人生にゲームをプラスするメディア

『ファイアーエムブレム』で2部構成の作品って何があるの?シリーズ作を徹底チェック─本日26日発売の『風花雪月』との違いもご紹介

『ファイアーエムブレム 風花雪月』の発売を記念し、2部構成のシリーズ作品をあれこれご紹介! いずれもユニークなものばかりですが、『風花雪月』もまた独自の形になっているので、比較しつつお楽しみください。

任天堂 Nintendo Switch
『ファイアーエムブレム』で2部構成の作品って何があるの?シリーズ作を徹底チェック─本日26日発売の『風花雪月』との違いもご紹介
  • 『ファイアーエムブレム』で2部構成の作品って何があるの?シリーズ作を徹底チェック─本日26日発売の『風花雪月』との違いもご紹介
  • 『ファイアーエムブレム』で2部構成の作品って何があるの?シリーズ作を徹底チェック─本日26日発売の『風花雪月』との違いもご紹介
  • 『ファイアーエムブレム』で2部構成の作品って何があるの?シリーズ作を徹底チェック─本日26日発売の『風花雪月』との違いもご紹介
  • 『ファイアーエムブレム』で2部構成の作品って何があるの?シリーズ作を徹底チェック─本日26日発売の『風花雪月』との違いもご紹介
  • 『ファイアーエムブレム』で2部構成の作品って何があるの?シリーズ作を徹底チェック─本日26日発売の『風花雪月』との違いもご紹介
  • 『ファイアーエムブレム』で2部構成の作品って何があるの?シリーズ作を徹底チェック─本日26日発売の『風花雪月』との違いもご紹介

ユニットに個性を加える一方で、一度倒れたら戻ってこないシビアなゲーム性を取り入れた『ファイアーエムブレム 暗黒竜と光の剣』。その絶妙なバランスが好評を博し、シリーズ展開を遂げる人気作となりました。

当初は、据え置き機向けにリリースされていましたが、ゲームボーイアドバンスなどの携帯ゲーム機にも活躍の場を広げ、近年ではニンテンドーDSや3DSに向けたリリースが続いていました。


ですが、12年ぶりとなる据え置き機向けのシリーズ最新作『ファイアーエムブレム 風花雪月』が、本日7月26日に発売されました。しかも本作は、「士官学校編」から「戦争編」へと繋がる2部構成。戦う意味が大きく変わる刺激的な展開に、期待を高めているユーザーも多いことでしょう。

ちなみに『ファイアーエムブレム』シリーズは、2部構成の作品がいくつかあります。必ず2部構成というわけではありませんが、ユニークな形になっているものも多いので、今回は2部構成作品をそれぞれ紹介させていただきます。また、『ファイアーエムブレム 風花雪月』の2部構成が、他の作品とどう違うのか、その点についても迫りたいと思います。

『ファイアーエムブレム 風花雪月』をプレイして、2部構成の形式が気に入った方は、他の2部構成作品もプレイしてみてはいかがでしょうか。バーチャルコンソールや携帯機で遊べる作品が多いので、比較的アクセスしやすいのも嬉しい点です。

◆シリーズの原点は、後から2部構成になった珍しい展開



本シリーズの原点は、ファミコン向けに登場した『ファイアーエムブレム 暗黒竜と光の剣』です。この作品の成功が、後のシリーズ展開を決定づけており、非常に重要な位置を占めるタイトルと言えるでしょう。

この『暗黒竜と光の剣』は、大きな区切りのない単独作品でした。ですが、本作のスーパーファミコン版とも言える『ファイアーエムブレム 紋章の謎』は、『暗黒竜と光の剣』のリメイクだけに留まらず、第2部「紋章の謎」をまるごと新規で追加。そのため、このスーパーファミコン版の発売を機に、「暗黒竜と光の剣」が第1部という位置づけになりました。


「暗黒竜と光の剣」と「紋章の謎」の2部構成は、その後の展開にも引き継がれており、DS向けに改めてリメイクされた際、『ファイアーエムブレム 新・暗黒竜と光の剣』『ファイアーエムブレム 新・紋章の謎 ~光と影の英雄~』となり、前後作として単体の作品化を果たします。


