人生にゲームをプラスするメディア

任天堂、平成31年3月期第3四半期決算で増収増益を記録─『ポケモン ピカ・ブイ』『スマブラSP』共に1,000万本超え! スイッチは1,449万台を販売

任天堂は、平成31年3月期 第3四半期決算を発表しました。

任天堂 その他
任天堂、平成31年3月期第3四半期決算で増収増益を記録─『ポケモン ピカ・ブイ』『スマブラSP』共に1,000万本超え! スイッチは1,449万台を販売
  • 任天堂、平成31年3月期第3四半期決算で増収増益を記録─『ポケモン ピカ・ブイ』『スマブラSP』共に1,000万本超え! スイッチは1,449万台を販売

任天堂は、平成31年3月期 第3四半期決算を発表しました。

平成31年3月期 第3四半期の連結業績(平成30年4月1日~平成30年12月31日)は、売上高9,972億円(前年同期比 16.4%増)、営業利益2,200億円(同期比 40.6%増)、経常利益2,402億円(同期比 23.5%増)、四半期純利益1,687億円(同期比 24.9%増)と、全体的に堅調な推移を見せており、増収増益を達成しました。

ソフトウェア関連では、今回もニンテンドースイッチ向けのタイトルが大きな伸びを見せ、昨年10月に発売した『スーパー マリオパーティ』が530万本を販売したほか、11月に発売した『ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ』が1,000万本の大台に。さらに、12月発売の『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』は1,208万本を販売し、スイッチの好調ぶりに拍車をかけています。

この結果、ソフトウェア全体の販売本数は9,464万本となり、前年同期と比べて100.9%増に。また、ハードウェアの販売台数は1,449万台となり(同期比 19.5%増)、着実に台数を積み上げています。

ニンテンドー3DSについては、ハードウェアの販売台数が231万台(同期比 60.5%減)、ソフトウェアの販売本数は1,108万本(同期比 64.5%減)と、減少傾向。発売から8年目を迎えた長寿ハードですが、厳しい戦いが続いています。しかしその一方で、『マリオカート7』が当期だけで107万本を売り上げるなど、根強い人気を窺わせる面も。

ゲーム専用機におけるデジタル売上高は842億円(同期比 95.1%増)と、こちらも好調に推移。また、当期に配信を開始した『ドラガリアロスト』を含むスマートデバイス・IP関連収入等の売上高は、333億円(前年同期比14.7%増)となりました。

※いずれも全世界合計

【第3四半期決算短信】
https://www.nintendo.co.jp/ir/pdf/2019/190131.pdf

【決算参考資料】
https://www.nintendo.co.jp/ir/pdf/2019/190131_2.pdf
《臥待 弦》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』イカ研究所通信で「週刊ギアパワー豆知識」が配信開始―ドリンクチケット5枚も貰える!

    『スプラトゥーン2』イカ研究所通信で「週刊ギアパワー豆知識」が配信開始―ドリンクチケット5枚も貰える!

  2. 『スプラトゥーン2』新ギア「メイン性能アップ」のヒミツを検証!発生する効果はなんと10種類

    『スプラトゥーン2』新ギア「メイン性能アップ」のヒミツを検証!発生する効果はなんと10種類

  3. コーエーテクモゲームスも開発に参画している『ファイアーエムブレム 風花雪月』─任天堂と手を組む新たな一作に期待感

    コーエーテクモゲームスも開発に参画している『ファイアーエムブレム 風花雪月』─任天堂と手を組む新たな一作に期待感

  4. 日本一ソフトウェア、荒廃した秋葉原を舞台に女の子たちがサバイバルする『じんるいのみなさまへ』をPS4/スイッチ向けに発表!

  5. 『ルルアのアトリエ ~アーランドの錬金術士4~』あの「メルル」と「ケイナ」が成長した姿で登場! 主人公や仲間たちの詳細情報も明らかに

  6. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

  7. 『スマブラSP』これさえ読めば超初心者も戦える!大乱闘の基本を5項目でチェック

  8. 『スプラトゥーン2』Ver.4.4.0の変更点を8項目でチェック!シューター全般とヴァリアブルローラーが人気になるか!?

  9. 『ポケモン ピカ・ブイ』は初代と比べてどのくらい進化した!?20年の歳月はここまで『ポケモン』をすごくした!

  10. 任天堂のキャラクター、今と昔で見た目がぜんぜん違う!?マリオやカービィの歴史を画像で振り返る

アクセスランキングをもっと見る