人生にゲームをプラスするメディア

未だ入手難が続く「PS5」入手に向けて動くのは、いつがオススメなのか?―筆者が「今でしょ!」と声を上げる理由

早めに欲しい方は、今すぐ動くのが吉。のんびりと構える場合は、それなりの期間を覚悟した方がいいかもしれません。

その他 特集
未だ入手難が続く「PS5」入手に向けて動くのは、いつがオススメなのか?―筆者が「今でしょ!」と声を上げる理由
  • 未だ入手難が続く「PS5」入手に向けて動くのは、いつがオススメなのか?―筆者が「今でしょ!」と声を上げる理由
  • 未だ入手難が続く「PS5」入手に向けて動くのは、いつがオススメなのか?―筆者が「今でしょ!」と声を上げる理由
  • 未だ入手難が続く「PS5」入手に向けて動くのは、いつがオススメなのか?―筆者が「今でしょ!」と声を上げる理由
  • 未だ入手難が続く「PS5」入手に向けて動くのは、いつがオススメなのか?―筆者が「今でしょ!」と声を上げる理由
  • 未だ入手難が続く「PS5」入手に向けて動くのは、いつがオススメなのか?―筆者が「今でしょ!」と声を上げる理由
  • 未だ入手難が続く「PS5」入手に向けて動くのは、いつがオススメなのか?―筆者が「今でしょ!」と声を上げる理由
  • 未だ入手難が続く「PS5」入手に向けて動くのは、いつがオススメなのか?―筆者が「今でしょ!」と声を上げる理由

ソニー・インタラクティブエンタテインメントによる最新の据え置き型ゲームハード「PlayStation 5」(以下、PS5)は、2020年11月12日に発売。高解像度出力への対応、SSD採用によるロード時間の短縮、PS4ソフトとの互換性など、大幅に向上した性能を備え、ゲーム体験の質を向上させる新ハードとして人気を博しています。

新ハードが登場といっても、品切れが続き、入手しにくい時期が続いてしまうというのはよく耳にする話です。PS5もその例に漏れず、入手難の状況が続いており、欲しいのに今もまだ購入できていない人が多くいるのが現状です。

発売開始から4ヶ月が過ぎた今、この最新ハードを取り巻く状況はどうなっているのか。そして、購入しやすい時期はいつなのか。そんな「PS5の今」について、現状報告と購入に向けて動くオススメ時期の推察をお届けします。

感染対策で、抽選販売が広がったPS5



PS5の現状を一言で説明すると、「運に恵まれないと入手できないハード」です。新型コロナウイルス感染対策により、店頭での事前予約がほぼ撤廃され、大半の店舗ではインターネットを介した受付先を用意。また、この状態は発売以後の入荷についても引き継がれており、4ヶ月後の今もwebやアプリでの抽選販売が多数を占めています。

一部の店頭(ヨドバシカメラなど)や大手通販サイト(Amazonなど)では、先着による販売も行われていますが、混雑やアクセス集中を避けるために「いつ、どこで」といった事前告知はなく、いわゆるゲリラ販売に近い形をとっています。そのため抽選に当たる運か、ゲリラ販売に遭遇する運のいずれかが必要です。

通販サイトの傾向を見て、在庫が復活しやすい日時を予想することはできますが、確実とまでは言えません。また、店頭販売目当てに出かけるのは、感染対策の面から見てオススメしかねます。PS5自体の人気に加え、感染対策により入手手段が限られており、非常に難しい状況に置かれているのが現状です。

PS5購入に向けて動くのは、「今」がオススメ



運が大きく絡むとはいえ、購入希望者の負担が少ないのは、多くの店舗が実施している抽選販売への申し込みです。内容によって応募条件は様々で、中にはクレジットカード機能を持つ会員を対象とするものもありますが、条件が緩いものもあるので、自分に合った受付先を選ぶのが大事です。

