人生にゲームをプラスするメディア

『FFXIV』北米プレイヤーたちが“「ガッツ」を模した暗黒騎士”となり集結―「ベルセルク」作者・三浦建太郎氏を追悼

『ファイナルファンタジーXIV』の北米Balmungサーバーで活動するプレイヤーたちが、人気漫画「ベルセルク」の作者・三浦建太郎氏を追悼するため、暗黒騎士姿でフィールドに集まっています。

その他 全般
『FFXIV』北米プレイヤーたちが“「ガッツ」を模した暗黒騎士”となり集結―「ベルセルク」作者・三浦建太郎氏を追悼
  • 『FFXIV』北米プレイヤーたちが“「ガッツ」を模した暗黒騎士”となり集結―「ベルセルク」作者・三浦建太郎氏を追悼

ファイナルファンタジーXIV』の北米Balmungサーバーで活動するプレイヤーたちが、本日5月20日に訃報が伝えられた人気漫画「ベルセルク」の作者・三浦建太郎氏を追悼するため、暗黒騎士姿でフィールドに集まっています。

上記ツイートは、北米プレイヤーの1人・Oz! @ 5.5氏(@localhyurzen)によるもの。数多くのプレイヤーが、「ベルセルク」の主人公「ガッツ」を思わせるジョブ「暗黒騎士」となり、長蛇の列を形成しています。


『ファイナルファンタジーXIV』における「暗黒騎士」は、バージョン3.0「蒼天のイシュガルド」より実装。同シリーズのMMORPG『ファイナルファンタジーXI』ではアタッカー(DPS)という位置付けでしたが、本作のプロデューサー兼ディレクターである吉田直樹氏は暗黒騎士に対して、漫画「ベルセルク」の主人公「ガッツ」のような、重戦士というイメージがあったと過去に発言。そうした経緯もあってか、『ファイナルファンタジーXIV』ではパーティの盾であるタンクとして登場しています。

本作における暗黒騎士のジョブクエストは、「もはやメインストーリーにも匹敵する」とまで言われるほど、プレイヤーからの評価が高いことで有名。また拡張ディスク「漆黒のヴィランズ」ではいわゆる“主人公ジョブ”という扱いを受けており、大きな存在感を示しています。



今回の追悼は大きな注目を集めており、記事執筆時点で2.6万いいね、1.2万RTを記録。リプライ欄では、別エリアでも追悼の様子が確認できます。世界中のファンを魅了してきた三浦建太郎氏、そして同氏を想うプレイヤーたちの心意気には、多大な敬意を払うほかありません。
《茶っプリン》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. シリーズ最新作『たまごっちスマート』発表!時代に沿ったウェアラブル端末、初のタッチ液晶&マイク搭載―たまごっちはここまで進化した

    シリーズ最新作『たまごっちスマート』発表!時代に沿ったウェアラブル端末、初のタッチ液晶&マイク搭載―たまごっちはここまで進化した

  2. 『ウマ娘』マヤノトップガンのハイクオリティ過ぎるMMDモデルが話題沸騰―これがファンメイド!?過去作のゴルシやウオッカも凄まじい…

    『ウマ娘』マヤノトップガンのハイクオリティ過ぎるMMDモデルが話題沸騰―これがファンメイド!?過去作のゴルシやウオッカも凄まじい…

  3. アニメ「ウマ娘 プリティーダービー」10人のウマ娘をプリントした「トレーディングmini色紙BOX」が再販決定

  4. 『ニーア リィンカネ』NieR年表、第4弾のリプライ欄は要覚悟!『レプリカント』西暦3470年に“あの計画”が破綻、大きな転換を迎える

  5. 『龍が如く』声優・黒田崇矢さんが桐生ココさんへ感謝のメッセージ …「今まで桐生一馬を愛して下さりありがとうございました」

  6. 美人コスプレイヤーの『FGO』玉藻の前、『まどマギ』まどかが尊い!遠征2,000キロも辞さない情熱が、キュートな“熠子”を生み出す【写真16枚】

  7. 『遊戯王OCG』7月1日適用の「制限改訂」が公開―ドランシア禁止により「十二獣」が痛手…VFDは許された

アクセスランキングをもっと見る