人生にゲームをプラスするメディア

【インプレッション】マリオカート アーケードグランプリ(AC)

ゲームビジネス その他

会社の昼休みにちょうとゲーセンにマリオカートアーケードグランプリが搬入されるのを目撃しました。
マリオカートDSを買いに行く途中でもあったので、その場ではスルーし会社帰りに遊んでみました。やはり注目度は高いようで、何人かが周りを取り囲んでいました。

このゲームではでは以下の3つのモードで遊ぶ事が出来ます。

・グランプリモード(一人用)
6カップ合計24コースの制覇を目指す

・タイムアタックモード(一人用)
3つのダッシュキノコを使ってタイムを競う
インターネットランキング対応(12月中旬開始予定)

・通信対戦モード
最大4台で通信対戦


今日は「グランプリモード」で遊んでみました。

まず、コインを投入してゲームスタートです。

次にカードを挿入していなければ、カードを作成するのか聞いてきます。
作成するなら作成代200円を投入し、次に名前を入力します。
名前の入力の仕方がハンドルで横列を、ボタンで縦列を選択するやり方なので
とまどう方もいるかもしれません。
(カードはゲーム終了後に出てきます)

また、ナムカム2(カメラ)が搭載されているので自分の顔を取り込むことも出来ます。

次にモード、カップを選択してスタートです。

運転に使うのは、ハンドル、アクセル、ブレーキと、アイテムボタン(クラクションの位置)と単純です。
ゲーセンにある他のドライブゲームと違いギアチェンジのレバーがありません。
これは家庭用のものそのままですね。

スタートダッシュはアーケードでも健在です。
タイミングを合わせれば素早いスタートが出来ます。

スリップストリームは確認が出来ませんでした。
(※ほかのマシンの後ろにつくことで空気抵抗を減らし、自車の速度を上げる技術)

ジャンプは、アクセルを踏みながらブレーキを一瞬踏みます。
ドリフトは、ハンドルを切りながらジャンプすればOK。
(ジャンプドリフトになります)
ジャンプドリフト中はカートにシールドが張られ、アイテム攻撃を妨げます。

登場キャラクターは、いつものマリオカートの8キャラクターに加え
パックマンやそのガールフレンドと、モンスターが参戦しています。

コース上にはコインがあり、これを取っていくと最高速度がアップしていきます。

マリオカードでお馴染みのアイテムは数が100種類以上あります(多すぎ!)
キャラ固有のアイテムもあり、筐体の上にはアイテムガイドが置いてありました。
使用できるアイテムは1コースクリアするごとに1つ増えてきます。

家庭用と同じくコース上のアイテムボックスでアイテムを入手。
タイミングを見計らってアイテムボタンを押して使用します。

やはりアーケードならではでしょうか。
あたってしまうと、ガタガタとハンドルが震えるアイテムもあります。

一度のコース走行で使用できるアイテムは3つまで。
あらかじめ決められているか、自分で選ぶのかは、コースによって変わってきます。

またコースをクリアするごとに走りの内容により称号が与えられます。
「きらめく流星レーサー」など。
称号はどんどん書き換えていくことが出来ます。

また次の1コースを遊ぶ毎に100円取られます。
ですので1カップ4コースを遊ぶのに200円+100円+100円+100円=500円使いました。
最近「筐体が貯金箱だったらいいのに」という方にお会いしましたが
お気持ちが良く理解できます(^^ゞ

グランプリモードで、4ラウンドすべてに優勝すると、『バックでバナナを避けながらゴールをする』『大きな玉を押してゴールまで運ぶ』といった内容のチャレンジゲームに挑戦でき、それをクリアするとスペシャルアイテムが獲得できます。

難易度についてはは、一番簡単なグランプリモードのマリオカップで遊んでみましたが
ドリフトまったく使用せず、ノーブレーキでカーブさえはやめにハンドルを切っていれば
比較的楽に1位になれましたので、慣れていない方でもコースを選べばそれなりに楽しめるかと思います。

ただ、順位によってカートのの速度が変わったりするらしく、マリオカートならではのバランスのよさは健在です。

ひたすらコースをクリアしてアイテムを集めるのもよし、ストィックにタイムアタックを極めネットランキングで競うのもよし、通信対戦で友達同士でワイワイと競うのもよし。
長くやりこめるレースゲームが登場したと言ってもいいでしょう。
《こう》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

    【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

  2. サイバーエージェント、VR関連事業を行う子会社VR Agentを設立

    サイバーエージェント、VR関連事業を行う子会社VR Agentを設立

  3. 【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

    【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

  4. ホラーゲーム「青鬼」テレビアニメ化決定!ショートアニメを皮切りに2017年には劇場版も

  5. UBI、単独イベント「UBIDAY2016」を11月開催!『ウォッチドッグス2』や『フォーオナー』出展

  6. 企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

  7. 【レポート】VRの“もどかしさ”や“行動制限による違和感”を逆手に取ったPSVR『星の欠片の物語、ひとかけら版』のデザインとは

  8. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  9. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  10. ゲオ、「PS VR」を10月29日(土)追加販売へ―32店舗で

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top