人生にゲームをプラスするメディア

『ストリートファイター』キャラが英語の教科書に登場!箕星太朗氏の依頼に公式が“0フレオッケー”する事態に、「凄い」「時代は変わった」と好意的な反応

英語の教科書に『ストリートファイター』キャラが登場。描いたのは『ラブプラス』シリーズ等で知られる箕星太朗氏。

その他 全般

『ラブプラス』シリーズや『めがみめぐり』、『GOD WARS』、『√Letter ルートレター』、『LoveR』といった作品でキャラクターデザインを手がけているクリエイター、箕星太朗氏。令和3年度からは、中学生向けの英語教科書「NEW CROWN」のイラストも担当しています。

そんな箕星氏が、同教科書に『ストリートファイター』シリーズの「リュウ」「春麗」「さくら」を描いたことが明らかになり、注目を集めています。


格ゲーキャラのコスプレをしている場面をオーダーされた箕星氏は、「世界で一番有名な格ゲーのストリートファイターのキャラにしたい」という思いから、カプコンに連絡をとったとのこと。話を受けたカプコン側も、「英語の教科書に載るという大変光栄な事ですので、0フレで公式オッケー出させていただきました」と快諾し、本件に至ったようです。

なお、”0フレ”という表現は格ゲーマー以外にはあまり耳慣れない表現かもしれません。

格闘ゲームにおいて、1フレームは60分の1秒。シリーズ最新作『ストリートファイター V』における最速技の発生が3~4フレーム(ボタンを押してから60分の3~4秒後に攻撃判定が出現する。弱パンチや弱キックが該当)であることを考慮すると、「0フレで公式オッケー」というのが、いかに素早い反応だったかが分かります。

Twitter上では、「すごい!」「ストリートファイターが教科書に載るとは」といった好意的反応が多数。さらにキャラクター本人ではなく、そのコスプレイヤーを描いた場面という点についても、「時代の流れを感じる」等の反応が寄せられています。
《ねんね太郎》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『あつまれ どうぶつの森』“とたけけ楽曲”と“ゲーム内BGM”を収録!268曲を揃えたサウンドトラック3種が発売決定

    『あつまれ どうぶつの森』“とたけけ楽曲”と“ゲーム内BGM”を収録!268曲を揃えたサウンドトラック3種が発売決定

  2. 【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

  3. PS4やスイッチでも使えるおすすめの高性能ヘッドセット5選!『Apex』や『モンハンライズ』がもっと上手くなりたい方に

  4. 『ウマ娘』や『ダビスタ』も取り上げた競馬雑誌「サラブレ」が休刊に…競馬ファンのみならず、ゲームファンからも悲しみの声

  5. 家庭用プラネタリウム「ホームスター」シリーズ累計販売台数170万台を突破─おうち時間をプラネタリウムで癒やされよう!

アクセスランキングをもっと見る