人生にゲームをプラスするメディア

スマホ向けMMO『TERA ORIGIN』でちゅうにー&宮本彩希と激突!PvPコンテンツ「カイアの戦場」体験会レポート

スマホMMO『TERA ORIGIN(テラ オリジン)』の3on3対人戦に挑む!ちゅうにーさんがつよい…。

モバイル・スマートフォン iPhone
スマホ向けMMO『TERA ORIGIN』でちゅうにー&宮本彩希と激突!PvPコンテンツ「カイアの戦場」体験会レポート
  • スマホ向けMMO『TERA ORIGIN』でちゅうにー&宮本彩希と激突!PvPコンテンツ「カイアの戦場」体験会レポート
  • スマホ向けMMO『TERA ORIGIN』でちゅうにー&宮本彩希と激突!PvPコンテンツ「カイアの戦場」体験会レポート
  • スマホ向けMMO『TERA ORIGIN』でちゅうにー&宮本彩希と激突!PvPコンテンツ「カイアの戦場」体験会レポート
  • スマホ向けMMO『TERA ORIGIN』でちゅうにー&宮本彩希と激突!PvPコンテンツ「カイアの戦場」体験会レポート
  • スマホ向けMMO『TERA ORIGIN』でちゅうにー&宮本彩希と激突!PvPコンテンツ「カイアの戦場」体験会レポート
  • スマホ向けMMO『TERA ORIGIN』でちゅうにー&宮本彩希と激突!PvPコンテンツ「カイアの戦場」体験会レポート
  • スマホ向けMMO『TERA ORIGIN』でちゅうにー&宮本彩希と激突!PvPコンテンツ「カイアの戦場」体験会レポート
  • スマホ向けMMO『TERA ORIGIN』でちゅうにー&宮本彩希と激突!PvPコンテンツ「カイアの戦場」体験会レポート
2019年10月10日(木)よりサービス開始となるスマートフォン向けアクションMMORPG『TERA ORIGIN(テラ オリジン)』。本作はPCでプレイできるオンラインRPG『TERA』の1000年前を描いており、その物語やプレイできるコンテンツに注目が集まっています。

この度その配信に先駆け、運営元であるネットマーブルで本作のPvPコンテンツ「カイアの戦場」のメディア向け体験会が実施され、インサイドからは筆者と編集長が参加しました。本稿ではそのレポートをお届けします。


◆「カイアの戦場」は全てのプレイヤーが公平なルールで遊べる


今回体験することとなった「カイアの戦場」は、50vs50の大規模PvPコンテンツである「神話の戦場」とは違い3vs3で行われる小規模の対戦コンテンツ。


こちらでは全てのプレイヤーのレベルが統一されるため、初心者と上級者が一緒にかつ公平に遊ぶことができ、少人数だからこそパーティプレイの基礎である自身の“役割”を意識したプレイも学べると、『テラオリ』で初めてMMORPGを遊ぶという人も楽しめます。

今回は、我々インサイドの他に別の媒体からひとり。そしてゲストとして参加してくださったしろくろちゃんねる配信者のちゅうにーさんと、コスプレイヤーの宮本彩希さんのどちらかを加えた3名のチームで対戦に臨むことに。

ちゅうにーさんと宮本さんは人気キャラクター“エリーン(プリースト)”のコスプレで参加され、男性ばかりの参加者たちに華やかさをもたらせてくれました。



◆最初は難しく感じてもすぐそこに解決策がある


3vs3以外のルールについては、マップ上に設置されたタワーを破壊することで2点、相手プレイヤーをひとり撃破することで1点を獲得することができます。制限時間内にそのポイントをより多く獲得するか、マップ最奥に配置された相手のタワーを破壊すると勝利となります。


まずは練習として2戦実施。練習ではちゅうにーさんにヒーラーを担当してもらい、筆者の役割(ロール)がタンク、もうひとりがアタッカーを担当。筆者が使用したタンクのキャラクターは“ランサー”で、長槍によるリーチと手にした大盾による防御スキルが特徴のキャラクター。


