人生にゲームをプラスするメディア

360度全面タッチパネルによる極上の没入感! マーベラス×HARDCORE TANO*Cによるアーケード向け新作リズムゲーム『WACCA』発表

10月4日、マーベラスはアーケード向け新作リズムゲーム『WACCA(ワッカ)』を発表しました。横山達也プロデューサーに加え、制作に全面協力したHARDCORE TANO*CのREDALiCEさん、t+pazoliteさん、DJ Genkiさんが登壇した発表会の模様をお届けします。

その他 アーケード
360度全面タッチパネルによる極上の没入感! マーベラス×HARDCORE TANO*Cによるアーケード向け新作リズムゲーム『WACCA』発表
  • 360度全面タッチパネルによる極上の没入感! マーベラス×HARDCORE TANO*Cによるアーケード向け新作リズムゲーム『WACCA』発表
  • 360度全面タッチパネルによる極上の没入感! マーベラス×HARDCORE TANO*Cによるアーケード向け新作リズムゲーム『WACCA』発表
  • 360度全面タッチパネルによる極上の没入感! マーベラス×HARDCORE TANO*Cによるアーケード向け新作リズムゲーム『WACCA』発表
  • 360度全面タッチパネルによる極上の没入感! マーベラス×HARDCORE TANO*Cによるアーケード向け新作リズムゲーム『WACCA』発表
  • 360度全面タッチパネルによる極上の没入感! マーベラス×HARDCORE TANO*Cによるアーケード向け新作リズムゲーム『WACCA』発表
  • 360度全面タッチパネルによる極上の没入感! マーベラス×HARDCORE TANO*Cによるアーケード向け新作リズムゲーム『WACCA』発表
  • 360度全面タッチパネルによる極上の没入感! マーベラス×HARDCORE TANO*Cによるアーケード向け新作リズムゲーム『WACCA』発表
  • 360度全面タッチパネルによる極上の没入感! マーベラス×HARDCORE TANO*Cによるアーケード向け新作リズムゲーム『WACCA』発表

10月4日、マーベラスは東京・渋谷のイベントスペースDAIAでアーケード向け新作リズムゲーム『WACCA(ワッカ)』を発表しました。同社の横山達也プロデューサーに加え、制作に全面協力したハードコアテクノレーベルHARDCORE TANO*CのREDALiCEさん、t+pazoliteさん、DJ Genkiさんが登壇した発表会の模様をお届けします。

◆HARDCORE TANO*Cと2年越しの共同開発!


横山氏がHARDCORE TANO*Cに企画を持ちかけたのは約2年前。当時、HARDCORE TANO*Cのホームページには問い合わせをするためのフォームがなく、かねてより一ファンでもあった横山氏は楽曲募集のフォームから「一緒にリズムゲームを作りませんか」と打診したそうです。

写真左:MCを務めたフリーアナウンサーの佐藤琴菜さんとマーベラスの横山達也プロデューサー
写真右:左から順に、HARDCORE TANO*CのREDALiCEさん、t+pazoliteさん、DJ Genkiさん

それを見たREDALiCEさんは「最初は何を言っているのだろうと思ったけれど、話を聞いてみたらやってやるぞという熱い意志を感じた」と快諾。その裏には、REDALiCEさんが個人的に"胸のゲーム"でマーベラスのことをよく知っていたという背景もあったそうで、会場の笑いを誘いました。HARDCORE TANO*Cの全面的な協力を得た横山氏は「そもそもリズムゲームとはなんなのか?」という根本的なところから何度も打ち合わせを重ねたとのことです。

そうして生まれたのが、円形のディスプレイがひときわ目を引く『WACCA』の筐体。"音と光が旋回する新体験リズムゲーム"と銘打たれた本作はいわゆる物理ボタンがなく、円形ディスプレイの周囲に"ワッカコンソール"と名付けられた360度全面タッチパネルを展開。円筒を覗き込むようにして光と音の奔流に身を任せ、曲に合わせてワッカコンソールの上で手を滑らせる……というプレイ方法が、独特の没入感と気持ちよさを生むとのことです。

写真左:ワッカコンソールはLED内臓で、タッチした場所が光ります
写真右:YouTube Liveの配信より。プレイ時の操作方法は4種類です

この形状になるまで、相当な紆余曲折があったと横山氏。REDALiCEさんも「われわれはDJなので、DJの要素をゲームに取り入れるにはどうすればよいかという呪縛に長い間とらわれていた」と当時を振り返ります。そんなある時、横山氏が閃きを得てワッカコンソールの原型が生まれたとのことですが、当初は手ざわりがいまいちだったそうでREDALiCEさんは「最初は表面がザラザラしていて、コンソールの上で手を滑らせるたびに指紋が取れていくようでした(笑)」と語りました。

