人生にゲームをプラスするメディア

任天堂のブランド価値は64億7900万ドル―ニューズウィーク調べ

ゲームビジネス その他

米誌ビジネス・ウィークは2004年8月日号で世界の「トップブランド100」を発表しました。首位は4年連続でコカ・コーラ、2位はマイクロソフトで、任天堂も46位にブランド価値64億7900万ドルでランクインしました。以下はトップ10+任天堂です。

順位 ブランド名 今年度価値 前年度価値 変動 国

1. コカ・コーラ 673億9400万ドル 704億5300億ドル -4% 米国
2. マイクロソフト 613億7200万ドル 651億7400万ドル -6% 米国
3. IBM 537億9100万ドル 651億7400万ドル 4% 米国
4. GE 441億1100万ドル 423億400万ドル 4% 米国
5. インテル 334億9900万ドル 311億1200万ドル 8% 米国
6. ディズニー 273億11300万ドル 280億3600万ドル -3% 米国
7. マクドナルド 250億0100万ドル 246億9900万ドル 1% 米国
8. ノキア 240億4100万ドル 246億9900万ドル -18% フィンランド
9. トヨタ 226億7300万ドル 207億8400万ドル 9% 日本
10. マルボロ 221億7300万ドル 221億8300万ドル 0% 米国
46. 任天堂 64億7900万ドル 81億9000万ドル -21% 日本

ゲーム業界では任天堂のみがランクインしていました。日本勢ではトヨタ(9)、ホンダ(18)、ソニー(20)、キャノン(35)、任天堂(46)、パナソニック(77)、日産(90)がランクインしていました。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. スクウェア・エニックス、家庭用RPGに特化した開発スタジオの立ち上げメンバーを募集

    スクウェア・エニックス、家庭用RPGに特化した開発スタジオの立ち上げメンバーを募集

  2. マーベラス、PS Vita向けF2P『ハイスクールD×D NEW FIGHT』を発表、他にも新規IPやワールドワイド向けタイトルを進行

    マーベラス、PS Vita向けF2P『ハイスクールD×D NEW FIGHT』を発表、他にも新規IPやワールドワイド向けタイトルを進行

  3. 第20回文化庁メディア芸術祭作品募集が7月7日より開始―ゲームはエンターテインメント部門から

    第20回文化庁メディア芸術祭作品募集が7月7日より開始―ゲームはエンターテインメント部門から

  4. 【CEDEC 2010】横浜は夜も大盛り上がり~Developers Night

  5. 【e-Sportsの裏側】韓国トップランナーが説く、Eスポーツビジネス論―「市場は選手が作る」

  6. 山内溥・任天堂前社長が85歳で亡くなる

  7. 日本におけるゲーム内広告の可能性を探る -BBAオンラインゲーム専門部会 第13回研究会

  8. コーエーテクモゲームス「TGS2016」出展決定、出展タイトルを公開―開催期間中ステージ中継やオリジナル番組も配信

  9. 【レポート】東京23区並みに広大な「Seastack Bay」のライティング技術…Enlightenのデモで明かされた同社の考え方

  10. 【CEDEC 2011】「はやぶさ」ミッションを成功させたイオンエンジン開発物語

アクセスランキングをもっと見る