人生にゲームをプラスするメディア

ゲーム好きにとってゲームライターは天職と言えるのか?とあるインサイド記者の場合

世の中には面白いゲームがたくさん溢れている。コンシューマーからスマートフォンまで様々なデジタルゲームを遊んだ筆者だが、ゲーム好きなら将来の職業候補に挙がるゲームライターという職種について改めて考えてみた。

その他 全般
ゲーム好きにとってゲームライターは天職と言えるのか?とあるインサイド記者の場合
  • ゲーム好きにとってゲームライターは天職と言えるのか?とあるインサイド記者の場合
  • ゲーム好きにとってゲームライターは天職と言えるのか?とあるインサイド記者の場合
  • ゲーム好きにとってゲームライターは天職と言えるのか?とあるインサイド記者の場合
  • ゲーム好きにとってゲームライターは天職と言えるのか?とあるインサイド記者の場合
  • ゲーム好きにとってゲームライターは天職と言えるのか?とあるインサイド記者の場合
世の中には面白いゲームがたくさん溢れている。コンシューマーからスマートフォンまで様々なデジタルゲームを遊んだ筆者だが、ゲーム好きなら将来の職業候補に挙がるゲームライターという職種について改めて考えてみた。果たして、ゲーム好きにとってゲームライターは天職と言えるのか?あくまで、筆者個人の経験において、という点に留意し「ゲームを伝える仕事」に興味のある方は一読して頂きたい。


ゲームに関わる仕事が多くある中で、ゲームライターになるという選択肢の動機は人それぞれだ。だから、どんな良いことがあって、悪いことがあったかを赤裸々に綴る。ちなみにゲーム会社から送られるリリースを記事にする場合、イベントやインタビューなどを取材する場合の大きく分けて2つの役割がある。筆者は後者を中心に記事を書いている。

筆者はこれまで、日本酒専門メディアや医療系メディア、エンタメ系メディアなどで執筆してきた。ゲームライターになったのは、2018年4月。「コスプレの記事が書きたいので外部ライターにしてください」とゲームメディア「インサイド」に問い合わせたのが始まりだ。

会ってくれた編集長は「日本酒利酒師の資格を持っているから」という理由で採用してくれた。(*)この辺りはかいつまんで説明しているので、きちんとした採用までの流れがあったと明記しておく。
(*)編集注:もちろん、「日本酒利酒師の資格」だけでの採用はしておりません。これまでのライターとしての実績とゲームへの熱意を吟味し採用させて頂いております。

■好きなゲーム記事を書ける


コスプレ書きたいと言ってやってきた筆者ではあったが、スマートフォン向けRPG『Fate/Grand Order』が大好きだったので、最初は『FGO』関連の記事を多く書いた。自分が好きでやりこんでいるゲームを書けるのは純粋にそれだけで楽しい。


しかし、当然ながらブログとは違うので、ニュース性が求められる。新章配信やキャンペーン開始などのタイミングを見極め、企画書を編集部に出してOKが出ない限り、書き始めることはできない。加えて、読者が共感してくれるような内容、読みやすい構成でなければいけない。

【関連記事】
『FGO』第2部は中国が来る…? 聖杯に召喚してほしい中国傾国美女サーヴァントを妄想してみた
【FGO】マルタレベル&絆MAX記念!町娘から聖女になった少女の背景に迫るーマルタが言う「彼」とは?
【FGO】期間限定ガチャの岡田以蔵に聖杯を注ぐべきか否かー幕末四大人斬り一挙紹介


■リアルイベントに取材枠で参加できる


ゲームのリアルイベントは抽選であったり、チケット枚数が限られていたりすることも多いが、ゲームライターであれば取材枠で参加できる。しかも一般参加ではないので並ぶ必要もない。初めて「FGOフェス」に参加できた時は嬉しかった。


とはいえ、取材なので一般参加のように楽しむことはほとんどできない。どのイベントを取材しても、魅力をできるだけ早く伝えなければならない。そこには他メディアとの競争も生まれる。自身が楽しむ気持は後回しにするしかない。ちなみに「FGOフェス2018」では2日間で7本書いた。

