人生にゲームをプラスするメディア

ユービーアイが2003年度業績を発表

ゲームビジネス その他

ユービーアイソフトは3月31日で終わる2003年度の業績を発表しました。売上高は4億3300万ドルで、前年度と比べて22.5%アップとなりました。ユービーアイソフトは少数のタイトルに集中する戦略を取りましたが、選ばれた8タイトルは全て100万本を越えたそうです。

地域別の売上では北米が47%で欧州が49%とほぼ拮抗しました。最も売れたのは『プリンス・オブ・ペルシャ: サンズオブタイム』で240万本、次いで『レインボウシックス3』が220万本、『スプリンターセル パンドラ・トゥモロー』が170万本でした。

開発力を強化する為、モントリオールと上海のスタジオでスタッフを400名増強する事も明らかにしました。

今後も『プリンス・オブ・ペルシャ: サンズオブタイム2』や『ファー・クライ インスティンクト』など粒よりのタイトルが揃っていますので、ユービーアイソフトの好調は暫く続きそうです。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. 海外サイトが選ぶ「ゲームの政治家トップ10」−1位はやっぱり……?

    海外サイトが選ぶ「ゲームの政治家トップ10」−1位はやっぱり……?

  3. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  4. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  5. 【PSX 2016】『バイオハザード7』プロデューサーインタビュー―最終体験版の裏側

  6. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  7. 【レポート】アーケード型VRホラーゲーム『脱出病棟Ω』を4人でプレイ!怖すぎて店内に悲鳴が響き渡る

  8. 【GDC 2014】家庭用ゲームと連携するコンパニオンアプリ、意味のあるアプリとは? 『アサシンクリード4』の事例

  9. 【デジゲー博2016】方向キーもジャンプも使わない2Dアクション『ライジング・アーチ』の瞬間移動を体験してみた

  10. 【CEDEC 2016】原作再現、フェイシャル誇張からフェチズムまで ─ これからの3Dアニメ表現について考える

アクセスランキングをもっと見る