人生にゲームをプラスするメディア

『電脳戦機バーチャロン』シリーズの生みの親である亙重郎氏がセガを退職―シリーズの今後については「皆さんと一緒に見守りたい」

「今の自分に答えられることはない」としています。

その他 全般
『電脳戦機バーチャロン』シリーズの生みの親である亙重郎氏がセガを退職―シリーズの今後については「皆さんと一緒に見守りたい」
  • 『電脳戦機バーチャロン』シリーズの生みの親である亙重郎氏がセガを退職―シリーズの今後については「皆さんと一緒に見守りたい」
  • 『電脳戦機バーチャロン』シリーズの生みの親である亙重郎氏がセガを退職―シリーズの今後については「皆さんと一緒に見守りたい」

電脳戦機バーチャロン』シリーズの生みの親である亙重郎氏(@WATRIX_2021)は、2月末をもってセガを退職したことを明らかにしました。

1995年にアーケードゲームとして登場した『電脳戦機バーチャロン』シリーズは、巨大ロボット(バーチャロイド)による3次元仮想空間内での高密度かつ高機動な戦闘を実現したアクション・シューティングゲーム。2019年11月にはシリーズ過去作3作をセットにした『電脳戦機バーチャロン マスターピース 1995~2001』がPS4向けに配信されていました。

亙氏はまた、『バーチャロン』シリーズの今後について以下のようにコメントしています。

《S. Eto》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『あつまれ どうぶつの森』“とたけけ楽曲”と“ゲーム内BGM”を収録!268曲を揃えたサウンドトラック3種が発売決定

    『あつまれ どうぶつの森』“とたけけ楽曲”と“ゲーム内BGM”を収録!268曲を揃えたサウンドトラック3種が発売決定

  2. 『ウマ娘』や『ダビスタ』も取り上げた競馬雑誌「サラブレ」が休刊に…競馬ファンのみならず、ゲームファンからも悲しみの声

  3. 家庭用プラネタリウム「ホームスター」シリーズ累計販売台数170万台を突破─おうち時間をプラネタリウムで癒やされよう!

  4. 【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

  5. PS4やスイッチでも使えるおすすめの高性能ヘッドセット5選!『Apex』や『モンハンライズ』がもっと上手くなりたい方に

アクセスランキングをもっと見る