最初は単独の物語として登場し、後に「紋章の謎」が追加されて2部構成に。更に、個々が単独でリメイクされるといった、シリーズ作の中でも他に類を見ない展開を遂げた「暗黒竜と光の剣」。これだけユニークな発展を見せたのは、原点ならではと言ったところでしょうか。

ちなみに2部構成ではありませんが、「暗黒竜と光の剣」の前日談を描いている『BSファイアーエムブレム アカネイア戦記』もあります。現時点でオリジナル版を遊ぶのは無理ですが、リメイクされたマップとシナリオが『ファイアーエムブレム 新・紋章の謎 ~光と影の英雄~』に収録されているので、興味が湧いた方はそちらをチェックしてみてください。ただし、バーチャルコンソール化はされておらず、オリジナル版しかないのでご注意を。

◆1部の終わり方が重い! 子供世代を初めて取り入れた『ファイアーエムブレム 聖戦の系譜』



時代と共に変化した『暗黒竜と光の剣』と比べると、『ファイアーエムブレム 聖戦の系譜』の2部構成は実にベーシックな作りと言えるでしょう。本作はまず、シグルドが主人公として活躍する物語から始まり、いくつもの戦いと様々な出会いを経て、その中で伴侶を見つけます(プレイによっては結ばれないキャラもいます)。

しかし、愛しい者とのひとときは、あっけなく終わりを迎えてしまいました。汚名を着せられ、名誉を挽回する機会を得られないまま、シグルドたちは命を落とすことに。そして、シグルドの子供・セリスが主人公となり、子供世代の物語が幕を開けます。

『紋章の謎』に続き、2部構成となった『聖戦の系譜』。ですが本作は、1部と2部の間がかなり空いている上に、登場キャラクターはほぼ一新されているなど、『紋章の謎』とは異なる点が多数あります。期間が空いている理由のひとつは、子供たちが戦える年齢に成長する必要があるため。世代を超える戦いを、『聖戦の系譜』で味わうことができます。

子供世代が登場する『ファイアーエムブレム』はいくつかありますが、1本のソフトの中で、第1部が親世代、第2部が子供世代と明確に分かれているのは、シリーズ全体を通してもこの『聖戦の系譜』のみ。その分、戦争の厳しさをより実感できる作品でもあります。


ちなみに、外伝的な位置づけの『ファイアーエムブレム トラキア776』もあるので、『聖戦の系譜』に惹かれた方は、こちらのプレイも視野に入れてみて下さい。ただし、かなり歯応えのある難易度なので、覚悟しつつ挑みましょう



次のページ:時代を遡る『封印の剣』と『烈火の剣』
《臥待 弦》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ポケモン』海外で万バズ!?改めて注目されたグラードンvsカイオーガの迷場面

    『ポケモン』海外で万バズ!?改めて注目されたグラードンvsカイオーガの迷場面

  2. 『ポケモン スカーレット・バイオレット』新ポケモン発表! キュートな「パピモッチ」、地上で暮らす「ウパー(パルデアのすがた)」、パワフルな「ハルクジラ」

    『ポケモン スカーレット・バイオレット』新ポケモン発表! キュートな「パピモッチ」、地上で暮らす「ウパー(パルデアのすがた)」、パワフルな「ハルクジラ」

  3. 『ポケモンSV』ウパーだけじゃない!?リージョンフォーム登場に期待がかかる“ご当地ポケモン”

    『ポケモンSV』ウパーだけじゃない!?リージョンフォーム登場に期待がかかる“ご当地ポケモン”

  4. 『モンハンライズ』の新スキル「鬼火纏」って何?驚くべき強さの秘密や注意点まで徹底解説

  5. 「ちいかわ」作者が『Dead by Daylight』に夢中!?“全年齢版ブラボ”の一歩先へ…

  6. 『ポケモンSV』で新ブイズ登場の予感!?アニメ「ポケモン」の展開から導き出されるニュータイプの可能性

  7. 『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

  8. 『ポケモン ソード・シールド』で「サトシの手持ちポケモン」が貰える!アニメ放送内で“あいことば”を順次発表へ

  9. 【ここが変だよポケモンずかん】ひたすら不憫なプロレスラー…ポケモン世界でも身体を張るプロ根性に乾杯!

  10. 『スプラトゥーン3』発売前に遊べる「前夜祭」開催決定!3チーム同時に争う「トリカラバトル」も体験可能

アクセスランキングをもっと見る