【関連記事】
“虚数潜航艇シャドウ・ボーダー”にサーヴァントと巡る“世界展”!「FGOフェス2018」が楽しくて台風を忘れそう【FGOフェス2018】
『バンドリ!』第2期制作発表会レポート!戸山香澄役の愛美さんが太鼓判「キラキラドキドキが詰まっている」


■新作ゲームの先行プレイができる


ゲームライターの醍醐味が新作ゲームのプレイレポートなのは間違いない。発売前に先んじて遊べるのは、「ゲームライターになったんだな~」と感じる瞬間だし、「多くの人に感想を伝えてください」というゲーム会社の意気込みも伝わるので、「面白いのかどうか見極めさせて頂きます」と気持ち的には真剣勝負に挑む感覚だ。


とはいえ、先行プレイするゲーム全てが自分の好みとは限らない。客観的な視点で見所をいかに読者に伝えられるかは毎回悩む。プレイレポはゲームを隅々までチェックするので神経も使う。おまけに新作ゲームは他メディアも同時にプレイレポートを書くことが多いので、被らない切り口を意識しなければいけない。他メディアとの競争はコラボカフェや記者発表会などにも言える。

【関連記事】
およそ20年ぶりに最新ハードで蘇る『シェンムー I&II』―“伝説のゲーム”と呼ばれる所以とは
『サカつくRTW』金満オーナーが「Jリーグ」に挑戦したら、真逆の経営に面食らうも面白さは倍増!


■憧れのゲーム開発スタッフに会える


ゲームライターとしての転機は、自分が大好きなゲームの開発者に出会った時だ。スマートフォン向け光と音のRPG『アークザラッド R』は自分が中学生時代に遊んだ『アークザラッドI・II』の続編を原作スタッフが再集結して描くというもの。自分の人生に大きな影響を与えたシリーズだったので、新作発表時には泣いた。


しかも、編集部が筆者の熱意を汲んでくれて、ゲームの全貌を読者に伝えるための開発スタッフ独占インタビューを任せてくれた。目の前に憧れの方たちがいるし、7人同時インタビューだし、緊張でかなり震えていたのを今でも覚えている。それでも、全世界のファンが新作情報を待っているし、数あるメディアの中からインサイドを選んでくれたゲーム会社への感謝、編集部の顔に泥は塗れない責任、色々背負い込みながらも全身全霊で挑んだ。前日のコミックマーケットで3日間ほぼ徹夜でコスプレ取材をした疲れも全く感じなかった。

【関連記事】
『アークザラッド R』開発者による特別座談会-開発の経緯から新作情報まで思う存分語り尽くす
『アークザラッド R』原作チームにファンを代表して訊いた!シリーズ新作を紐解く9つの質問


■ゲームが好きだという気持ちを大事にできる


公正明大にゲームを遊べるのは、ゲームライターならではだと思う。現在はアプリゲーム全盛期で毎月のように新作が発売される。インディーズも合わせて、どこに大ヒットするゲームがあってもおかしくない。だから自分が面白いと感じる気持ちを大切にしながら、色んなゲームと思う存分向き合うことがそのまま仕事のプラスになる。

もちろん、時間が限られている現実問題があり、一つのゲームだけを長時間遊ぶことが難しくなる。ゲームライターの仕事はヒット作だけを追うのではなく、まだ知られていない面白いゲームを世の中に届ける一助を担うことだからだ。専業でやるとすれば、毎月、自分が大好きなゲームの記事だけを書くわけにはいかない。

■ゲーム好きにとってゲームライターは天職か?


まだゲームライターデビューしてから1年経たないが、その存在価値は何だろうか?と考えることが多い。ゲーム会社とプレイヤーの橋渡し役であることが理想なのか?と言えば、そうとは断言できない。ただ、取材してプレイレポを書くだけではつまらない。かといって、読者を第一に向いていないといけない。

現在は、自分が好きだったゲームだけでなく、まだ知られていない面白いゲームや開発者の想いを伝えたい気持が強くなった。月を追うごとにゲーム関連の記事を書く本数が増えているのを見ると、筆者は相当にのめり込んでいるようだ。ゲーム好きにとって天職かどうか正直、まだ答えはでないが、以前より確実にゲームをもっと好きになっている。もちろん、コスプレもゲームと親和性が高いので引き続き頑張っていきたい。

