人生にゲームをプラスするメディア

俺の電子遊戯に関するニュースまとめ一覧

【俺の電子遊戯】第14回 俺に俺が問う、ビデオゲーム禅問答 画像

【俺の電子遊戯】第14回 俺に俺が問う、ビデオゲーム禅問答

ゲームセンターでは相変わらず格ゲーが幅を利かせ、あとはクイズゲームとパズルゲーム、80年代そのロゴを見るだけで私の体温が上昇した、ナムコのタイトルもRead more »

【俺の電子遊戯】第13回 格ゲーブームが起こしたパラダイムシフト 画像

【俺の電子遊戯】第13回 格ゲーブームが起こしたパラダイムシフト

いつもの様にゲームセンターで『ストリートファイターII』をプレイしていたら、小学生ぐらいであろうか? こどもがいきなりコインを入れ乱入をしてきた。Read more »

【俺の電子遊戯】第12回 1991年の秋葉原とアーケード『ストII』の波 画像

【俺の電子遊戯】第12回 1991年の秋葉原とアーケード『ストII』の波

自室でのゲーム環境も、スーパーファミコンの勢いに押されたのか、店頭でディスカントされお買い得になっていたメガドライブを買い直し、夏には『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』が発売され購入する。Read more »

【俺の電子遊戯】第11回 マリオの国からこんにちは、スーパーファミコンついに発売 画像

【俺の電子遊戯】第11回 マリオの国からこんにちは、スーパーファミコンついに発売

1990年春、すっかりバンドブームの熱狂に巻き込まれていた私は、それまで、自宅、学校、ゲーセン、ファミコンショップ。だった行動範囲に、楽器屋兼バンドの練習スタジオが入り、ゲームをする時間は激減していた。Read more »

【俺の電子遊戯】第10回 ゲームよりモテたい! ジョイスティックをベースに持ち替えた日 画像

【俺の電子遊戯】第10回 ゲームよりモテたい! ジョイスティックをベースに持ち替えた日

メガドライブ版『テトリス』の販売中止から6ヶ月後、私は雨の秋葉原に立っていた。高校生活の一大イベント、修学旅行で東京へやってきたのだ。Read more »

【俺の電子遊戯】第9回 セガファン晴れのち豪雨―『テトリス』ブームと幻のメガドラ版 画像

【俺の電子遊戯】第9回 セガファン晴れのち豪雨―『テトリス』ブームと幻のメガドラ版

年明けに昭和天皇が崩御され、昭和から平成になった1989年。愛読していたビデオゲーム情報誌「Beep」が89年1月号で行ったリニューアルから誌面に独特の熱気が消え、同年6月号で誌上で宣言を行いそのまま休刊してしまった。Read more »

【俺の電子遊戯】第8回 時代が求めた16-BIT「メガドライブ」がやってきた! 画像

【俺の電子遊戯】第8回 時代が求めた16-BIT「メガドライブ」がやってきた!

高校生にもなると、周囲のゲーム熱が多少落ちてきていることに気が付き出す。男子しかいない工業高校機械科のクラスでも、高校生になってまでゲームに夢中だったのは40人ほどいたクラス内でも2割程度だった。Read more »

【俺の電子遊戯】第7回『スペースハリアー』に逢いたくて 画像

【俺の電子遊戯】第7回『スペースハリアー』に逢いたくて

当時、中学3年生だった私の周辺での勢力図としては、男子はファミコンをほぼ所有、ディスクシステムが2割程度、セガマークIII(マスターシステム)、PCエンジン、MSXユーザーはクラスにひとり、ふたり居るかいないかRead more »

【俺の電子遊戯】第6回 RPGへの憧れと『ドラクエ』プレイ観戦 画像

【俺の電子遊戯】第6回 RPGへの憧れと『ドラクエ』プレイ観戦

「独占スクープ ファミコン史上最強のゲームが登場!!」と大見出しが踊り、小見出しに「これこそが本当のロールプレイングゲームだ!」と記された『ドラゴンクエスト』なるゲームが紹介されていた。Read more »

【俺の電子遊戯】第5回 ゲームミュージックへの目覚めと驚きの3画面筐体 画像

【俺の電子遊戯】第5回 ゲームミュージックへの目覚めと驚きの3画面筐体

1987年、中学生だった私の夏休みは当時大流行していたアイドルグループ「おニャン子クラブ」の最終章となるファイナルコンサートの事で頭がいっぱいだった。この頃の夏休みといえばハドソンのファミコン大会「全国キャラバン」に夢中だったのだがRead more »

【俺の電子遊戯】第1回 ファミコンと『ドンキーコング』 画像

【俺の電子遊戯】第1回 ファミコンと『ドンキーコング』

小学5年生だった私は、エポック社の『カセットビジョン』が欲しかった。さして親しくもない兄の同級生が所有しており、ゲーム目当てに図々しくも遊びに行ってはプレイをし、なかでも『木こりの与作』には本体据え付けのレバーを折るほど夢中になっていたのだ。Read more »

    Page 1 of 1