人生にゲームをプラスするメディア

ポケモン映画最新作は「剣と魔法の要素を取り入れたファンタジー」

ゲームビジネス その他

昨日から幕張メッセで開催されている東京国際エンタテインメントマーケット2004のポケモンブースにて「ザッツ・ポケモン☆エンターテインメント〜世界の国からピッ!ピカチュウ〜」が開催されました。

イベントではテレビ番組「ポケモン☆サンデー」でお馴染みのソーナンス副社長とキモリリーダーが登場して、世界各地を繋ぐテレビ形式でステージが進行しました。アメリカとの中継では海を越えて子供達が交流し、ドイツからは映画の湯山邦彦監督が最新作についてコメントしました。

湯山監督は「いまドイツのリンダホーフ城で、『ポケモン』映画最新作のロケハンをしています。最新作は剣と魔法の要素を取り入れたファンタジーで、お城など中世が舞台。いままでにない『ポケモン』映画をお見せします」と話し、最新作がこれまでとは少し違ったものとなることを明らかにしました。

既にニンテンドーDSと連動する仕組みがあることも明らかにされていて、来年夏のポケモン映画最新作は見逃せないものになりそうです。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  2. ブシロードとグリーがスマホゲーム開発で業務提携、『戦姫絶唱シンフォギア』をポケラボが開発

    ブシロードとグリーがスマホゲーム開発で業務提携、『戦姫絶唱シンフォギア』をポケラボが開発

  3. 【TGS2016】バンナム、『Project LayereD』発表…ユーザー参加型で、アニメとゲームが連動する

    【TGS2016】バンナム、『Project LayereD』発表…ユーザー参加型で、アニメとゲームが連動する

  4. 【レポート】「黒川塾(四十)」バイトからゲーム界レジェンドへ。坂口博信、そのクリエイター人生を振り返る

  5. 【レポート】「CEDEC+KYUSHU2016」日野晃博氏による開幕講演…九州のゲーム開発者よ、オリジナルIPを開発しよう!

  6. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  7. 横スクACT『INSIDE』のサウンドは“人間の頭蓋骨”を通して録音されていた!

  8. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

  9. Nintendo Switchは鏡。見る人の心を写し出す【オールゲームニッポン】

  10. ヒューマンアカデミーにて「【CGWORLDゼミ】A-1 Pictures」が実施―「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」などを題材に裏話など盛り沢山

アクセスランキングをもっと見る