人生にゲームをプラスするメディア

ニコニコ運営代表も認知!? 『ニコニコの女王』こと、にじさんじVTuber・周央サンゴの魅力

「ニコニコ」運営代表も認知!インターネットミームを縦横無尽に使いこなす女子中学生の正体に迫ります。

その他 VTuber
ニコニコ運営代表も認知!? 『ニコニコの女王』こと、にじさんじVTuber・周央サンゴの魅力
  • ニコニコ運営代表も認知!? 『ニコニコの女王』こと、にじさんじVTuber・周央サンゴの魅力
  • ニコニコ運営代表も認知!? 『ニコニコの女王』こと、にじさんじVTuber・周央サンゴの魅力

「バーチャルYouTuber」という名称の通り、VTuberの活動場所といえば真っ先に「YouTube」が思い浮かぶもの。しかし中には、「ニコニコ動画」にて注目を集めているちょっと変わったVTuberも…。その人こそが、2020年8月6日に「にじさんじ」でデビューを果たした“ニコニコの女王”こと周央サンゴさんです。

いかにして彼女は“女王”となったのか

周央さんは「世怜音女学院中等部」の1年生にして、「演劇同好会」の一員。おっとりとした雰囲気ながら、TRPGや台詞読みといった企画でずば抜けた滑舌と演技力を披露しています。普段の配信では「みなさま~」から始まる怒涛のような自己紹介が恒例となっており、初めて配信を視聴する人は度肝を抜かれることでしょう。

【歌ってみた】周央サンゴの暴走/cover【周央サンゴ/にじさんじ】

しかもたんにすらすらと話すだけでなく、その内容がまた濃厚です。とくに持ち味が発揮されるのは、“高速詠唱”と言われるほどのスピーディーなオタク語り。周央さんは「ポチャッコのことを知ってから、ンゴとの交友関係は始まると思ってください」と豪語するほどのサンリオオタクで、配信中にサンリオの話題になると驚くべき速さでトークを展開します。

かわいい女の子にも目がないようで、ガチャ配信などでは独特のゾーンに突入することも。たとえば『アイドルマスター シャイニーカラーズ』のリセマラ配信を行った際には、杜野凛世のSSR「夜明けの晩に」を引いた際に何らかのスイッチが入った模様。「夜明けの晩に?鶴と亀が滑った?」「俺も滑ったよお前たちのかわいさでよ」「鶴と亀とンゴが滑ったよ、かわいすぎて」「後ろの正面だあれ。ンゴだよ~」という迷言をまくし立てていました。

【シャニマス】初めてのアイマスで今度こそリセマラするンゴ【周央サンゴ】

また、尖ったワードセンスやトークスキルも兼ね備えているため、配信の“切り抜きポイント”が多いところも特徴。今年6月頃からは「ニコニコ動画」のユーザーがそのポテンシャルに目を付け、空前の切り抜きブームが巻き起こりました。サイト内では「周央、お前はニコ動の柱になれ」「出たわね」「セレじょのやべーやつ」などと応援する声が相次いでおり、その勢いはとどまることを知りません。


《サワディ大塚》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『ポケカ』初心者&復帰組にオススメ!『VMAXクライマックス』だけで(ほぼ)組める強デッキ3選

    『ポケカ』初心者&復帰組にオススメ!『VMAXクライマックス』だけで(ほぼ)組める強デッキ3選

  2. 『ポケカ』ヤバすぎる“SR10枚パック”を求めて、『VMAXクライマックス』開封!ガラルの仲間たちは微笑むのか

    『ポケカ』ヤバすぎる“SR10枚パック”を求めて、『VMAXクライマックス』開封!ガラルの仲間たちは微笑むのか

  3. 楽天ドラ1位・早川隆久投手が“ハヤカワブライアン”に!?球団ファン感謝祭で“ウマ漢”7人が「うまぴょい伝説」を披露

  4. アーケードゲームを詰め込んだタイトー「EGRETII mini」収録タイトル追加発表―『奇々怪界』『影の伝説』など10ゲーム

  5. 『ガンダム EXVS.2 クロスブースト』タイムアップ時の勝敗判定仕様が変更!既存17機体にもバランス調整【12月9日アプデ情報まとめ】

アクセスランキングをもっと見る