人生にゲームをプラスするメディア

英国のパブリッシャーSCiにEAとミッドウェイ等が買収交渉

ゲームビジネス その他

英国最大のパブリッシャーであるSCiエンターテインメントは、エレクトロニック・アーツ、ミッドウェイ・ゲームス、及び投資会社のApaxパートナーの3陣営との間で買収交渉を行っている事を明らかにしました。SCiの取締役会は「成否は分からないが、3社と交渉を行っている」とのコメントを出しました。

ロイターの報道によれば現在のところ交渉ではミッドウェイが優位に立っているようです。しかしEAが欧州地域での販売を強化しようと考えていれば逆転は容易かもしれません。

SCi株を10%保有するArtemis Investment ManagementのファンドマネージャーであるJohn Dodd氏は「我々はSCiの決定に従うでしょう。(CEOの)Cavanaghは恐らく米国のビッグプレイヤーと共に成長するのが望ましいと判断すると思います」と述べています。

対するミッドウェイは次世代機に向けて開発体制の強化が重要だとして昨年から今年にかけて、Pitbull Syndicate、Adelaide、Ratbag Games、Paradox Development、Inevitable Entertainment、Surreal Softwareといった開発スタジオを次々に買収しています。

SCiは5ヶ月前に同じく英国のパブリッシャーであるアイドス・インタラクティブを買収したばかりでした。この報道を受けて同社の株は33%も上昇しました。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【特集】『オーバーウォッチ』日本語版はこうして生まれた…スクウェア・エニックス 西尾勇輝氏に聞く「ゲームローカライズ」とは

    【特集】『オーバーウォッチ』日本語版はこうして生まれた…スクウェア・エニックス 西尾勇輝氏に聞く「ゲームローカライズ」とは

  2. 成熟する日本のゲーム開発者コミュニティ・・・CEDECとDiGRA JAPANとIGDA日本、3者の方向性と役割の違いをキーマン三人が語る

    成熟する日本のゲーム開発者コミュニティ・・・CEDECとDiGRA JAPANとIGDA日本、3者の方向性と役割の違いをキーマン三人が語る

  3. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  4. 【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

  5. Epic Games、E3でののアンリアル・エンジン採用タイトルを公表・・・国産では『Devil's Third』『LET IT DIE』『Scalebound』など

  6. スマホ版「ログレス」はこうして作られた。PCゲームしか開発経験のないチームが取り組んだゲームデザインの挑戦

  7. VRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』バトル映像が公開…実際に腕を動かし、ボスを斬る!

  8. 任天堂ミュージアムに行ってきました!

  9. バンダイナムコ、大型VR施設「VR ZONE Shinjuku」を期間限定オープン!

  10. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

アクセスランキングをもっと見る