写真左:『WACCA』筐体イラスト
写真右:ナビゲートキャラのエリザベス。ボイスは人気声優の大西沙織さん

本作のナビゲートキャラ・エリザベスはイラストレーターのLAM氏デザインによるもの。腕にしがみついているエリマキトカゲは横山氏いわく「ワッカコンソールの形がエリマキっぽいから」という理由で生まれたとのことですで、名前はまだ決まっていないそうです。そして楽曲はもちろん、全面協力しているHARDCORE TANO*Cの人気曲+本作のための書き下ろし新曲を多数収録。さらに、作中のBGMもすべてREDALiCEさんが作曲しています。

REDALiCEさんはこれに関して「(プレイできる楽曲が)僕らの曲だけだとさすがに偏りすぎだろうと、マーベラスさんの力で他にもさまざまな楽曲を用意してもらいました。HARDCORE TANO*Cは変わった人しかいないので、自分たちにしかできない変わったことをたくさんしていきたい」と意気込みを語りました。

◆10月19日より4都市4店舗でロケテスト開催!


ゲームの概要に関する発表を終えると、スペシャルゲストとしてタレントの最上もがさんが登場。ゲーム中のチュートリアルをしながら横山氏によるアドバイスを受け、実機プレイにいどみます。最初は「うまいプレイは期待しないで」とおっかなびっくりだった最上さんも曲をプレイするうちにどんどんのめり込み、初プレイでリザルトがAA評価というなかなかの結果に。

プレイの感想を聞かれた最上さんは「めっちゃ楽しい! でも、めっちゃ手汗をかくし、テンパる! 野球のピッチャーが使う砂(編注:ロージンバッグのこと)がほしい!」と満面の笑顔。「(ワッカコンソールにそって)腕を回すように動かすのが大変だった。腕が長い人の方がいいのかな?」という疑問には、REDALiCEさんから「コンソールは奥の方が径が小さいので、意識して奥の方をタッチするといいですよ」というアドバイスが送られました。

写真左:ワッカコンソールに興味津々の最上さん
写真右:プレイ中の姿は真剣そのもの

マーベラス×HARDCORE TANO*Cによる、音と光が旋回する新感覚リズムゲーム『WACCA』は10月19日より全国4店舗でロケテストを開催。開催店舗と日程は
■東京:セガ秋葉原3号館(10月19日~21日)
■大阪:ラウンドワンスタジアム千日前店(10月26日~28日)
■岡山:アミパラ岡山店(11月2日~4日)
■愛知:名古屋レジャーランドささしま店(11月2日~4日)

となっています。REDALiCEさんによれば「外せない仕事がないかぎり、朝イチから閉店間際まで、HARDCORE TANO*Cの誰かしらが各店舗に行きます! 遊んだその場で気軽に感想やご意見をいただけたらうれしいです!」とのこと。リズムゲームファンはもちろん、HARDCORE TANO*Cファンも見逃せないロケテストとなりそうです。

さらに、本日10月5日から21日までの期間限定でTwitterのWACCA公式アカウントではHARDCORE TANO*Cのメンバー全員のサインが入った特製タオルが抽選で当たるキャンペーンを開催。WACCA公式アカウントをフォローして、該当のキャンペーンツイートをリツイートすれば応募完了となります。

『WACCA』特製タオル。当初は「REDALiCEさんのサイン入り」でしたがご本人の計らいで「HARDCORE TANO*C全員のサイン入り」に変更されました

今回の発表会の模様はYouTubeのマーベラス公式チャンネルで配信されていますので、より詳しく『WACCA』に触れたいという方はこちらもご覧ください。発表会のラスト(1:01:40あたりから)は、本作のために書き下ろされた新曲のお披露目を兼ねたHARDCORE TANO*CのDJプレイを堪能できるスペシャルステージとなっています。


上記4点はYouTube Liveの配信より。HARDCORE TANO*CのDJプレイで、会場は一瞬にしてライブハウスに


YouTube:https://youtu.be/aw2iIyEfYjE

(C) Marvelous Inc. / Supported by HARDCORE TANO*C
《蚩尤》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 「モンハンフェスタ'19-'20」ステージイベントの生放送実施が決定―『モンハン:アイスボーン』無料大型アップデート第2弾の情報も発表予定!

    「モンハンフェスタ'19-'20」ステージイベントの生放送実施が決定―『モンハン:アイスボーン』無料大型アップデート第2弾の情報も発表予定!

  2. 「長編アニメ映画」へ向けて…Live2Dの次なる挑戦「ヒーローベータ」は如何にして作られたか

    「長編アニメ映画」へ向けて…Live2Dの次なる挑戦「ヒーローベータ」は如何にして作られたか

  3. ストリーミングTVデバイス「Roku」が『ポケモン ソード・シールド』と干渉する不具合を修正―利用ポートなどが偶然の一致

  4. 【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

  5. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

アクセスランキングをもっと見る

1