人生にゲームをプラスするメディア

Steam版『モンハンライズ』の爆速ロードに二度見!ウルトラワイドディスプレイ対応で狩猟体験がさらに濃厚に【TGS2021】

発表されたばかりのSteam版『モンスターハンターライズ』の試遊版を通して、本作が持つ魅力の一端をお届けします。

その他 特集
Steam版『モンハンライズ』の爆速ロードに二度見!ウルトラワイドディスプレイ対応で狩猟体験がさらに濃厚に【TGS2021】
  • Steam版『モンハンライズ』の爆速ロードに二度見!ウルトラワイドディスプレイ対応で狩猟体験がさらに濃厚に【TGS2021】
  • Steam版『モンハンライズ』の爆速ロードに二度見!ウルトラワイドディスプレイ対応で狩猟体験がさらに濃厚に【TGS2021】
  • Steam版『モンハンライズ』の爆速ロードに二度見!ウルトラワイドディスプレイ対応で狩猟体験がさらに濃厚に【TGS2021】
  • Steam版『モンハンライズ』の爆速ロードに二度見!ウルトラワイドディスプレイ対応で狩猟体験がさらに濃厚に【TGS2021】
  • Steam版『モンハンライズ』の爆速ロードに二度見!ウルトラワイドディスプレイ対応で狩猟体験がさらに濃厚に【TGS2021】
  • Steam版『モンハンライズ』の爆速ロードに二度見!ウルトラワイドディスプレイ対応で狩猟体験がさらに濃厚に【TGS2021】
  • Steam版『モンハンライズ』の爆速ロードに二度見!ウルトラワイドディスプレイ対応で狩猟体験がさらに濃厚に【TGS2021】
  • Steam版『モンハンライズ』の爆速ロードに二度見!ウルトラワイドディスプレイ対応で狩猟体験がさらに濃厚に【TGS2021】

9月30日にSteam版『モンスターハンターライズ』(以下、モンハンライズ)のリリース決定が発表されました。これまでニンテンドースイッチでのみ味わえた世界とプレイ体験が2022年1月13日に、4K解像度や高解像度テクスチャ対応でさらに広がります。

そして「東京ゲームショウ2021 オンライン」のオフライン会場・試遊エリアでは、本作のプレイアブル出展を実施中。こちらのプレイレポートを、いち早くお届けしましょう。

■マガイマガドの恐ろしい風貌も美しい! 鮮やかな描写と爆速ロードが衝撃的

今回プレイしたSteam版『モンハンライズ』はTGS2021向けに出展された体験版。操作キャラクターもカスタマイズではなく、あらかじめ用意されたものが使用可能で、ゲームの流れなども製品版とは異なっています。ニンテンドースイッチ向けに配信された体験版が、イメージとしてかなり近しいかと思います。

とはいえSteam版ならではの特徴のひとつを、ゲームプレイ前から早速味わうことができました。それは、4K解像度のウルトラワイドディスプレイに対応している点。高解像度テクスチャの恩恵で、より美しく描かれた世界が、広角によって視界いっぱいに広がる光景。なかなかの刺激的な体験でした。

自身がコントローラ派のため、慣れない操作を避けてしまいましたが、Steam版はキーボードやマウスを使った操作にも最適化しているとのこと。また、ボイスチャットにも対応しているので、マルチプレイの連携やコミュニケーションが更に円滑となることでしょう。

今回のバージョンではクエストが3つ用意されており、それぞれ「オサイズチ」「タマミツネ」「マガイマガド」の討伐を目指します。折角なので今回は、最も手強い「マガイマガド」を選択してみました。そして武器を選んでクエストを開始。新たな世界の狩りに、ワクワクが募り始めます。

