人生にゲームをプラスするメディア

世界で活躍する中国人気コスプレイヤー小柔SeeUの実力!『アークナイツ』アーミヤからプラチナまで圧巻の美しさ

世界観を丁寧に再現し、躍動感を感じられる『アークナイツ』のコスプレをご覧ください!

その他 全般
プラチナ『アークナイツ』
  • プラチナ『アークナイツ』
  • アーミヤ『アークナイツ』
  • プラマニクス『アークナイツ』
  • サベージ『アークナイツ』
  • プラチナ『アークナイツ』
  • サベージ『アークナイツ』
  • アーミヤ『アークナイツ』
  • アーミヤ『アークナイツ』
日本で活躍する中国コスプレイヤーの先駆けである小柔SeeUさん(Twitter:@seeu_cosplay)。

大学の芸術学部出身のイラストレーターでありながら、中国や日本などで公式コスプレイヤーとしても活躍。海外で開催されるアニメイベントでも数多く招待されて来ました。中国最大のSNS・Weiboでは約400万のフォロワー、Twitterでも約23万フォロワーを持ちます。

彼女のコスプレクオリティーの高さと表現力の安定度は、アニメ映画『天気の子』の新海誠監督も絶賛するほど。彼女を起用した企業からも、その仕事ぶりに高い信頼が寄せられています。

アーミヤ『アークナイツ』
アーミヤ

日本では1月に配信されたばかりの中国発ゲームアプリ『アークナイツ』が人気を集めているので、小柔SeeUさんのアークナイツコスプレ写真と共に、ショートインタビューをお届けします。

小柔SeeUさんの『アークナイツ』コスプレを一気見する(全9枚)

――ご自身が得意なポーズや表情を教えてください。

小柔SeeU :私の場合は、元気な顔、ヤンデレやツンデレといった特殊な表情が得意です。でも、無表情なキャラクターを表現するのは得意とは言えません!顔の表情は内面の性格が現れているので、表情がなくても伝えられるように研究中です。

――印象深いコスプレの思い出は?

小柔SeeU :アニメ映画『天気の子』のコスプレ写真を、原作者である新海誠監督にお褒め頂けたことです!これは私にとって大変光栄でした!

サベージ『アークナイツ』
サベージ

――多くの人に知られるきっかけのコスプレを何でしたか?

小柔SeeU :大きなきっかけがあったと言うよりは、時間をかけてたくさんの人に知ってもらえたと感じています。私はコスプレ歴が長く、短いスパンで作品をSNSに投稿してきたからです。ただ、特に人気があったのは『ズートピア』ジュディのコスプレでした。

――コスプレを続ける原動力は何ですか?

小柔SeeU :コスプレをするのはとても楽しいんです!だから、できる限り長く続けていきたいと思っています。

プラチナ『アークナイツ』
プラチナ

――中国で流行のコスプレ撮影手法を教えてください。

小柔SeeU :私が感じる限りだと、カラーフィルターも含めてストロボを煌びやかに使い、現像時に特殊効果を加える形ですね。

――ご自身が撮影する時、どういった撮り方を好まれるのですか?

小柔SeeU :毎回撮影前にカメラマンとの意思疎通をしっかりします。ロケーション、私までの焦点距離、光、構図など詳細に詰めます。例えば、清楚、可愛い、幼げなキャラクターに扮する時は自然光で望遠レンズを使って撮ってもらいますね。人物に丸みが自然と出てアニメキャラに近づけるからです。

アクション系のキャラクターは、夜景でストロボの光を強く使って、広角レンズで撮ることで、躍動感が出せるから好きです。

プラマニクス『アークナイツ』
プラマニクス

――『アークナイツ』のコスプレ撮影ではどのようなことを意識しましたか?

小柔SeeU :『アークナイツ』のキャラクターは基本的にアクションが求められます。武器を用意しなきゃいけませんし、作品の世界観に合った廃墟や研究所のようなロケーションを探す必要がありました。

なので、私の場合は廃墟もしくは工場のロケーションで、大きな動きで躍動感を演出できる角度で撮ってもらいました。躍動感を出す上では、衣装やウィッグにヒラみがあるとなお良いですよね。全体のライティングは薄墨や淡い色彩で、キャラクターに輪郭を出せるように、後ろからストロボの光を当ててもらいました。

アーミヤ『アークナイツ』
アーミヤ

画像提供:小柔SeeU(Twitter:@seeu_cosplay)
《乃木章》
乃木章

現場に足を運びたい 乃木章

フリーランスのライター・カメラマン。アニメ・ゲームを中心に、親和性のあるコスプレやロリータ・ファッションまで取材。主に中国市場を中心に取り上げています。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 『The Last of Us』テス役のアニー・ワーシングさんが45歳で死去―ゲーム開発元も追悼文を公開

    『The Last of Us』テス役のアニー・ワーシングさんが45歳で死去―ゲーム開発元も追悼文を公開

  2. 『Kanon』『AIR』などの樋上いたる氏による「参考書」が話題―表紙イラストが“鍵っ子”に刺さる

    『Kanon』『AIR』などの樋上いたる氏による「参考書」が話題―表紙イラストが“鍵っ子”に刺さる

  3. 巌流島設置の「アーボ」「ドガース」ポケふたが大絶賛!ムサシとコジロウ、ロケット団繋がりの選出に「粋すぎる!」

    巌流島設置の「アーボ」「ドガース」ポケふたが大絶賛!ムサシとコジロウ、ロケット団繋がりの選出に「粋すぎる!」

  4. 元ポケモン世界王者が「リアルポケモンジム」を開設!自らジムリーダーとなり、挑戦者たちと『SV』でバトル

  5. 『ホグワーツ・レガシー』を4Kの美しいグラフィックで遊びたい人必見!おすすめのゲーミングモニター5選

  6. 【今日のゲーム用語】「AAAタイトル」とは ─ ゲーム業界の活性化には欠かせない重要な存在

  7. 『ダンガンロンパ2』をアニメ化しない理由とは? 小高和剛「あのキャラ達の物語はあれでお終い」

アクセスランキングをもっと見る