人生にゲームをプラスするメディア

『ゼルダ無双 厄災の黙示録』のおかげで太眉ヒロイン・ゼルダの愛が深まった…!

太眉のゼルダが『ゼルダの伝説』シリーズで一番好きです。

任天堂 Nintendo Switch
『ゼルダ無双 厄災の黙示録』のおかげで太眉ヒロイン・ゼルダの愛が深まった…!
  • 『ゼルダ無双 厄災の黙示録』のおかげで太眉ヒロイン・ゼルダの愛が深まった…!
  • 『ゼルダ無双 厄災の黙示録』のおかげで太眉ヒロイン・ゼルダの愛が深まった…!
  • 『ゼルダ無双 厄災の黙示録』のおかげで太眉ヒロイン・ゼルダの愛が深まった…!
  • 『ゼルダ無双 厄災の黙示録』のおかげで太眉ヒロイン・ゼルダの愛が深まった…!
  • 『ゼルダ無双 厄災の黙示録』のおかげで太眉ヒロイン・ゼルダの愛が深まった…!
  • 『ゼルダ無双 厄災の黙示録』のおかげで太眉ヒロイン・ゼルダの愛が深まった…!
  • 『ゼルダ無双 厄災の黙示録』のおかげで太眉ヒロイン・ゼルダの愛が深まった…!
  • 『ゼルダ無双 厄災の黙示録』のおかげで太眉ヒロイン・ゼルダの愛が深まった…!

任天堂がコーエーテクモゲームスとタッグを組んで世に送り出すニンテンドースイッチ向けアクションアドベンチャー『ゼルダ無双 厄災の黙示録』の体験版が先日配信されました!

体験版は、第一章まででふたつのメインミッションをプレイできるのみ。しかし、それだけでも十分にゲームの魅力が伝わってきました。しかし、魅力が伝わってきたのはゲーム部分だけではありません。


そう……麗しの太眉ヒロイン……ゼルダ姫です。

いや、元々『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の時も「今回のゼルダ姫、かなり可愛くねぇか?太眉で安産型の体型だし、俺は君と出会うために生まれてきたのか?」とは思っていたのですが、同作においてゼルダはあくまでキーパーソン。重要なシーンや回想シーンで登場しても、プレイ中、筆者が見るのはリンクの姿でした。

しかし、本作では、プレイヤーキャラクターとして登場するのです。それだけでも前作と距離感が違いますし、第一章を終えた限りでは主人公のリンクと行動をともにするようです。もしかしたら、プレイヤーである筆者との距離が縮まっただけではなく、主人公のリンクとの距離が縮まるところが見られるのかもしれません。


そして謎が多かったゼルダ姫の日常生活がわかるかも。ゼルダ姫の好物は何なのか、普段どんな服装をしているのか、休日何をしているのかなどなど……『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』では描かれなかった彼女の様々な面が見られるようになったら良いですね。

今回は、本作の体験版で登場するゼルダ姫を観察していこうじゃありませんか!

プレイヤーキャラクターになって更に凛々しく



まずは正装したゼルダ姫をチェック!普段の服装とは異なり、お淑やかさと厳粛さが伝わってきます。おそらく、儀式などはこの服装で向かうのでしょう。


とはいえ、普段の服装も身軽ではあるものの、同じデザインをしていますが、これはゼルダの好みなのでしょうか?

……余談ですが、体験版のリンクは装備が変更できます。筆者は鎧を外してバーバリアン風のリンクにしてみました。いつもと違う雰囲気が楽しめるのでオススメですよ!


3Dで描かれるゼルダも最高ですが、2Dで描かれるゼルダも絶妙にムチムチしてて良いですね……。


キャラクター画面では、リンクやゼルダ、インパのキャラクターモデルを色んな角度から見られます。


バトル中のゼルダはアグレッシブに動き、シーカーストーンを使った多彩なアクションを繰り出します。プレイ前は、『無双』シリーズのダイナミックなアクションはゼルダのキャラクターに合わないかも……と思ったのですが、しっかりとキャラクターに沿ったアクションが繰り出されていました。


ミッション中は、ゼルダ姫が活躍すると兵士たちが持ち上げてくれますし、どこに向かっても兵士が護衛してくれます。

こういった細かな演出はハイラル王国の姫君らしさを感じて良いですね!



『ゼルダ無双 厄災の黙示録』では、アグレッシブなゼルダを操作できることもあり、ハイラル王国の姫でありながらも、自らの力で世界の危機を救おうとする強さを感じられました。もちろん、それは前作でも感じましたが、もっとわかりやすく表現されていました。

これは、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』版のゼルダが好きな人にとっては嬉しいところですね!

『ゼルダ無双 厄災の黙示録』は2020年11月20日発売予定。通常版(パッケージ/ダウンロード)の価格は7,920円(税込)、アイテム付限定版のTREASURE BOX(パッケージ)の価格は16,720円(税込)です。
《真ゲマ》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ポケモン ダイパリメイク』女性モブトレーナーが魅力的すぎる!? キュートからセクシーまで…

    『ポケモン ダイパリメイク』女性モブトレーナーが魅力的すぎる!? キュートからセクシーまで…

  2. 『モンハンライズ:サンブレイク』では「新たな鉄蟲糸技」追加!懐かしくも新しいアクションになるかも?

    『モンハンライズ:サンブレイク』では「新たな鉄蟲糸技」追加!懐かしくも新しいアクションになるかも?

  3. 『モンハンライズ』環境生物「ウミウシボウズ」のあれは顔じゃなかった!?海に隠れた「超意外な全体像」が初公開

    『モンハンライズ』環境生物「ウミウシボウズ」のあれは顔じゃなかった!?海に隠れた「超意外な全体像」が初公開

  4. 新作『モンハンライズ:サンブレイク』の伏線は、半年前から貼られていた!ヒントらしき「謎解き」から浮かぶ驚愕の文字

  5. リアル“ハッピーミーク”!? 『ウマ娘』ファンが注目する白毛の競走馬・ソダシとは…

  6. バランス調整はこれで最後…!『スマブラSP』最新アップデートに、桜井氏も「お疲れ様でした」

  7. 『ウマ娘』キャラの“バスト”に隠された最新技術とは? マーベラスサンデーの魅惑ボディも実は…

  8. 『天穂のサクナヒメ』無料アプデで「花咲かサクナ」 が大幅リニューアル!12月9日には廉価版を発売

  9. 「NINTENDO 64 Switch Online」12月10日より『マリオストーリー』追加決定!発売当時に掲載された「懐かしの記事」も復刻公開

  10. 『モンハンライズ』「金獅子パーティーナイト!」配信開始―“クリスマス仕様”なスタンプを手に入れよう!

アクセスランキングをもっと見る