人生にゲームをプラスするメディア

米国で『スーパーマリオ64DS』が同発決定、ソフトは29.99ドル前後に (2)

任天堂 DS

NintendoDS AdvancedやUSAトゥデーによれば、任天堂オブアメリカはメディア向けにニンテンドーDSに関する詳細を明らかにしたそうです。実際に幾つかのタイトルは体験することができたようです。

米国での同発タイトルとしてこれまでに明らかにされたのは以下のタイトルです。これ以外に同発には8〜10タイトルを用意し、来年初めまでに20〜25タイトルがリリースされるとのことです。

・スーパーマリオ64DS(任天堂) = スーパーマリオ64x4
・ザ・アーブズ: シムズ・インザ・シティ(EA)
・マッデンNFL(EA)
・スパイダーマン2(アクティビジョン)
・Asphalt GT(ユービーアイソフト)

これ以外にもセガ、THQから同発タイトルが用意されているそうです。気になるソフトの価格帯ですが、29.99ドル程度になるそうです。日本円に直すと3400円程度です。日本でもこのくらいの価格になってくれると嬉しいですね。

任天堂オブアメリカの上級副社長セールス&マーケティングのReginald Fils-Aime氏は「私達は手に抱えることができるだけのDSを売るつもりです。来年の3月末までに400万台を世界中のマーケットで販売するつもりです」とコメントしています。

続報が入り次第お伝えします。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『ゼルダの伝説 BotW』勇者のためのライフハック!冒険がちょっと楽しくなる6項目

    【特集】『ゼルダの伝説 BotW』勇者のためのライフハック!冒険がちょっと楽しくなる6項目

  2. 『スプラトゥーン2』先行試射会で遊べる「バッテラストリート」の映像公開─体験会バージョンからステージの形が変化

    『スプラトゥーン2』先行試射会で遊べる「バッテラストリート」の映像公開─体験会バージョンからステージの形が変化

  3. Wii UのVCで約3ヶ月ぶりに新タイトルが配信、PCE『邪聖剣ネクロマンサー』『ラングリッサー』が3月29日登場

    Wii UのVCで約3ヶ月ぶりに新タイトルが配信、PCE『邪聖剣ネクロマンサー』『ラングリッサー』が3月29日登場

  4. 夢遊病3Dパズル『Back to Bed』がWii Uでも登場、クロスファンクションより3月29日配信決定

  5. 【Wii U DL販売ランキング】3週連続で『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』が首位に、『ドラクエX』浮上へ(3/21)

  6. IGA新作『Bloodstained』Wii U版がキャンセル―スイッチへと開発移行

  7. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  8. スイッチ『聖剣伝説コレクション』6月1日発売決定!『聖剣伝説1・2・3』が収録されクイックセーブ機能などにも対応

  9. 【傍若無人】スイッチ『空飛ぶブンブンバーン』 HD 振動で暴走魔法少女になってよ!(第55 回)

  10. 『スプラトゥーン2』先行試射会で使えるブキ4種を発表、ローラーやマニューバーなど─操作方法に関する変更も

アクセスランキングをもっと見る