人生にゲームをプラスするメディア

任天堂が10月から携帯電話向けサービス「Nintendoモバイル」を開始

ゲームビジネス その他

日経新聞によれば、任天堂は携帯電話向けのコンテンツ配信を10月から開始するようです。「スーパーマリオ」シリーズの効果音やキャラクターが登場する待ち受け画像、新作ソフトの情報などを掲載して、販促に生かしていくとのこと。

サービス名は「Nintendoモバイル」となり、NTTドコモでは10月17日、auでは10月20日、ボーダフォンでは11月1日から開始されます。月額210円の会員制で、新作ソフト情報や一部の着メロは無料で提供されるとのこと。来年3月末までに会員数10万人を目指すそうです。

運営はオムロンの子会社オムロンエンタテインメント(東京都)が強力するとのこと。

任天堂はこれまでも「ちびロボ」など何度か携帯電話向けの期間を切手コンテンツを提供してきましたので、今回は自然な流れと言えるでしょう。315円ではなく210円というのも嬉しい所です。

ゲームの配信もあればかなり素敵なサービスになりそうですが、任天堂の考えからすると旧作の配信は難しいでしょうね。任天堂が携帯電話向けに新作を作るとどんなものになるのかは、非常に興味があります。「プレイやん」のガレージゲームはまんま配信できそうな感じもします。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 金正男、トランプ移民施策… 話題の陰でプチ進化するゲーム業界【オールゲームニッポン】

    金正男、トランプ移民施策… 話題の陰でプチ進化するゲーム業界【オールゲームニッポン】

  2. 【e-Sportsの裏側】「放送」×「ゲーム」はまだまだ伸びる―韓国ゲーム専門チャンネル放送会社のCEOが語る日本e-Sports市場のこれからとは

    【e-Sportsの裏側】「放送」×「ゲーム」はまだまだ伸びる―韓国ゲーム専門チャンネル放送会社のCEOが語る日本e-Sports市場のこれからとは

  3. VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

    VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

  4. 【レポート】コーエーテクモウェーブ、PSVRを使うVR筐体を発表!振動・匂い・触覚・ミスト・温冷で感覚を刺激

  5. ストーリー性も魅力なアイドルVR作品「トキメキメテオ」今春より展開、第一弾は倉持由香・星名美津紀が起用

  6. 【PSX 2016】『バイオハザード7』プロデューサーインタビュー―最終体験版の裏側

  7. 【レポート】未来のゲームクリエイターがApple Ginzaに大集合!Kids Developer Pitch Winter 2017

  8. 劇場版「SAO」のアスナとVRで会える! 視線追跡型VRヘッドセット「FOVE」が新たな刺激を提案

  9. 【CEDEC 2010】ポケモン石原恒和とドラクエ市村龍太郎が語る「人を楽しませるプロデュース」

  10. マイクロソフトのVR「HoloLens」が本格化!NASAが火星探索を体験できる専用アプリを開発

アクセスランキングをもっと見る