人生にゲームをプラスするメディア

元カプコンUSA/EU社長がO-3エンターテインメントを設立

ゲームビジネス その他

昨年9月にカプコンUSA/ヨーロッパのCEOを退職した、ビル・ガードナー氏は新しいパブリッシャー/ディストリビューター・O-3エンターテインメントを設立したと発表しました。この会社はゲームキューブ、PS2、XBoxなどの家庭用ゲーム機や携帯電話向けのゲームなど、様々な種類のゲームを取り扱います。

O-3エンターテインメントは主に小〜中規模のデベロッパーのタイトルを扱い、発売・販売・マーケティング・広報活動などのでデベロッパーから小売店までを繋ぐ機能を提供します。

「まだテーブルには昨年発売された超大作の続編ではない高品質のゲームが沢山残されています。O-3エンターテインメントのパブリッシングへの挑戦は小売店でゲーマーがより幅広く創造的な選択をする事を可能にするでしょう」とビル・ガードナー氏はコメントしています。

O-3エンターテインメントは社長兼CEOのビル・ガードナー氏以外にも2名の元カプコン役員が在籍しています。セールス・マーケティング担当副社長のクリス・ジェリネック氏と、CFOのHanako Watanabe氏です。ビル・ガードナー氏はカプコンヨーロッパとパナソニックアメリカの立ち上げを経験しているそうです。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  3. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  4. インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

  5. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  6. 『クラッシュ・バンディクー』の生みの親たちが新スタジオを始動

  7. 閉店になった洋ゲー専門店「ゲームハリウッド」、海外ゲームソフトは「未来百貨」で販売継続

  8. VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

  9. 【DEVELOPER'S TALK】『ドラッグ オン ドラグーン』のスタッフが再集結!PS3とXbox360で異なる主人公を描いた『ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト』に迫る

  10. ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

アクセスランキングをもっと見る