人生にゲームをプラスするメディア

Epic Gamesがパブリッシング参入で有名デベロッパー3社と提携―『トリコ』上田文人氏の新作も手掛ける

Epic Gamesはデベロッパー3社との提携を発表しました。

その他 全般
Epic Gamesがパブリッシング参入で有名デベロッパー3社と提携―『トリコ』上田文人氏の新作も手掛ける
  • Epic Gamesがパブリッシング参入で有名デベロッパー3社と提携―『トリコ』上田文人氏の新作も手掛ける
  • (C)Getty Images
  • Epic Gamesがパブリッシング参入で有名デベロッパー3社と提携―『トリコ』上田文人氏の新作も手掛ける

Epic Gamesは、genDESIGN、Playdead、Remedy Entertainmentの3社との提携を発表し、マルチプラットフォーム・パブリッシングの取り組みとなる「Epic Games Publishing」を開始することを明らかにしました。


今回提携が発表された3社ですが、genDESIGNは『人喰いの大鷲トリコ』で知られる上田文人氏を中心とするデベロッパーであり、その他『Inside』『Limbo』のPlaydead、『CONTROL』のRemedy Entertainmentと錚々たる顔ぶれとなっています。なお、Remedy Entertainmentは26日、大手パブリッシャーとの提携を発表しましたが、今回のEpic Gamesとの提携が真相だったようです。

Epic Gamesはクリエイターが素晴らしいゲームづくりに集中できるように、信頼できる条件の提供を目指すという「Epic Games Publishing」は以下の条件でデベロッパーと契約しているとのこと。



  • 完全な創造の自由と所有権 デベロッパーは、作品のすべての知的財産と創造性においての完全なコントロール権を100%保持します。


  • 全額出資プロジェクト Epic Games Publishingは、デベロッパーの給与から、品質保証、ローカライゼーション、マーケティング、すべてのパブリッシング費用にわたる市場開拓費用まで、最大100%まで開発コストをカバーします。


  • 5割の利益分配制度 デベロッパーが自分達の作品で得る正当な報酬 -- 全ての費用を回収後、デベロッパーは全利益の最低5割を獲得します。



Epic Gamesの創立者兼CEO、ティム・スウィーニー氏は「パブリッシャーと一緒に働いていた時に、我々が常に望んでいたパブリッシングモデルを構築しているのです」とコメント。

また、genDESIGNの上田文人氏は今回の提携について以下のように語っています。
これまで我々は、一人でも多くの方に自分たちの作ったゲームを楽しんでいただきたいという思いがありました。そのような中、「Unreal Engine」や「Epic Gamesストア」、ゲームタイトル制作など、ゲーム分野において幅広くサービスを提供しているEpic Games様とお話させていただく中で、自分たちが望む形のゲーム開発ができるのではないかと思い、現在開発中の新作ゲームにおいて、今回一緒に組ませていただく運びとなりました。

開発中のゲームの内容については、残念ながらまだお伝えできませんが、少しでも早くゲームファンの皆様へお届けできるよう、チーム一丸となり日々努力しております。

また、genDESIGNは本開発に向けチームを拡大中です。私たちと一緒に働いてくれる仲間を募集していますので、ぜひ弊社のホームページをチェックしてみてください。」

デベロッパーにとっては破格ともいえる契約条件が公開されていますが、Epic Games Publishingのマルチプラットフォーム戦略では、どのハード・プラットフォームで展開されるのか注目が集まります。本取り組みの詳細やゲームについては今後数ヶ月の間に発表するということです。
《KADEN》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 舞元啓介主催「にじさんじ最強雀士決定戦」が4月12日開催決定!優勝ライバーは誰だ【読者アンケート】

    舞元啓介主催「にじさんじ最強雀士決定戦」が4月12日開催決定!優勝ライバーは誰だ【読者アンケート】

  2. 「屋根裏部屋」でのウェブミーティングは、まるで心の怪盗団!? アトラスが『P5R』の画像をテレワーク時の背景として提案

  3. 教科書「NEW CROWN」のキャラデザ・イラストを『ラブプラス』箕星太朗氏が担当!「キャラクターも成長するように描いた」

  4. 【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

  5. 【週刊インサイド】スイッチ本体の高騰・品薄に関心集中─『あつまれ どうぶつの森』カブ取引やイースターのたまごなどに迫る特集も話題に

  6. なぜ『聖剣伝説3』のリースは20年以上愛されているのか?―その魅力ポイントを解説【特集】

アクセスランキングをもっと見る