NYタイムズ・ワシントンポスト・アルジャジーラ・FOX NEWSなどの報道機関、フォード・トヨタ・エアバスなどの大企業まであらゆる機関がWikipediaの編集合戦に関与していた事が判明したそうです。

これらは必ずしも組織として情報操作を行っていたということを示すものではありませんが、なんともお粗末な話であります。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  2. バックパックPC「VR One」発表!ケーブルの呪縛から解放され、3.6Kgで90分間のVR体験が可能

    バックパックPC「VR One」発表!ケーブルの呪縛から解放され、3.6Kgで90分間のVR体験が可能

  3. 日本初の“VR専門”教育機関「VRプロフェッショナルアカデミー」登場、入学金・授業料は無料

    日本初の“VR専門”教育機関「VRプロフェッショナルアカデミー」登場、入学金・授業料は無料

  4. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  5. モノリスソフト新プロジェクト始動、開発スタッフを募集

  6. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  7. 【TGS2016】VRゲームに変化、出展ブースが緑に染まる

  8. 【レポート】東京23区並みに広大な「Seastack Bay」のライティング技術…Enlightenのデモで明かされた同社の考え方

  9. 【CEDEC 2014】『俺屍2』を象徴付ける和風テイストの「木版画3Dグラフィック」

  10. 剣や盾を振り回すVRアクション『CIRCLE of SAVIORS』10月1日に体験会が開催決定!「HTC Vive」プレゼント企画も

アクセスランキングをもっと見る

page top