人生にゲームをプラスするメディア

【イベントレポート】 Kフェス2003

ゲームビジネス その他

9日そして10日と幕張メッセで講談社主催で講談社スーパーキャラクターフェスティバル(Kフェス2003)が開催されました。以下はそのレポート。レポーターはまさとさんです(サイトはこちら)。

任天堂ブース

今回「メトロイド」繋がりか初めて出展した任天堂のブースは幕張メッセの階段を下りた直ぐ手前の一等地にあります。出展されているのは『ピクミン2』・『マリオゴルフ〜ファミリーアー』・『F-ZERO GX』・GBA『スーパーマリオアドバンス4』です。

今回の目玉は国内初登場の『ピクミン2』でしょうか。1人用と2人用の協力プレイの両方が楽しめました。操作などは前作を踏襲していて直ぐに馴染めました。発売は2003年末で価格は未定とありました。



『マリオゴルフ〜ファミリーアー』のコーナーでは次世代ワールドホビーフェアと同様に「ホールインワンチャレンジ」が行われていました。ホールインワンを出すと『マリオゴルフ』のGC版とGBA版そしてGC本体が貰えるという豪華な物ですが、5人がホールインワンを出してました。

『F-ZERO GX』ではデータの入ったメモリーカードを持参すると特製のエンブレムが貰えるというサービスを行っていました。もらえたのは下のマリオ・GCロゴ・アイアイの3つ。貴重な物なのですが告知不足のためかメモリーカードを持ってきている人は少なかったですね。




GBA『スーパーマリオアドバンス4』のコーナーでは自分のカートリッジを持っていくとマントマリオのカードが貰えるというサービスをしてました。カードを一度カードeリーダー+で読み込むとマントが3つ出ます。中断セーブだと一時記録なのでしっかりセーブしないと記録されないので注意が必要でした。

また、コミックボンボンで「ドクターマリオくん」が連載されている事もあって『ニンテンドーパズルコレクション』に収録されている『ドクターマリオ』を使って大会が行われました。大会は午前と午後に一回ずつ行われて、それぞれ160人と240人が参加し、予選3回を勝ち抜くと決勝戦に進めます。また優勝者は任天堂の社員で13年間毎日ドクターマリオをしているというドクター井上さんと対戦する事が出来ました。そしてそこで勝つとGBASPが貰えます。

私も参加してなんと午前・午後ともに決勝に上がる事が出来ました。午前は一回戦で負けてしまいましたが、午後は見事優勝。しかしさすがドクターは強い、対戦開始直後4連鎖を連発され負けてしまいました。決勝戦に出た4人には特製の絵皿がもらえました。


午前の部は11時30分から 午後の部 マリオから激励を受ける
決勝ステージイベント開始 この方がドクター井上さん 記念にもらえた絵皿


その他ブース

その他のブースはあまりチェックしていませんが、セガブースでは『ファンタシースターオンラインエピソードIIIカードレボリューション』・『激闘プロ野球』・PS2『頭文字D』が出展されていました。『PSOIII』はトライアルバージョンが出展されていて、体験するとエアーマグとうちわがもらえました。

ほか、SCEブースでは国内初公開の『グランツーリスモ3』の映像、コナミブースでは『実況パワフルプロ野球10』のPS2版体験版などが配布されていました。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  2. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

    【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  3. 「攻殻機動隊」VRアプリが配信スタート  サイバー感溢れる映像が360度で展開

    「攻殻機動隊」VRアプリが配信スタート サイバー感溢れる映像が360度で展開

  4. 【特集】『オーバーウォッチ』日本語版はこうして生まれた…スクウェア・エニックス 西尾勇輝氏に聞く「ゲームローカライズ」とは

  5. 【レポート】アーケード型VRホラーゲーム『脱出病棟Ω』を4人でプレイ!怖すぎて店内に悲鳴が響き渡る

  6. ゲーム開発は大変だけど楽しい!アークシステムワークス『GUILTY GEAR』開発チームが学生に語る

  7. 任天堂第2四半期決算 ― 国内売上は大幅増、海外で3DS販売不振と円高が響き売上減

  8. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  9. 【レポート】進化を続けるLive2Dの現状と未来…「2Dと3Dのいいとこ取りを目指す」

  10. 安価で手軽なスマホVRゴーグル「400-MEDIVR1_2」発売

アクセスランキングをもっと見る