そして抽選販売にトライするオススメの時期について、先に結論から述べますとまさに「今」と言えます。

ごく当たり前の理由から述べると、4ヶ月に渡って生産・出荷が行われており、購入者の数も増えています。購入者は(別の理由がない限り)、もう抽選販売に応募しないため、少しずつですが応募数が減り、相対的に当選確率が上がるためです。

とはいえ、実態としては転売目的の申し込みもあり、購入者の増加と入手しやすさが完全にイコールで結ばれているわけではありません。大半の店舗で転売対策を実施するも、以前ノジマが報告したところによれば、「毎回数万件に及ぶ悪質な複数応募」がある模様です。


こうした転売目的に気持ちを削がれ、PS5の購入を見送っていたり、新たな申し込みを保留していたりする方も少なくないはず。その心境は十分理解できますが、今後の展開を鑑みると、今改めて応募を再開するのが吉です。その理由についても詳しく述べたいと思います。

『バイオハザード ヴィレッジ』と『ファイナルファンタジーVII リメイク インターグレード』で、需要が大きく膨らむ可能性アリ



PS5の抽選販売への参加は、今がオススメとお伝えしましたが、「今なら入手しやすい」のではなく、「今後の方がもっと入手が難しくなる」可能性があるためです。

新ハードが売れる理由はひとつだけではありませんが、「このゲームを遊びたい!」といった欲求が大きなウエイトを占めます。PS5のローンチでは、特にリメイク版『デモンズソウル』と、シリーズ最新作『Marvel's Spider-Man: Miles Morales』が注目を集めました。


ですが、「このハードでしか遊べない、大人気の独占タイトル」という点について、PS5は十分なラインナップがあるとはまだ言えません。『Marvel's Spider-Man: Miles Morales』は体験の質を問わなければPS4でも遊べますし、『デモンズソウル』はリメイク版なので、喜ぶユーザーがいる一方で見送ったファンもいます。

PS5ソフトの多くは、PS4など他のプラットフォームにも展開しており、独占タイトルは少なめ。その状況でこれだけPS5の入手が難しいのは、むしろかなり異例の事態と言えるでしょう。そのため、世界的な人気タイトルがリリースされた暁には、入手が更に厳しくなるものと思われます。


その先触れとなりそうなのが、5月8日に発売される『バイオハザード ヴィレッジ』です。サバイバルホラーACT『バイオハザード』シリーズの最新作であり、実質的なナンバリング8作目で、その注目度は抜群。シリーズファンを中心に世界中から熱視線を集めています。

複数のプラットフォームに登場しますが、Xbox関連は国内の普及率が低めですし、PC向けも一部のユーザーに限られます。PS4版もあるものの、本作は写実的なホラー要素が色濃いため、少しでも高い描写性能を求めてPS5版に流れるユーザーも多いことでしょう。

リメイクではなく完全新作という後押しもあり、この『バイオハザード ヴィレッジ』に合わせてPS5購入を目指す動きが起こり、需要が大きく膨らむ可能性があります。


さらに、翌月の6月10日には、PS5ソフト『ファイナルファンタジーVII リメイク インターグレード』がリリース。こちらは、PS4向けに登場した『ファイナルファンタジーVII リメイク』をもとに、画質の向上や新機能の搭載、そして「ユフィ」を主人公に据えた新エピソードの追加などが行われるパワーアップ版となります。

PS4版は一大ヒットを記録したため、既にプレイ済みの方が多い作品ですが、PS4版を持っていればPS5版へのアップグレードが100円(税込)で可能。当時の体験が最新ハードでどのように変わるのか、わずかな金額で味わえるのは嬉しいポイントでしょう。


ただし、ユフィの新エピソードはアップグレードに含まれていないので、PS4版を所持していても、全てを楽しむには「アップグレード+新エピソードの購入」が必要になります。

費用がかかるとはいえ、新たな物語も楽しめる『ファイナルファンタジーVII リメイク インターグレード』の存在は、PS5の需要を更に押し上げることでしょう。現時点では、PS5のみの展開という点も見逃せません。

