最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us

任天堂の山内相談役、京都大新病棟に70億寄付

2006年2月21日(火) 20時28分

京都大学の発表によると、京都大病院の新病棟が建設に、任天堂相談役の山内溥氏が70億円を寄付したそうです。山内氏が京大病院で診療を受け、「大学病院の使命にふさわしい病棟を」と新病棟の建設費の寄付を申し出たとのこと。

京大によると、新病棟は地上8階、地下1階で、延べ床面積は約2万平方メートル、ベッドは約300床。最先端医療などの設備も整えるそうです。着工予定は2007年2月です。

山内氏は2002年まで任天堂社長を務め、その後取締役となり去年6月に退任しています。最近の山内氏は、退職慰労金12億3600万円の受け取りの辞退や、小倉百人一首の資料館「時雨殿」の建設に21億円を出資等、非常に太っ腹な感じです。

(めめのんさん タレこみThanks)

(Article written by OKOK)

ゲームビジネスアクセスランキング