人生にゲームをプラスするメディア

空前絶後のクリスマス商戦、DSは60万台突破でミリオン連発

ゲームビジネス その他

今年のクリスマス商戦はニンテンドーDSにとって最高であると同時にゲーム史を振り返っても過去に例のない空前絶後のものとなりました。最大の需要期であるクリスマスを含む12月18日〜12月25日の週間売上でニンテンドーDSは昨年12月の本体発売週の記録を大きく超える60万台を販売、ソフトでも2本がミリオンセラーを達成しました。

ハード売上は12月に入ってから30万台、40万台、60万台という風に急激な伸びを見せていて12月だけで140万台を販売しています。先日発表会が行われたように国内販売は500万台を超えています。これは過去に発売されたゲーム機の中で最速の数字となっています。

ソフトも大きく伸びていて『おいでよ どうぶつの森』が41万本を販売して累計販売本数は117万本となりDSで初のミリオンセラーを達成しました。DSの週間販売数の記録も作っています。また5月から類を見ないロングセラーとなっている『脳を鍛えるDSトレーニング』も週間の過去最高売上でミリオンに到達しました。DSとGBAで発売された『ポケモン不思議のダンジョン』もそれぞれ50万本に達して併せて100万本となりました。

その他のソフトも好調です。出足が鈍かった『マリオカートDS』も30万本を売り上げて年明けにもミリオンに届きそうな勢いです。『たまごっちのプチプチおみせっち』も70万本を超えていてミリオンまで到達できるかもしれません。『Nintendogs』も3作合計で10万本を超えて累計90万本となりました。『やわらかあたま塾』も80万本まできました。

サードパーティも好調で『スライムもりもりドラゴンクエスト2〜大戦車としっぽ団』や『ドラゴンボールZ』などが20万本に届き、『ロックマンエグゼ6』も順調に売れています。

トップ30中にDSタイトルが14タイトル含まれるなど、今年の年末商戦は正にDS一色となっています。年明け以降も注目タイトルが多く控えていることもあり、強さを保っていくだろうと思われます。来年発売予定のレボリューションに向けて良い流れを作っていけそうです。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

    カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

  2. 元スクエニの和田洋一氏、ワンダープラネットの社外取締役に就任

    元スクエニの和田洋一氏、ワンダープラネットの社外取締役に就任

  3. 【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

    【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

  4. 【CEDEC 2016】原作再現、フェイシャル誇張からフェチズムまで ─ これからの3Dアニメ表現について考える

  5. 目線で敵をロックオンするVRロボゲー『Project Falcon』がTGSに登場、コックピット視点のゲーム画面も公開

  6. 【CEDEC 2016】『ドラクエ』30年の歴史、そして堀井雄二が語るゲームデザイナーに必要な3つの資質とは

  7. 【CEDEC 2016】技術から語る『龍が如く』の10年──特殊エフェクトや物理エンジンの取り組み

  8. アイディアファクトリーとフェリステラが業務提携…家庭用RPGなどの開発拡大を目指しスタッフを募集

  9. スクウェア・エニックス、本社を新宿イーストサイドスクエアに移転

  10. 【CEDEC 2016】『シャドウバース』にも応用されたCygamesの次世代技術研究とは

アクセスランキングをもっと見る

page top