人生にゲームをプラスするメディア

任天堂ブランドが大躍進―ブランド・ジャパン2007

ゲームビジネス その他

日本で最もブランドの高い企業はどこでしょう? 日経BPコンサルティングは今年で7年目を迎える日本最大規模のブランド評価調査プロジェクト「ブランド・ジャパン2007」の調査結果を発表しました。一般の消費者とビジネスパーソンへのアンケート調査から延べ1500ブランドを評価したものです。

BtoC(対消費者)編でトップだったのはトヨタ自動車で、今回初めての1位となりました。ただ昨年15位だったGoogleも急伸し、2位に肉薄する結果になっています。BtoB(対企業)編ではトヨタ自動車の独走状態だということです。BtoCは第3位「パナソニック」、第4位「キヤノン」、第5位「ソニー」となります。

ニンテンドーDSやWiiで大ヒットした任天堂はどちらの部門でも大きく躍進しました。そして全部門で最も躍進したブランドは「NINTENDO DS」だったそうです。BtoCでは昨年250位から、今年は8位と大きく順位を上げています。任天堂という企業ブランドも7位となりました。BtoB部門でも任天堂は9位まで順位を上げました。商品ブランドと企業ブランドが相互に良い影響を与えあっているという図式です。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

    狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  3. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  4. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  5. インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

  6. 『TGS2016』『ブレイブウィッチーズ VR』で空を飛ぶ「雁淵ひかり」を真後から見つめてみた

  7. VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

  8. 腕だけで操作する『パックマン』誕生、ウェアラブル玩具向けフィットネスアプリとして

  9. 【TGS2016】二次元美少女に触れられるVRデモ、壊れる

  10. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

アクセスランキングをもっと見る