その防御スキル“スタンドファスト”は、ボタン長押しでガードを持続させることができるのですが、タンク役にすら一撃で致命傷を与えるタワーの攻撃力の高さに驚き、攻撃するターゲットすら定められず、せっかく盾を構えても敵のいない方向と散々な状況。

もちろん初戦はそんな有様のため敢え無くぼろ負けに。あまりの申し訳なさに筆者はネットマーブルの担当の方にコツを教わりました。その際にまずチェックしたのが“レイヴン”の項目。


レイヴンはバトルをサポートしてくれるプレイヤーのお供と言えるキャラクターで、メインで装備するひとりに加えて3人までを設定できます。レア度が高いほど複数の属性をあわせもっているキャラクターが増えており、SSRのレイヴンを多く編成に入れることでメインで使用するレイヴンのスキル発動条件を手早く満たせるなど、編成上でのコツがそこで判明。


2戦目に入った際は毒のスリップダメージで相手をじわりじわりと追い詰めるアタッカー“アルケミスト”で臨んだのですが、その際におススメされたのが“セミオート”を用いること。

これを利用すると攻撃するターゲットをゲーム側で自動に選択してくれるようになるため、どのスキルを使うのかの判断する余裕が生まれました。

これによって2戦目はそこそこ活躍できたのですが、やはりまだ力及ばず敗北。宮本さんには申し訳ない気持ちで一杯ですが、ここで一度休憩を挟むことに。休憩後からインサイドのプレイヤーは編集長にバトンタッチ。またちゅうにーさんと宮本さんも別チームに入れ替わることとなりました。


なお、試合の合間にも練習する一幕や、キャラクターのスキルや装備するレイヴンの編成を確認する場面が見られました。レイヴンたちのイラストはどれも美しく、見ているだけでも飽きません。町中では様々なエモートを他のプレイヤーに送ることができ、可愛らしくダンスする様も見られました。

▲ランサー

▲アルケミスト

そして本番の対戦に突入。編集長には筆者がふがいないためご迷惑をおかけする結果となってしまいましたが、そのプレイは流石の一言。先ほどまで筆者が扱っていたアルケミストとは思えないほどのDPSを発揮しており、自己バフスキルなどを活用してチームを勝利に導いていました。


続いて2戦目は先ほど筆者がボロボロで終わったランサーを使用。こちらでもキッチリ役割をこなしており、ターゲット取りやガードスキル等を活かしてなんと2連勝!

これを見た筆者が、しっかりMMOを勉強しようと決意したことは付け加えておきます。やはりお仕事でも、こういう場面でしっかり勝てた方がカッコいいですしね。


このプレイ後、ちゅうにーさんと宮本さんを対象に囲み取材が行われました。以下よりその模様をお届けします。

◆ちゅうにーさん&宮本彩希さんコメント



――今回衣装を着た感想をお願いします。

宮本彩希さん(以下、宮本):最初こんなキャラクターがいるのかな? と思ったのですが、キャラクターメイキングでいっぱい変えられるから、衣装の幅が沢山ありました。着るのは楽しかったですね!

ちゅうにーさん(以下、ちゅうにー):今回はエリーンのプリーストの衣装になりますが、コスプレイヤーって現物に近づけなくちゃと思ってお仕事をするんです。でも今回のお話を頂いた際にピンクの髪色だったりカスタマイズが可能な“アバター”だと伺ったので、自由にやらせて貰えました。その辺りは楽しかったですね。

――ゲームについてはいかがでしたか?