この2作品が、5月・6月と連続して発売されるため、リリースに合わせて購入する動きが4月以降に活性化し、現時点よりも入手確率が厳しくなることも十分考えられます。そのため「出来るだけ早く」や「夏頃までには欲しい」と考えている方々は、悠長に構えず出来るだけ早めに動くのがオススメです。


かつてニンテンドースイッチも、ビッグタイトルの影響で品薄が続く



今後のPS5が更なる入手難に陥るかどうかは、まだ確定ではありません。ですが、2017年3月3日に発売されたニンテンドースイッチの例を踏まえると、その可能性は少なくないと推察します。

ニンテンドースイッチも発売前から注目を集めており、同日発売の『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の世界的ヒットという後押しを受け、品薄の状態がしばらく続きました。そのため、今回のPS5と同様にしばらく見送る選択を取った方も当時多くいました。


ですが、4月28日に『マリオカート8 デラックス』が、そして7月21日には『スプラトゥーン2』が登場。前者はWii U版のパワーアップ作品でしたが、爆発的な人気を博し、現時点ではWii U版の4倍近い販売本数を記録するほどのヒット作に。この数字だけ見ても当時の熱量の高さが窺い知れることでしょう。

そして『スプラトゥーン2』は、ファン待望の正式な続編。シリーズ化を果たしたTPSアクションの人気ぶりは、夏を更に熱くする活気と盛り上がりで彩られました。


こうした勢いが追い風となり、ニンテンドースイッチの入手難はしばらく続き、『マリオカート8 デラックス』や『スプラトゥーン2』が遊びたいけども、ハードが手に入らないといった人たちが急増。その需要に供給が追いつくまで、しばらくの時間を要しました。

こちらの2作品は、対戦ゲーム要素が強いので、「他のユーザーに遅れを取りたくないので、早く遊びたい」といった側面があったのも確かです。その意味では『バイオハザード ヴィレッジ』や『ファイナルファンタジーVII リメイク インターグレード』とは異なりますが、ビッグタイトルが新ハードの購入意欲をかき立てるのもまた事実。当時の悲劇を踏まえ、先達の二の舞を演じないようご注意ください。




詳しく解説しましたが、簡潔にまとめるならば「ビッグタイトルに合わせて需要が膨らむ前に、購入に向けて動くのがオススメ」といった話になります。この時期を逃すと、下手をすれば夏やそれ以降も入手難が続くかもしれません。直近で欲しい方は、この3月に勝負をかけてみてはいかがでしょうか。

ちなみに「いつか手に入ればいい」という人は、じっくり腰を据えて待つのも手です。PSハードは、バージョンアップされる傾向にあるので、機能面で優れていたり、小さくスリムになったPS5が発売される可能性も十分あります。数年単位で待っていられる方は、新たな動向が見えるまで静観しておきましょう。
《臥待 弦》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『ウマ娘』ゴルシ&マックイーンが「某悪魔召喚RPG風」のドット絵に!支離滅裂な交渉は“悪魔会話”と違和感なし?

    『ウマ娘』ゴルシ&マックイーンが「某悪魔召喚RPG風」のドット絵に!支離滅裂な交渉は“悪魔会話”と違和感なし?

  2. おすすめのゲーミングイヤホン3選─ヘッドセットだと耳が痛くなる人にピッタリ!ボイスチャット向きマイクも紹介

    おすすめのゲーミングイヤホン3選─ヘッドセットだと耳が痛くなる人にピッタリ!ボイスチャット向きマイクも紹介

  3. 【コスプレ】『原神』甘雨から『FGO』楊貴妃まで!中国人気レイヤー・千夜未来の気品ある透明感が尊い【写真21枚】

  4. コロプラ、任天堂より特許権侵害に関する訴訟を提起されたと発表

  5. 『FGO』などの代表作を持つディライトワークス、新規プロジェクトに向けたメンバー募集を開始

アクセスランキングをもっと見る