【関連記事】
『FGO』酒呑童子が愛した日本酒ってどんなお酒?ルーツとともに美味しさを伝えたい
「CygamesFes2018」はコスプレが熱い!『グラブル』公式レイヤーから『ドラガリ』中国人気レイヤーまで【写真132枚】
優勝賞金100万ドル『シャドバ』世界大会2018!五木あきら含む公式コスプレイヤー10人が会場を彩る【写真107枚】


編集部より


インサイドではサイト増強につきスタッフライターを募集します。

作業は在宅勤務で行い、業務委託・完全歩合制という形で、記事一本に対してそれぞれ内容に応じた原稿料をお支払いします。(原稿料について詳細をご希望の方は別途メールにてお問い合わせください)

ご自身で考えられた企画記事や見つけてきたネタを元に記事を執筆いただくことが基本的にお願いする業務となりますが、インタビューや取材なども依頼する場合がございます。

募集要項


・職種:ニュース記事投稿スタッフ
・年齢:18歳以上
・勤務地:不問
・勤務時間:日中
・採用人数:若干名
・受付期間:随時

【応募資格】


・ネット上の最新ニュースに敏感で、責任を持って一定量の作業ができる
・ゲームを紹介したり記事を書くことへの熱意がある
・インターネットやHTMLに関する基本的な知識がある
・自分でネタを見つけ、それを記事にできる
・スマートフォンゲームに精通している(『Fate/Grand Order』、『ポケモンGO』、『マギアレコード』、『グランブルーファンタジー』など)

歓迎条件


・知識に基づいた個性的でおもしろい文章が書ける
・他のスタッフに意見や質問をするなど積極的にコミュニケーションを行える
・独自のチョイスや切り口で楽しく興味深いゲームニュースを発掘できる
・東京近郊在住で取材や打ち合わせ等に参加が可能
・英語が書ける・読める方
・スマートフォンゲームに精通している(『Fate/Grand Order』、『ポケモンGO』、『マギアレコード』、『グランブルーファンタジー』など)

【応募方法】


応募をご希望の方は、以下の必要事項を漏れなく明記の上、game-writer@inside-games.jp
まで送信してください。応募にあたって質問等がありましたら同アドレスまであわせてご連絡ください。

・お名前:
・お名前(フリガナ):
・性別:
・年齢:
・メールアドレス:
・お住まい(都道府県):
・一日あたりの作業可能な時間数:
・一週間あたりの作業可能な日数(または休みたい曜日):
・所持しているゲーム機(携帯機含む):
・志望の動機、やってみたいことなど:
・自己PR(仕事で生かせそうなスキル・知識・得意な分野・経験・意欲など):



応募にあたって過去に担当した記事が掲載されているサイトのURLがあればお送りください。サイトが存在しない場合は、過去に手掛けた原稿文等のテキストを送信していただいても結構です。

【個人情報について】


・ライター募集の為であり、それ以外の目的では利用いたしません。
・弊社の個人情報保護についての考え方を記載した個人情報保護についてをお読みください。
http://www.iid.co.jp/company/pp.html
・個人情報の預託は予定されておりません。
・個人情報の第三者への提供はありません。
・採用者が決定次第、個人情報は破棄します。

上記内容を承諾し、弊社の「個人情報保護方針」に同意いただいた場合のみ応募してください。

(C)Sony Interactive Entertainment Inc. (C)2018 ForwardWorks Corporation.
Developed by AltPlus Inc.
(C)TYPE-MOON / FGO PROJECT
(C)SEGA
《乃木章》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 【コスプレ】ああ…なんて甘美な!『アズレン』中国公式レイヤー・natsume“劇場”の幕開けだ【写真20枚】

    【コスプレ】ああ…なんて甘美な!『アズレン』中国公式レイヤー・natsume“劇場”の幕開けだ【写真20枚】

  2. 「星のカービィ」がiPhone純正ケーブル用アクセサリーに!断線予防にもなる優れもの

  3. 『ペルソナ5』新展開『P5S』公式サイトオープン! 次こそスイッチ版になるのか?

  4. ポケモンカフェ、「名探偵ピカチュウ」特別メニュー登場!“電気ショック”を感じられるドリンクも

  5. 【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

アクセスランキングをもっと見る

1