宮本:ずっとプリーストを使っていたのですが、最後までなんか「……こう!?」みたいに確信がもてないままプレイしていたので、配信されたら修行しなおしたいなと思っています。私自身MMOはかじったことぐらいしかないのですが、遠距離から攻撃するキャラクターなので、プリーストは使いやすいなと感じました。

ちゅうにー:MMOって時間かけるかお金をかけるかした人が強くなるコンテンツじゃないですか。PvPコンテンツを遊んでも絶対に勝てないじゃんと思うことが多いですが、「カイアの戦場」についてはまた違った視点でフラットな視点で戦えました。これならゲームを始めたばかりの友だちも誘いやすいので、幅広い人に楽しんでもらえるゲームだなと思いましたね

宮本:今回はやられっぱなしになっちゃったので、やっぱり悔しい! って気持ちは大きかったです。上手い人の立ち回りを見るのがメインになってしまったのですが、ポイント制のルールも分かりやすく、勝っても負けても楽しめるんじゃないかと。

ちゅうにー:職業も初期から選べるものが多かったです。職種ごとの特徴も大きいので、野良でマッチングしても知り合いと示し合わせても遊べると思います。

宮本:もっと人数が多くなったら組み合わせが無限になりますよね。

ちゅうにー:他にも大規模コンテンツがあるので、その点も楽しみです。


――最後に一言ずつお願いします。

ちゅうにー:YouTubeのしろくろちゃんねるの方で遊んでみた動画が上がると思うので、そちらでもどんなゲームなのかと楽しんでいただければと思います。

宮本:私はそれを見て、実際にプレイできるようになったら頑張って追いつきたいなって思います!



以上、『テラオリ』の小規模PvPコンテンツ「カイアの戦場」体験会の模様をお届けしました。なお、本作が初心者でもプレイしやすい点はこれだけではなく、ゲーム内にPK(プレイヤーキラー)やそれに順ずる行為はできないのだとか。

このため、MMO初心者の方でも安心してプレイできます。配信を迎えた際はぜひ一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

公式サイト
公式Twitter(@TERA_ORIGIN)
《井の上心臓》

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『アズレン』SR潜水艦「U-110」の新衣装公開!「なぜ水着の下にパンツ履いてるん?」という疑問にイラスト担当・かぷりちお氏が答える

    『アズレン』SR潜水艦「U-110」の新衣装公開!「なぜ水着の下にパンツ履いてるん?」という疑問にイラスト担当・かぷりちお氏が答える

  2. 火力最強は「やしゃのこん」!?シチュエーションごとの最強武器を田んぼで語る【ドラクエウォーク 秋田局】

    火力最強は「やしゃのこん」!?シチュエーションごとの最強武器を田んぼで語る【ドラクエウォーク 秋田局】

  3. 『ドラクエウォーク』実際に遊んでみたリアルな感想は?約9割が「満足」以上と回答するも、課金周りには厳し目な意見が【読者アンケート】

    『ドラクエウォーク』実際に遊んでみたリアルな感想は?約9割が「満足」以上と回答するも、課金周りには厳し目な意見が【読者アンケート】

  4. 誰もが通った道、かも?『FGO』初心者マスターが考えがちな“思い込み”8選─「QPは減らない」「低レアのサーヴァントは使わない」など【特集・アンケート】

  5. タクティカルRPG『FFBE幻影戦争』戦闘シーンも収めた新映像を公開! 事前登録受付も開始、50万人突破で「ヤ・シュトラ」プレゼント

  6. 『ロマサガRS』今さら聞けない「七英雄」まとめ―生い立ちや背景、能力値、人気の秘密は?

  7. 今さら聞けない『アズールレーン』ー『艦これ』との違いや魅力って?【特集】

  8. 『ロマサガRS』お勧めの育成キャラ結果発表!評価基準は耐久力と火力…1位はあの大剣使い【読者アンケート】

  9. FFシリーズの新作タクティカルRPG『FFBE幻影戦争』11月14日配信決定!初日より『FFXIV: 漆黒のヴィランズ』コラボを開催

  10. 『メギド72』新メギド「アバラム」が参戦!「バエル」「ベレト」「ティアマト」のハロウィン衣装も登場

アクセスランキングをもっと見る

1