人生にゲームをプラスするメディア

カプコン、2019年3月期第3四半期決算を発表―Steamや海外向けに展開した『モンハン』シリーズが業績向上の牽引役に

カプコンは、2019年3月期 第3四半期の連結業績(2018年4月1日~2018年12月31日)を、2月4日に発表しました。

その他 全般
カプコン、2019年3月期第3四半期決算を発表―Steamや海外向けに展開した『モンハン』シリーズが業績向上の牽引役に
  • カプコン、2019年3月期第3四半期決算を発表―Steamや海外向けに展開した『モンハン』シリーズが業績向上の牽引役に

カプコンは、2019年3月期 第3四半期の連結業績(2018年4月1日~2018年12月31日)を、本日2月4日に発表しました。

売上高は612億7000万円(前年同期比 28.3%増)、営業利益は134億6100万円(前期比 92%増)、経常利益は135億3900万円(前期比 90.7%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益は91億8000万円(前期比 106.8%増)と、大幅な伸長を記録しました。

デジタルコンテンツ事業では、看板タイトル『モンスターハンター:ワールド』がユーザー層の拡大により人気が持続したほか、Steam版も好調な推移を記録。海外向けに発売した『モンスターハンターダブルクロス』も安定した人気に支えられ順調に伸長するなど、『モンスターハンター』シリーズが業績向上の牽引役になりました。

また、『ロックマン11 運命の歯車!!』や、提携タイトル『レッド・デッド・リデンプション2』といったシリーズ最新作ソフトも底堅い売行きを記録。さらに、リマスター版『鬼武者』、『ストリートファイター 30th アニバーサリーコレクション』、『ロックマンX アニバーサリー コレクション(1、2、1+2)』も、固定ファンや根強いブランド力により好調な推移に。

これらの結果、デジタルコンテンツ事業における売上高は478億5500万円(前年同期比55.2%増)、営業利益152億8800万円(前年同期比144.3%増)となりました。

■第3四半期決算短信
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120190204469115.pdf
《茶っプリン》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

    【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

  2. ゲーム19XX~20XX第20回:『真・女神転生』シリーズ第1作目が登場。ほかにもメガヒットタイトルが続々登場した1992年のゲームを紹介!

アクセスランキングをもっと見る