人生にゲームをプラスするメディア

「クロノス」シリーズ完全新作、正式タイトルが『ALTDEUS:Beyond Chronos (アルトデウス:ビヨンドクロノス)』に決定!ティザームービー&サイトを公開

MyDearestは『東京クロノス』に続くシリーズ完全新作『ALTDEUS:Beyond Chronos』のティザームービー及びティザーサイトを公開しました。

ゲームビジネス VR
「クロノス」シリーズ完全新作、正式タイトルが『ALTDEUS:Beyond Chronos (アルトデウス:ビヨンドクロノス)』に決定!ティザームービー&サイトを公開
  • 「クロノス」シリーズ完全新作、正式タイトルが『ALTDEUS:Beyond Chronos (アルトデウス:ビヨンドクロノス)』に決定!ティザームービー&サイトを公開
MyDearestは『東京クロノス』に続くシリーズ完全新作『ALTDEUS:Beyond Chronos』のティザームービー及びティザーサイトを公開しました。また原案・監督を務める柏倉晴樹氏とキャラクターデザインを務めるLAM氏からファンに向けたメッセージを公開しました。

以下、リリースより引用

◆ティザームービー&サイトを公開


MyDearest株式会社は現地時間2019年11月15日~17日に開催された日本のポップカルチャーをアメリカ最大の都市で盛り上げるお祭り『Anime NYC 2019』にて、VRミステリーアドベンチャー『東京クロノス』に続くシリーズ完全新作の最新情報を発表しました。

2019年9月14日に開催された『東京ゲームショウ2019』から2ヶ月。キービジュアルのみの発表となっていた『PROJECT MEGALiTH』その正式タイトルが『ALTDEUS:Beyond Chronos』(アルトデウス:ビヨンドクロノス)に決定。また、正式タイトル発表に合わせて、ティザームービーとティザーサイトが公開となりました。

■ティザームービー

ティザームービーは印象的なモチーフが連続で映し出されると、キャラクターが歩いているシーンへ。そして、謎のキャラクターが手を伸ばした先にいる球体のような存在から人のような声が鳴り響く…というもの。キャラクターの詳細なデザインや名前は未だ伏せられていますが、壮大な雰囲気が伝わってくる動画となっています。

今回の最新情報発表について、『ALTDEUS:Beyond Chronos』の原案・監督を務める柏倉晴樹とキャラクターデザインを務めるLAM氏からファンの方々へメッセージが届きました。作品に懸ける気持ちをぜひ、お目通し下さい。

●柏倉晴樹からのメッセージ
今作は私も待望だった私自身の原案・監督作となります。物語づくりからもガッツリ最初から関わらせて頂いており、正真正銘自身の代表作となるものです。この想いを、全身全霊をかけてあらゆる皆さんにお届けさせて頂ければと思っています。『ALTDEUS:Beyond Chronos』にご期待ください。
●LAMからのメッセージ
東京クロノスがリリースされ、VR業界に新たな風が吹きました。そして、私達はクロノスの開発経験を活かして新たなプロジェクト「ALTDEUS」を準備しています。自分にとっても初めてのジャンルで、LAMの新たな個性をお見せできると思います。私達はこのゲームでVR業界に「嵐」を起こします。楽しみにしていてください。
■MyDearestについて
MyDearest株式会社は『編集者×クリエイター』が集い、ストーリー系VRエンタメに強みを持つ日本有数のVRスタートアップ。VR小説・VR漫画であるFullDive novel&FullDive MANGAを企画・開発。音楽・プログラム・デザインすべてのクリエイターが揃っており、「ソードアート・オンライン」の担当編集として著名なライトノベルのカリスマ、三木一馬氏もアドバイザーとして参画している。第二回日本アントレプレナー大賞エンタメ部門受賞。

会社名:MyDearest株式会社 (MyDearest Inc.)
所在地:東京都台東区浅草橋2-28-1 NKグリーンビル4階
設立:2016年4月
代表:代表取締役CEO 岸上健人

■『ALTDEUS:Beyond Chronos』

プレイ人数:1人
発売・販売:MyDearest株式会社
監督・原案:柏倉晴樹
キャラクターデザイン:LAM

公式サイト:http://altdeus.com/



(C) 2019 MyDearest Inc. All Rights Reserved.
《monnchi》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【Indie Japan Rising】同人ゲーム専門店は生き残れるのか?三月兎さんげっと店インタビュー

    【Indie Japan Rising】同人ゲーム専門店は生き残れるのか?三月兎さんげっと店インタビュー

  2. 【GDC 2015】App StoreやGoogle Playでフィーチャーされる秘訣は「ビックマック」にあり!?

    【GDC 2015】App StoreやGoogle Playでフィーチャーされる秘訣は「ビックマック」にあり!?

  3. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  4. スクウェア・エニックス時田氏・鈴木氏、Tokyo RPG Factory橋本氏がゲーム企画から就職までを語る―ヒューマンアカデミー「ゲーム企画塾」第1回レポート

  5. 【CEDEC 2009】「ノスタルジックなゲームの現代的パッケージング手法~『ゲームセンターCX 有野の挑戦状』の開発事例~」

  6. 週間ゲームソフト&ハード販売ランキング 2005年1月31日-2月6日

  7. 【ゲーム×法律】ゲームの利用規約違反で制裁、どこまで許される?

  8. 800万DLを達成した『コトダマン』におけるモノビットエンジン採用実例と最新情報【CEDEC 2018】

  9. 【昨日の人気記事チェック】「4」?スクウェア・エニックスが謎のサイトを公開(6月28日)

  10. EAとアクティビジョン、『Call of Duty』を巡る4億ドルの訴訟がスタート

アクセスランキングをもっと見る