人生にゲームをプラスするメディア

『フロントミッション』プラモデルレビュー!「ギザ」編―筆塗り塗装との相性を探る

『フロントミッション』プラモデルレビュー「ストラクチャーアーツ」第1弾の「ギザ」をピックアップ

その他 全般
『フロントミッション』プラモデルレビュー!「ギザ」編―筆塗り塗装との相性を探る
  • 『フロントミッション』プラモデルレビュー!「ギザ」編―筆塗り塗装との相性を探る
  • 『フロントミッション』プラモデルレビュー!「ギザ」編―筆塗り塗装との相性を探る
  • 『フロントミッション』プラモデルレビュー!「ギザ」編―筆塗り塗装との相性を探る
  • 『フロントミッション』プラモデルレビュー!「ギザ」編―筆塗り塗装との相性を探る
  • 『フロントミッション』プラモデルレビュー!「ギザ」編―筆塗り塗装との相性を探る
  • 『フロントミッション』プラモデルレビュー!「ギザ」編―筆塗り塗装との相性を探る
  • 『フロントミッション』プラモデルレビュー!「ギザ」編―筆塗り塗装との相性を探る
  • 『フロントミッション』プラモデルレビュー!「ギザ」編―筆塗り塗装との相性を探る


今回のゲーム系プラモデルレビューは、2020年11月にスクウェア・エニックスから発売されたプラスチックモデル組立キットシリーズ「ストラクチャーアーツ」第1弾の「ギザ」をピックアップします。


第1弾はドラマティックシミュレーションRPG『フロントミッション』シリーズより、「ゼニス」と「ギザ」、「ドレーグ」、「ナムスカル」のヴァンツァー4体が立体化。スクエニ初のプラモデル展開ということもありディテールや組み立ての容易さ、そして塗装を含めてその内部に迫ります。


しかしながら筆者は『フロントミッション』シリーズへ馴染みが薄いため、武器の組み合わせや細かな部分塗装が抜けていることをご了承下さい。なお、4編に渡ってプラモデルレビューをしているので他の記事も合わせてお読みください。


・「ゼニス」編
・「ギザ」編(本ページ)
・「ドレーグ」編
・「ナムスカル」編
・全体の比較ページ(写真中心)



最小限の情報を伝える単体のパッケージ


今回は単体パッケージの外観をよく見てみましょう。パッケージの表面は機体の線画が、裏面には作例とランナー、そして英語での解説文が書かれています。また、パッケージの中身は先の「ゼニス」と同じ構成で入れられています。




「ギザ」のランナーは関節を含め8枚。組み立て説明書はモノクロで、機体説明や塗装図は無く、パーツの組み立て順が裏面にまで描かれています。ランナー自体を取り出し触れてみると微妙に離型剤のような感触があります。




そのため、後の塗装を考慮しランナーを中性洗剤で洗浄。ある程度離型剤が落ちたことを確認したら素組みに入ります。




秀逸なディテールを持つ全高10cm前後の小さな巨人


組み立て自体はランナーが少なく、組み合わせるパーツも少ないため簡潔です。本キットの関節やハードポイントは、「FRONT MISSION Joint」で共通化。組説の組み立て順は左右腕→左右脚→本体→腰→背負い物→武器となっています。



「ギザ」の各パーツのディテールは「ゼニス」と比べると少し控えめで、胴体を含め曲線を前面に出しています。


本キットはスナップフィットなため接着剤が必要ありませんが、上腕や大腿部パーツ合いが悪く隙間が生じパーツを組み合わせられないこともありました。そのため、大腿部パーツの可動部における円形部位を一部切り取り、無理なく装着できるように一部加工しています。




手足と腰部、そして胴体部を組み立てたらそのまま合体。完成してみると「ギザ」は首パーツがほぼ無いため、「ゼニス」と比べると少し低身長なシルエットに見えます。




組み立てたキットの全身を見てみましょう。手のひらサイズで全高10cmにも満たないほどの小ささで、大腿部や肩の曲線から丸い印象を受けます。




「ゼニス」は全身に施されたディテールから真正面のクローズアップに耐えうる情報量を備えていますが、「ギザ」はどちらかといえばシルエットとポージングで格好良さを演出しているのかもしれません。




次ページでは「ギザ」をエアブラシでなく筆塗りで塗装しました。4体全てをレビューするために、他の塗装方法での相性を探るため、失敗しても良い覚悟で挑んでみました。



《G.Suzuki》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【コスプレ】『FF15』ルナフレーナが持つ芯の強さを表現したい!世界中から愛される「神凪の巫女」を大聖堂で撮影【写真15枚】

    【コスプレ】『FF15』ルナフレーナが持つ芯の強さを表現したい!世界中から愛される「神凪の巫女」を大聖堂で撮影【写真15枚】

  2. 映画「モンスターハンター」ついに“アイルー”もお披露目!解禁された新ポスタービジュアルにはアルテミス&調査団が集結

  3. 【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

アクセスランキングをもっと見る