──ですが、そのワクワクが頂点に達する前に操作キャラがフィールドに到着。まるで時間が飛んだような感覚に一瞬陥り、思わず二度見してしまいました。

『モンハンライズ』はフィールド上でのシームレスに移動可能。この快適性を得るためまとめてロードするので、スイッチ版ではクエスト出発からフィールド到達まで、いくらかのロード時間がありました。ですが本作は、それが驚くほどの短時間に。正確に測れていないので体感の話ですが、数秒という表現で事足りる印象でした。

これはあくまで、今回の出展体験版の話なので、製品版がどうなるかは未知数です。またPC向けなので、マシンの性能にも左右される部分でしょう。とはいえ、Steam版の快適性に期待を寄せたくなる一幕でした。

このロード体験に意識を奪われましたが、描画のきめ細かさにも改めて驚かされます。もちろん見た目だけでなく、ハイフレームレート対応なので動きも自然でなめらか。世界の隅々までくっきりと見えます。

道中で出会ったリオレイアも、記憶にある姿よりもかなり鮮やか。

そして、本命のマガイマガドとご対面。

ウルトラワイドに、マガイマガドの巨躯が映えます。

水飛沫の表現から恐ろしげな風貌まで、はっきりと描画されていました。

キャンプ送りの様子まできめ細やか(やられました)。

アップになると、その細かな描画までよく分かります。

グラフィックと動きの恩恵か、マガイマガドから受ける圧力も増し増し。

激闘も虚しく敗北しましたが、力尽きる瞬間も鮮やかさは健在。ゲーム面の内容や要素はSteam版もスイッチ版と変わりませんが、美しさを増した描画はプレイ意欲をそそりますし、操作感に不満や違和感は一切なし。一度しか味わっていませんが、ロード時間の短さも心地良いプレイ体験となりました。

今回プレイした内容と同一のものかはまだ分かりませんが、Steam向けの体験版『モンスターハンターライズ DEMO』が10月14日にに配信されます。本作が提供する新たな刺激と体験を、直接味わってみてはいかがでしょうか。

ちなみに、TGS2021のオフライン会場・カプコンブースでは、実際に跨がれる「等身大オトモガルク」が展示されています。この体験は現地ならではなので、せめてその模様を画像でお届けします。想像よりもかなり大きくて、頼もしさ満点でした。

※ゲーム画面は開発中のものです。


《臥待 弦》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 【抽選】『ポケカ』25周年拡張パック、ビックカメラの一部店舗で当日販売あり!転売対策として中身のみ引き渡し

    【抽選】『ポケカ』25周年拡張パック、ビックカメラの一部店舗で当日販売あり!転売対策として中身のみ引き渡し

  2. 「Amazonで注文した新発売『ポケカ』が一方的にキャンセル」―予想以上に注文が殺到?それとも転売屋が原因か

    「Amazonで注文した新発売『ポケカ』が一方的にキャンセル」―予想以上に注文が殺到?それとも転売屋が原因か

  3. 【コスプレ】『ウマ娘』美女レイヤー、大井競馬場に集結! ナリタブライアン、エアグルーヴまで【写真36枚】

    【コスプレ】『ウマ娘』美女レイヤー、大井競馬場に集結! ナリタブライアン、エアグルーヴまで【写真36枚】

  4. ゲーム実況者「キヨ」さんのキヨ猫がアニメ化!活動13年目を迎えての新たな1ページ

  5. 岸田メル氏、「ケツをでかく描け!謎に汗をかかせろ!」という要望に見事応えるー『ブルリフ』イラストが話題

  6. 『ポケカ』25周年特別映像で新たな進化、「アルセウスVSTAR」初公開!こんなに強くて“サイド2枚”

  7. このGIFアニメ、ずっと眺めてたい…!USGMEN氏が描く「抱っこが嬉しいポケモン」がわちゃ可愛い

  8. 香川「ゲーム依存症対策条例」新たな裁判が勃発、“頭脳プレイ”は功を奏するのか

  9. 抽選で1名に「ぱかうけ」564(ゴルシ)袋が当たる!『ウマ娘』×「ばかうけ」コラボで特大キャンペーン開催

アクセスランキングをもっと見る