人生にゲームをプラスするメディア

英国の博物館が任天堂の「PlayChoice 10」を捜索中

ゲームビジネス その他

英国スウィンドンにあるバース大学内にあるコンピューターの博物館「The Museum of Computing」が9月の展示として任天堂のゲームを計画しているそうです。展示ではファミコンから始まってバーチャルボーイも含む任天堂にまつわる物が展示されますが、博物館ではどうしても見つからない物があるそうです。

それは「PlayChoice 10」というハードです。これはアーケード向けに任天堂が開発したものでファミコンで発売されたゲーム(サードパーティの物も含まれていたようです)が10種類収録されているものです。私は実際に見たことはありません。旅館なんかにあったファミコンボックスなら目にする事がありましたが。今でも有る所には有るのでしょうか?

またこれ以外にも珍しいものがあれば展示の期間の間だけ貸して欲しいと呼びかけています。ちなみにバーチャルボーイはコレクターのNoel Long氏に借りたそうです。手作りの博物館といった感じです。

この展示会で展示されるものは90パーセントが現在でも稼動するもので、毎週土曜日にはそれらに触って遊ぶ事ができるそうです。入場料は無料です。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  2. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  3. インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

    インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

  4. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  5. ゲーム開発は大変だけど楽しい!アークシステムワークス『GUILTY GEAR』開発チームが学生に語る

  6. 川口博史、崎元仁、土屋昇平ら著名コンポーザーが日本のゲーム音楽を振り返る―黒川塾(二十弐)

  7. VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

  8. ソニックファンの少年、ハリネズミを飼う権利を勝ち取る

  9. 『レゴ バットマン2』が3週連続トップ!新作は『シアトリズム』がランクイン 7月1日~7日のUKチャート

  10. ホラーゲーム「青鬼」テレビアニメ化決定!ショートアニメを皮切りに2017年には劇場版も

アクセスランキングをもっと見る