人生にゲームをプラスするメディア

【インプレッション】アイシールド21 MAX DEVILPOWER!(NDS)

任天堂 DS

DS『アイシールド21 MAX DEVILPOWER!』は、週間少年ジャンプ連載中・TVアニメ放映中の「アイシールド21」をゲーム化した作品です。

ゲームには、原作のストーリーを体験できる「ストーリーモード」と、原作でおなじみの6チームから好きなチームを選んで試合をすることが出来る「試合モード」の2つのモードがあります。ストーリーモードでも、試合モードでも、すべてタッチペン一本で操作することが出来ます。

ストーリーモードでは、タッチした方向に主人公が動き、キャラクターにタッチすると会話、といった風に非常にオーソドックスです。早速主人公がパシリをやらされていました。その際には、「ゴールまで1分以内でたどり着け!」といったミニゲームになっていました。恐らく、このようにストーリーに合わせてちょこちょこミニゲームが挿入されているのではないかと思います。

試合モードについて。キャラクターグラフィックにはトゥーンシェイドが使われていて綺麗に動いています。まず、戦術(「パス」や「ラン」等のプレーとそのプレーで使う選手、オフェンス時では、相手が使ってくるだろう戦術と選手)を選びます。そして1プレイの開始です・・・なんですが、このプレイ方法が普通じゃないです。投げる方向をタッチして・・・とか走る方向にドラッグして・・・といったものとは全然違います。連続したプレーを操作するのでなく、プレーの合間合間をミニゲームのようにプレイします。パスプレーの際には、飛んでくるボールにタッチしてキャッチしたり、ランプレーならば細かく動くマーカーに上手くタッチすることで相手をすり抜けます。相手のプレーにタックルしたい時には、画面をがんばってこすることで相手をとめることが出来ます(!)。こういった操作は、演出の合間にちょこちょこ「こすれ!」といった指示が出てくる、というイメージです。ちょっと勘違いを招くかもしれない表現になりますが、『さわるメイドインワリオ』のプチゲームの合間が「アイシールド」な演出になっている、という感じでしょうか(プチゲームが200種類あるわけでは決してありませんよ)。タックルされてとめられるなどしたら、そこで1プレー終了です(戦術を選ぶところにもどる)。

正直試合モードをプレイした時には、「なんだこりゃあぁぁ」とかなりびっくりしました。ストーリーの部分はまあオーソドックスだと思いますが、試合の部分は、少なくとも普通のアメフトゲームでは絶対ないです。長時間プレイしていくとどう感じるのだろうか、というのは謎ですが、少し触る分には新鮮ではありました。最終的にどんな出来になるのか、興味津々です。

『アイシールド21 MAX DEVILPOWER!』は2月2日発売予定で、価格は4800円です。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. ニンテンドースイッチの予約は明日から! 気になる「受付開始時刻」や予約可能店舗をチェック

    ニンテンドースイッチの予約は明日から! 気になる「受付開始時刻」や予約可能店舗をチェック

  2. Nintendo Switchのオンラインリージョン仕様が一部明らかに

    Nintendo Switchのオンラインリージョン仕様が一部明らかに

  3. 『スプラトゥーン2』では「イカアイコン」も進化!戦況の詳細がよりわかりやすく

    『スプラトゥーン2』では「イカアイコン」も進化!戦況の詳細がよりわかりやすく

  4. 「NHK映像ファイル」で任天堂の元社長“山内溥”回が放送、1月28日5時40分より

  5. スイッチ向け『信長の野望・創造 with PK』&『三國志13 with PV』PVが公開

  6. ニンテンドースイッチの価格・発売日からタイトル発表まで! 『スプラトゥーン2』『ゼルダの伝説 BoW』も飛び出したプレゼンを振り返る

  7. 【3DS DL販売ランキング】『マリオブラザーズ3』連続首位、追い上げる『タンクトゥルーパーズ』が5位浮上(1/19)

  8. 3DS『ファイアーエムブレムエコーズ』限定版にはDLCサントラを同梱、ムービー集を収録した「VALENTIA COMPLETE」も

  9. 3DS『ファイアーエムブレムエコーズ』マイニンテンドーストア限定版が1月27日に予約開始

  10. 「ニンテンドースイッチ」2017年発売予定のタイトルラインナップ映像が公開!

アクセスランキングをもっと見る