人生にゲームをプラスするメディア

任天堂が中間決算を発表、ニンテンドーDSの今期出荷は500万台に(2)

ゲームビジネス その他

任天堂は平成17年3月期の中間決算を発表しました。それによると半期の連結業績は売上高が1880億900万円、営業利益が400億1300万円、経常利益が792億1800万円、純利益が464億4500万円となり、売上高では前年同期を下回りましたがそれ以外は全て上回っています。

また、単独では売上高が1830億3500万円、営業利益が472億7000万円、経常利益が885億2700万円、純利益が536億800万円、となり全ての項目で前年同期を上回りました。

平成17年3月期通期の業績予想は売上高が5400億円、経常利益が1500億円、純利益が900億円となる見通しです。

中間期は「ファミコンミニ」が世界中で好調、『ポケモン』関係や、GBASPの値下げによる販売好調、GCでは欧州の『ポケモンコロシアム』や国内の『ピクミン2』が好調であったとのことです。

受注が好調なニンテンドーDSは上方修正した今期出荷見込みの400万台を更に上方修正して500万台を2005年3月末までに出荷するとのことです。当初の見込みは350万台でした。ソフトは1500万本の見込みです。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

    【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

  2. サイバーエージェント、VR関連事業を行う子会社VR Agentを設立

    サイバーエージェント、VR関連事業を行う子会社VR Agentを設立

  3. 【レポート】VRの“もどかしさ”や“行動制限による違和感”を逆手に取ったPSVR『星の欠片の物語、ひとかけら版』のデザインとは

    【レポート】VRの“もどかしさ”や“行動制限による違和感”を逆手に取ったPSVR『星の欠片の物語、ひとかけら版』のデザインとは

  4. ホラーゲーム「青鬼」テレビアニメ化決定!ショートアニメを皮切りに2017年には劇場版も

  5. GOTYは『DARK SOULS III』に!「Golden Joystick Awards 2016」受賞作品発表

  6. ゲオ、「PS VR」を10月29日(土)追加販売へ―32店舗で

  7. 宮本茂氏、ゲーム開発者が選ぶヒーロー第1位に選ばれる

  8. DMM.comにてVR動画の有料配信サービスが開始 ─ 「Hop Step Sing!」MV、「ミルキィホームズ」ライブなどがラインナップ

  9. 【レポート】紳士ゲー『ぎゃる☆がんVR』ついにお披露目!窓に挟まった美少女を後ろから覗いてみた

  10. HTC Vive対応ラーメン屋シム『カウンターファイト』が近日配信!―VRで手軽に湯切りや泥棒退治

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top