人生にゲームをプラスするメディア

『仁王2』信長と縁ある「濃姫」&「今川義元」登場!新妖怪やステージなど最新情報公開―あの“桶狭間”も物語の舞台に

「藤吉郎」役の竹中直人さん、「無明」役の波瑠さんのメイキング映像が公開。それに加えて、新たな登場人物や妖怪、ステージなども紹介されています。

ソニー PS4
『仁王2』信長と縁ある「濃姫」&「今川義元」登場!新妖怪やステージなど最新情報公開―あの“桶狭間”も物語の舞台に
  • 『仁王2』信長と縁ある「濃姫」&「今川義元」登場!新妖怪やステージなど最新情報公開―あの“桶狭間”も物語の舞台に
  • 『仁王2』信長と縁ある「濃姫」&「今川義元」登場!新妖怪やステージなど最新情報公開―あの“桶狭間”も物語の舞台に
  • 『仁王2』信長と縁ある「濃姫」&「今川義元」登場!新妖怪やステージなど最新情報公開―あの“桶狭間”も物語の舞台に
  • 『仁王2』信長と縁ある「濃姫」&「今川義元」登場!新妖怪やステージなど最新情報公開―あの“桶狭間”も物語の舞台に
  • 『仁王2』信長と縁ある「濃姫」&「今川義元」登場!新妖怪やステージなど最新情報公開―あの“桶狭間”も物語の舞台に
  • 『仁王2』信長と縁ある「濃姫」&「今川義元」登場!新妖怪やステージなど最新情報公開―あの“桶狭間”も物語の舞台に
  • 『仁王2』信長と縁ある「濃姫」&「今川義元」登場!新妖怪やステージなど最新情報公開―あの“桶狭間”も物語の舞台に
  • 『仁王2』信長と縁ある「濃姫」&「今川義元」登場!新妖怪やステージなど最新情報公開―あの“桶狭間”も物語の舞台に

コーエーテクモゲームスは、2020年初頭発売予定のPS4向けダーク戦国アクションRPG『仁王2』に関して、ゲーム最新情報を公開しました。

賊がはびこり妖怪たちが蠢く荒廃した戦国末期の日本を舞台にした、“戦国死にゲー”として名高い『仁王』の続編となる本作。主人公は妖怪の力を持ったサムライとして、荒廃した戦国の世で戦いながら、妖怪の棲む常闇の世界に導かれていきます。

今回は、「藤吉郎」役・竹中直人さん、「無明」役・波瑠さんのメイキング映像が公開。それに加えて、新たな登場人物や妖怪、ステージなども紹介されています。

以下、公式サイトより引用

◆メイキング映像


■「藤吉郎」役・竹中直人さん


■「無明」役・波瑠さん



◆登場人物


■濃姫(CV:田中理恵)


斎藤道三の娘で、織田信長の正室。凛とした美しさと威厳を備えた女性で、氷のように冷たいと思われることもあるが、夫の信長を深く愛している。守護霊の薄氷蝶(うすらひちょう)は、死者の魂との関わりが深いという。



■今川義元(CV:中尾隆聖)


東海道の大部分を支配下におさめ、海道一の弓取りと称えられる大大名。公家風の装いは、今川家だからこそ許されたもので、格の高さを示している。信長の天下統一への道に立ちはだかる、巨大な壁と言える存在。



◆守護霊


■薄氷蝶


薄氷蝶の守護霊技は、無数の薄氷蝶を呼び出して飛び回らせ、範囲内の敵全てに水属性を帯びた攻撃を加える。水属性の状態異常はダメージが増加するため、布石としても有効だ。

■六牙象


六牙象の守護霊技は、広範囲に落雷を発生させる。妖怪化中は戦闘力が向上するが、攻撃範囲はあくまで個を対象としたものなので、広範囲への攻撃手段となる守護霊技は有用であろう。

◆妖怪


■煙々羅(えんえんら)


常闇に呑み込まれ命を落とした人々の恨みの念が、煙状の常世に宿って鬼の形を成したもの。風呂場やかまどなどに立ち上る湯気や煙に紛れ、人を襲うとされる。

■一本だたら


一つ目一つ脚の妖怪。だたらは製鉄や鍛冶を意味し、過酷な労働で目や足を患った鍛冶師が鬼に変じた姿とされる。槌や大太刀などの武器を手にしているが、強靭な脚による攻撃にも注意しなければならない。

■わいら


巨大な体に太く長い一本だけの爪を持つ前足を備えた、正体不明の妖怪。いくつかの絵巻に描かれているが、いずれも下半身が描かれておらず、全容は明らかでない。常世に潜んで人間を待ち伏せ、襲って食うといわれる。

◆新ステージ


■たたら場


山間の湖に面した鍛冶師の村は、流れ者が集住し製鉄を生業としたことから、たたら山と呼ばれていた。だが、今やかつての賑わいは失われ、村は荒廃の一途をたどっている。村の最奥にそびえ立つたたら場には、ごく限られた鍛冶師だけが立ち入りを許されるという。



■桶狭間


尾張東方の国境近く、切り立った山々に囲まれた窪地の一つが、桶狭間と呼ばれる土地である。見通しの悪い山野は軍勢を伏せるのに適し、行軍時の休息の場に選ばれることも少なくなかった。周囲には狭隘な谷が広がるが、土地は痩せ、人家も絶えて久しい。時折、無法者や落ち武者が人目を逃れて谷へと入っていくが、彼らの姿を再び見ることは無いという。吹き上げる谷風は、何者かの呻きのように聞こえる。





『仁王2』は、2020年初頭発売予定。価格は未定です。

※画像は開発中のものです。

(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.
《茶っプリン》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『ウォッチドッグス レギオン』の手触りはどう? ロンドン在住者に街並みの再現度についても聞きました

    『ウォッチドッグス レギオン』の手触りはどう? ロンドン在住者に街並みの再現度についても聞きました

  2. PS Plus11月の提供コンテンツとPS5向け新特典「PlayStation Plusコレクション」「ゲームヘルプ」の情報を公開

    PS Plus11月の提供コンテンツとPS5向け新特典「PlayStation Plusコレクション」「ゲームヘルプ」の情報を公開

  3. 『Ghost of Tsushima』冥人奇譚で“境井仁の凄さ”を痛感した話―最強の冥人は間違いなくこの男

    『Ghost of Tsushima』冥人奇譚で“境井仁の凄さ”を痛感した話―最強の冥人は間違いなくこの男

  4. PS VR所有者に向けたPS5用アダプターの申込受付開始―1台につき1回の申込が可能

  5. 寿美菜子×豊崎愛生が『ウォッチドッグス レギオン』をプレイ!─ロンドンの街並みの再現度、緊迫のステルスアクションに大興奮

  6. 『SEKIRO』機能追加アップデート配信開始! お得な「GAME OF THE YEAR EDITION」も発売

  7. 『モンハンワールド:アイスボーン』ミラボレアスを倒すために考えた7つのこと

  8. PS5までの歴代PlayStation据え置きハードを振り返る!これまでの進歩とこれからの進歩を見比べよう

  9. PS5に潜む奇妙な伏兵、『エイブ』を語ろう─割とグロいけど、カルトな人気!“わかんない”人にこそ伝えたいキモカワな魅力

  10. PS5のロンチCMが公開!―「進め、鼓動の高鳴るほうへ。進め、無限の進化のその先へ」

アクセスランキングをもっと見る