人生にゲームをプラスするメディア

CAAnimationとDMM GAMESがアニメとゲームを連動させたメディアミックスプロジェクトを始動─これまでにないハイクオリティなコンテンツを目指す

サイバーエージェントはCAAnimationにおいて、DMM GAMESと共同でアニメとゲームを連動させたメディアミックスプロジェクトを始動すると発表しました。またグランプリ獲得者にプロジェクトの出演権が与えられる「スマイルオーディション」を開始しました。

ゲームビジネス その他
CAAnimationとDMM GAMESがアニメとゲームを連動させたメディアミックスプロジェクトを始動─これまでにないハイクオリティなコンテンツを目指す
  • CAAnimationとDMM GAMESがアニメとゲームを連動させたメディアミックスプロジェクトを始動─これまでにないハイクオリティなコンテンツを目指す
サイバーエージェントはCAAnimationとDMM GAMESが共同で、アニメとゲームを連動させたメディアミックスプロジェクトを始動すると発表しました。

以下、リリースより引用

◆アニメとゲームを連動させたメディアミックスプロジェクトを始動



本プロジェクトは、「DMM GAMES」と「CAAnimation」が共同で企画・原作開発を行い、アニメーション制作を「C2C」、ゲームを「DMM GAMES」が開発することで、これまでにないハイクオリティなコンテンツをユーザーに届けられるよう、2021年のアニメ放送・ゲームリリースを目指し制作してまいります。現在、グランプリ獲得者に本プロジェクトへの出演権も与えられるオーディション、「スマイルオーディション」を実施中です。

▼詳しくはこちら
https://smileaudition.com

■「DMM GAMES」について
PC・スマートフォンブラウザゲーム、PCダウンロード型ゲーム、スマートフォンアプリゲームの企画・開発・運営事業を展開するゲームプラットフォーム。2011年の事業スタート以降、毎年順調に成長を続けている。また、DMM GAMESの特徴としてマルチデバイス展開を推進しており、各タイトルをPCとスマートフォンで配信・データ連携を行うことでユーザーの接触機会を増やし、ユーザーのライフスタイルに沿った快適なゲームプレイ環境の提供を目指している。

公式サイト:https://games.dmm.com/

■アニメーション制作スタジオ「C2C」について
C2Cは2009年にアニメ制作会社として設立。サテライトやボンズをはじめ、数多くの作品に参加。長年培ってきた技術と経験を基に、2018年「はるかなレシーブ」にて自社単独制作に乗り出す。近年では「ひとりぼっちの〇〇生活」や「社長、バトルの時間です!」などテレビシリーズを中心にアニメーション企画・制作を行っている。

■アニメーションレーベル「CAAnimation(シーエーアニメーション)」について
「CAAnimation」は、2018年10月よりオリジナルアニメーション制作を開始。当社ゲーム子会社及び外部のパートナーによるゲーム化展開、インターネットテレビ局「AbemaTV」との連動等、メディアミックスを前提としたアニメの企画開発・プロデュースを実施。

▼「CAAnimation」詳しくはこちら
https://www.cyberagent.co.jp/news/detail/id=22414



Copyright (C) CyberAgent, Inc.
《monnchi》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. プログラミングに自信のある小学生「でてこいや!」―夏休み課題にぴったりな「プログラミングスタジアム」開催決定!

    プログラミングに自信のある小学生「でてこいや!」―夏休み課題にぴったりな「プログラミングスタジアム」開催決定!

  2. YouTubeで違法動画を見てしまったら・・・?分からないことだらけの「違法ダウンロード刑事罰化」まとめ

    YouTubeで違法動画を見てしまったら・・・?分からないことだらけの「違法ダウンロード刑事罰化」まとめ

  3. ニンテンドー3DSで誕生したバイオ最新作、『バイオハザード リベレーションズ』をいち早く体験した

    ニンテンドー3DSで誕生したバイオ最新作、『バイオハザード リベレーションズ』をいち早く体験した

  4. シフトがWW向け新作アクションRPGを開発中と明らかに!『ゴッドイーター』や『フリーダムウォーズ』を手掛けたスタジオ

  5. サイバーエージェントグループのeStream、中国のフィギュア市場拡大で中国支社を設立―2023年には1541億円規模を見込む

  6. 【CEDEC 2014】知っておきたいゲーム音楽著作権、JASRACが教える有効な利用法

  7. 中裕司氏がスクウェア・エニックスを退職していたと明かす―『ソニック』を生み出したゲームクリエイター、同社では『バラン ワンダーワールド』を手掛ける

  8. トビー・フォックス氏『UNDERTALE』で実装されなかった“とんでもクライマックス”を明かす―トリエルが「飯綱落とし」で大爆発

  9. ポケモンが現実世界と仮想世界を繋いでいく、20年目の挑戦・・・株式会社ポケモン代表取締役社長・石原恒和氏インタビュー

  10. 世界初、“寝ながら”に特化したVRデバイス「HalfDive」発表!クラウドファンディングで支援者を募集

アクセスランキングをもっと見る